本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

陽陵泉:脇腹が痛いのを30分で治せるツボ、鍼1回で痛みが取れた!

【※本記事は2019-07-02更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

今日は鍼の治療例です。

患者さんは自分。

 

寝てる時に寝違えたのか、朝起きたら右の脇腹が痛くなりました。

普段の動きには支障がないけど、側弯して深呼吸すると一瞬痛くなる。

 

筋違いだと思いますが、痛めたきっかけがよく分からない。

 

いったい何で痛めたか?

原因はあとにして、とりあえず治療し始めました。

 

脇腹の痛みには小柴胡湯も効きます。でも、鍼が無料なので先に鍼を試しました。せこいですね(笑)

 

左足の陽陵泉穴を刺して、30分置鍼。

置いて間は15分ごとに1回鍼を回しながら、脇腹を伸ばしました。鍼の響きはもちろん強めに。

 

脇腹は足の少陽胆経が流れる範囲なので、陽陵泉穴一つだけで十分です。

 

以下は鍼を回している自分を、撮ってもらったもの。

 

わき腹が痛いのは、陽陵泉一つでも治せる

 

30分くらいで鍼を抜き、その後は普通に動き。

2~3時間後には、体を横に曲げて深呼吸しても大丈夫になりました。

 

鍼灸を習ってなかったら、いつ治るか不安の状態で脇腹痛を我慢し、自然に治るまで何日も過ごしたかも知れません。

 

鍼灸を勉強して良かったと再び思いました。

 

不幸にもその後、またわき腹の痛みに襲われたけど、幸いに鍼治療+刺絡療法で治ったこと。以下の記事で詳しく説明しています。よかったらご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

臨床で脇腹痛は、帯状疱疹などにも現れます。

その時も同じように、陽陵泉穴が使えます。

 

ほかには手の少陽三焦経の支溝穴(同じ少陽経だから)など、経絡の補瀉を考えていろいろ選べられます。

 

場合によって、手のツボを選ぶか足のツボを選ぶ。

どちらを選んでも、結果的にはみんな治せます。