本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

口を開けると顎が痛いのは、数回の鍼で簡単に治る。

【※本記事は2020-04-04更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

今日は簡単な鍼灸症例をもとに、皆さんが悩んでいる症状を話します。

 

  • 口を開けると顎が痛い。
  • 口を開けると、あごにガクガクの音が聞こえる。

 

西洋医学では「顎関節症」だと言います。

西洋医学の治療法はいろいろ書いてますが、あまり効果がない。原因すら分かってないみたいですね。

 

中医学では漢方薬も治せますが、鍼灸の方が早いかも知れません。漢方薬を煎じている間に、鍼はさっさと終わっているから。

 

口を開けると顎が痛い症状を治せるツボは、主に2つあります。

  • 董氏奇穴の「火主穴」
  • 足の陽明胃経「下関穴」

 

どちらか一つだけ選でいいです。

 

口を開けると顎が痛いのを治せるツボ「火主穴」

口を開けると顎が痛いのを治せるツボ「火主穴」

 

火主穴を刺した場合は、刺して回しながら患者さんに口を大きく開けるように指示します。鍼を回すと、口は大きく開けても痛くなりません。

 

下關穴の場合は口を開けたり閉じたりできないので、じっとするだけです。でも、20~30分くらい置鍼すれば、その後は徐々に開けるはず。

 

私の施術経験から見ると、火主穴を刺して回しながら、「口を開けてみて下さい」と言うと、みんないつもより口が大きく開けられて、顎の痛みも軽減します。

 

治療回数は、軽い人は2~3回で終わり。

顎のガクガク音がすごい鳴る患者さんは、もう少し時間がかかります。

 


 

口を開けると顎が痛い原因は、

  1. 以前、顎をケガした
  2. 血の巡りが悪い・関節の潤いが足りなくて、顎が痛い(顎関節の間に、寒気が潜んでいる人が多いです)

 

原因はどちらにせよ、治し方は同じです。

そして、鍼治療は1~2回で効果が見られます。


口を開けると顎が痛いのはあごを削る手術も、歯の矯正も要りません。

 

鍼だけで治せるので、困っている方は信頼できる鍼灸院で治してもらって下さい。きっと良い効果があります。