本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

聴力の低下.白内障が改善した例(2018-03-01修正)

f:id:li-hari:20180330123112j:plain


こんにちは。李哲です。

今日は鍼灸の例。

 おじいちゃんの幸せ に書いたおじいちゃんです。

 

今年の4月末、鍼灸院に変えてからおじいちゃんは鍼を受けることにしました。

 

2週間に1回のペース。

 

おじいちゃんは体調が良くて、足の痛み.しびれは再発はしてません。ただし、何時間も歩いた時はふくらはぎが硬くなるそうです。

 

それ以外に、最近は耳が遠くなっている。目は前から白内障だと診断され、片方は手術済。もう片方は手術してない。

 

視力.聴力強化のツボを追加したのは最近3,4回のことです。

 

目のためのツボは、太陽。光明。陽白から魚腰まで貫通。

 

聴力のためのツボは、耳周りの三穴。耳門、聴宮、聴会。あとは、腎臓を強化する腎兪、京門、復溜など。(聴力は腎機能と関係するから)

 

おじいちゃんは鍼を3、4回受けて、聴力が少し良くなったと言ってました。(改善はしたけど、治ったことではないので、間違わないで下さい。)

 

会議中で遠いところに座っている人の話が聞こえるようになって、ちょっとビックリしたそうです。

 

視力もなんとなく前より良いような気がすると言ってました。

 

おじいちゃんにはまだ晴明穴など使っていません。

晴明穴を入れれば、もう少し変わるかも知れない。

 

この晴明穴は、視力回復に最強のツボです。
白内障であろう、緑内障であろう、晴明穴はとても役に立ちます。

 

白内障.緑内障で手術するのは、もちろん一つの方法です。

しかし、手術の後遺症が心配。

 

今まで目の手術。例えばレーシック手術、被害者はまだ少ないですか?

 

体の組織は、切ったら戻せないので、慎重に触れて下さい。

 

視力の問題は、鍼で回復の可能性があります。副作用もないので、試して見るのはいかがでしょうか?

 

おじいちゃんは視力.聴力の問題以外に、また声が出にくい症状がありました。

 

西洋医学の先生は特に治せる薬もないし、そのままほったらかし。

 

これも鍼で何とかしたいと思います。関連のツボを追加して。

 

治療の完全保証はないけど、できる限りおじいちゃんの日常生活に支障が出ないように、手伝ってあげたいです。

 

今後また進歩した報告をもらった時に、続きの記事を書こうと思います。