本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

抗うつ薬の副作用で不眠症になったお母さんetc.

こんにちは。李哲です。

今日は倪海厦(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文。

 

乳腺症。長年の消化不良。ひどい冷え症。膝痛。28年の胸痛。チョコレート嚢腫。うつ病、不眠症などの中医学治療です。

 

元の中国語リンク先は、

2010年07月30日跟診之診療日誌

 

 

1.乳腺症は生検を続けると、必ず本当の乳がんになる

 

今日再診察に来た女の子。

イギリス属コロンビアから来た女性です。

 

漢方薬飲んでからの変化、すべて証明しているのは彼女は乳がんではない。

 

私は彼女に警告しました。

西洋医学を信じて生検を受けたら、いずれかは乳がんになる。

 

生検は乳房の繊維組織を傷つけ、切り口の隙間には更に母乳が溜まりやすくなる。だから、乳がんになるのです。

 

検査が頻繁な女性ほど、更に乳がんになりやすい。

 

私は彼女に話しました。

「心配する必要がありません。

間違った選択しないように。」

 

彼女はまだ乳腺症がたくさんあります。

 

すべて溶かすのには時間がかかる。

溶かすまで彼女は、他の人より乳がんになるリスクがあります。

 

2.長年の消化不良、ひどい冷え症

 

一人の女性、中国の広州から来ました。

顔色はどす黒い、体内の冷えが強い色でした。

 

主な症状は

  • 長年の消化不良
  • 寒がり、四肢も氷みたいに冷たい
  • 脈診では無力で小さい
  • 倦怠感が強く集中力がない
  • 大便は食後にすぐ行きたくなる

 

これは附子理中湯の症状です。

ひどいものではない。

 

夜中の寝汗をかくのがないから、彼女は重い病気ではない。陽気がちょっと足りないだけです。

 

3.鍼治療で改善した膝痛

 

3回の鍼を続けた患者さん。

あの人工膝関節手術を受けたアメリカ人女性。

今はヒザ痛が減ったので、鍼を続ける事にしました。

 

彼女はもともとの関節であろうと人工膝関節であろうと、ダイエットしないといけません。

 

体重オーバーが問題です。

ダイエットしないかぎり、人工膝関節手術しても将来的に問題が生じます。

 

f:id:li-hari:20180528010054j:plain

 

私の診療所は遠方からの診察も受けています。

これはみなさんの便利のため。

 

しかし、ごく一部の患者さんは自分の体調を述べるのが下手で、医師の判断が間違える時があります。これは患者さんにとって、ちっともいいことがありません。

 

我々中医師は、患者さんの虚実寒熱が知りたいだけです。だから、簡単明瞭な陳述だと、すぐ病状の変化が分かる。複雑な陳述は医師の負担になります。

 

なので、みなさんは簡単明瞭な陳述にして下さい。

あなたの陳述が簡単明瞭であれば、あなたが万里の遠方にいても、我々は治療ができます。

 

簡単明瞭な陳述ができなくい場合は、申し訳ないですが、毎回診療所に診察に来るしかありません。

 

4.28年も続いた胸の痛み

 

一人のブラジルから来た華僑。

胸の痛みは28年も続けています。

中医学と西洋医学の検査をしたけど、誰も原因が分かりません。

 

舌診では黄色の分厚い苔。

これは痰が心包の周りにあって、心臓の気が渋滞している症状です。

 

私はとりあえず烏梅丸を出しました。

心包の周りの痰を出す同時に、心臓の気が渋滞しているのを解決する生薬も入れて。

 

f:id:li-hari:20180528010212p:plain

烏梅丸(うばいがん)の生薬:烏梅(うばい)の画像


この患者さんは長期間の血圧を下げる薬、コレステロールを下げる薬を飲んでいます。

 

しかし、相変わらず睡眠の質が悪い。

両足は氷みたいに冷たい。

 

これは明らかに証明しています。

西洋医学は彼の脳卒中と心臓病の予防ができない。

 

5.チョコレート嚢腫は漢方薬で治る 

 

一人の香港からカナダに移住した華僑。

若い彼女は下腹部に腫瘍ができて、西洋医学の診断ではチョコレート嚢腫。

 

望診では顔色は蒼白。

体内の冷えであるのは間違いない。

問診で分かるのは、生理は30日周期。出血は1日だけ。量はとても少ない。

 

私は彼女に聞きました。

「なぜ手術しないですか?」

 

彼女の答えは、

「手術して何が変わるでしょうか?腫瘍は再び戻るはずです。」

 

彼女が決めたのは、とても知恵があります。

体内の環境を変えないかぎり、手術で腫瘍を取り出しても、再び腫瘍ができます。

 

このような腫瘍はよくあるものです。

中医学の治療では難しくありません。

 

6.抗うつ薬の副作用で、不眠症になったお母さん

 

次は彼女の香港に住んでいるお母さん。

お母さんはうつ病があり、長年抗うつ剤を飲んでいて、更に不眠症になり、睡眠薬を飲んでいます。これもよくあるもの。

 

みなさんも知っていると思いますが、安眠薬の副作用はうつ病と夢遊病。

 

彼女はもともとうつ病がある。

薬を飲むのは火に油を注ぐやり方です。

抗うつ剤の更に怖い副作用は、自殺願望が増えること。

 

読者のみなさん、製薬会社の怖さが分かりますか?

患者さんは金払って薬を買った結果、自殺したくなる。

 

彼女はお母さんを助けたい気持ちがとても強い。

おそらく漢方薬しか彼女のお母さんを救えないでしょう。

 

他のはあとにして、彼女のお母さんの便秘症は、すでに西洋医学では不治です。

 

彼女のお母さんの便は羊の便みたいに一粒一粒。

これは麻子仁丸の症状。

 

麻子仁丸しかこの特別な便秘症を治せません。