本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

入れ歯の治療後に舌が痛い女性…などの中医学治療例

【※本記事は2019-04-26更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

今日は倪海厦(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文。

入れ歯の治療後の生じた舌の痛み。子供のてんかん。皮膚病(乾癬)などの中医学治療です。

 

元の中国語リンク先は、

2010年7月28日跟診之診療日誌

 

 

1.入れ歯治療後に、舌が痛くなった女性

今日、カリフォルニアから来た女性の患者さん。彼女は不思議な病気になりました。

 

舌が痛い。

話す時、ベロの位置によって痛みが生じる。

去年の12月から発作、痛みが治ったことがない。

 

彼女は入れ歯を作ってから、ベロの痛みが生じたそうです。

私も思いましたが、「入れ歯の後遺障害」

 

望診で分かるのは、舌診で半分が黄色の分厚い舌苔になっていました。

 

彼女は更年期に入って、夜中はほてりで寝汗をかきます。

両足が冷たいのは、私の弟子:張孟超の治療を受けて良くなりました。

 

でも、額はまだ熱くて、耳鳴りと脳が鳴る

これは腎臓が弱いのを証明します。

 

ベロの苔は、心包に頑固な痰があるからです。

彼女は毎年冬になると、少し早足で歩くだけでも胸が苦しくなるそうです。

 

私は処方箋を出したけど、これで胸が苦しいのが良くなり、表の陽気を増加し寒がりの症状がなくなると思います。

 

心臓を治す同時に、血管を広げる生薬を入れています。

生薬が適切であれば、一つの処方箋に何個か入れるだけで、患者さんのほかの症状も兼ねて治せます。また別の処方箋を出す必要がありません。

 

上の治療例。

強調したいのは烏梅丸(うばいがん) の使い方です。

 

f:id:li-hari:20180530112231j:plain

烏梅丸(うばいがん)の生薬:烏梅(うばい)の画像

中国の大陸、過去は温病派のほとんどで、烏梅丸(うばいがん) を使っていません。

一般の中医師は、烏梅丸(うばいがん) は寄生虫の処方箋だとしか認識してないです。

 

彼らは知らないでしょう。

烏梅丸(うばいがん) は、唯一に苦温化湿の処方箋です。

 

頑固な痰を出す時は、苦いのと熱い生薬を組み合わせないと、累積した痰を出すことができません。一つが欠けてもダメ。

 

現在、中医師が烏梅丸(うばいがん) を使っているのは少ないです。

2.てんかんの子供、漢方薬を飲んでから大量の痰を吐き出した 

先週、てんかんで来た子ども。

今日また診察を受けました。

 

お母さんが言うのは、子供は漢方薬を飲んでからすぐ吐き出したそうです。

 

1日目は6個のデカイ痰の黄色の塊が出た。

2日目は4、5個。

3~4日目は減少。

5~6日目はまた増加。

 

お母さんが言うのは、「どこからこんなに痰が出るだろう?の勢いです。」

痰はみんな大きな塊で、実は経脈から出ています。だから、最初は多くて次は減り、その後はまた増加しています。

 

眼の周りの赤色の血管を見て分かりますが、もうてんかん発作はないだろう。

 

私はお母さんに漢方薬を渡す時、警告しました。

「風邪を引いたら、必ず漢方薬で治して下さい。

西洋薬を使うと痰が肺の中に溜まりやすく、長年経ってから経脈の中に詰まり、またてんかんが発作します。」

 

西洋医学の今でも風邪すら治せない医学です。

みなさん自分の眼で、ちゃんと確認して下さい。

 

風邪を引いたら漢方薬を飲んで、害しか無い抗生物質は飲まないで下さい。

3.皮膚病(乾癬)の治療効果はイマイチ

2週間前、ひどい皮膚病で来たアメリカ人女性。

写真を載せた人です。

 

今日来てみたら、皮膚の乾癬は良くなってない。

 

これは私が粉薬を出したからです。

煎じ薬だったら、効果が見れるはずなので、今日は煎じ薬を出しました。

 

煎じ薬は粉薬より効果が強いだけではなくて、汁なので消化しやすい。欠点は煎じ薬はとてもまずい。

 

しかし、アメリカ人女性が言うのは、「自分の皮膚病が良くなるんであれば、どんなにまずい漢方薬でも飲みます!」