本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

私が習った鍼は響くのが当たり前。皆さんの知っている鍼は違うのかな?(2018-03-01修正)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180222/20180222230546.jpg

 

こんにちは。李哲です。 

今まで海外から来る方、何人か診ました。

みんな海外で鍼の経験がある人です。

 

不思議に思ったのは、彼(彼女)たちが言うのは:響く!

 

中で私が一番ビックリしたのは、途中でギブアップし、もう鍼は刺さないで!という人がいました。

 

どうやら向こうの鍼は、けっこう優しいそうです。

 

響きも少ないし、治療院によっては痛くも痒くもないそうです。

 

どんな鍼なのか、逆に興味津々ですね。

 

私が習ったのは倪海厦(ニハイシャ)先生の教え。

最近は、台湾の董氏针灸(奇穴の系統的な流派)を加えて研究しています。

 

この2つは、どちらにしよ、みんな響きを求める。伝統的な鍼理論では、響きを「得気」と定義しています。

 

響きがないときは、ただ刺されただけで、効果はあまり出ません。

 

何千年も経っている間に、鍼の流派もいろいろできたでしょう…

 

響かせない。痛くならないように刺す針など、そのうちできたかも知れませんね。

 

流派はどうでも良いので、私の考え方は効果があれば習う。臨床効果がないのは正しくないので捨てる。

 

中国の『傷寒論』研究の権威:劉渡舟先生は、学生さんに教える時に処方箋で怒ったことがあるそうです。

 

学生さんが劉渡舟先生の処方箋を見て、これは相当まずそう!患者さんは飲めるのか?と囁いたら、劉渡舟先生が言うのは:

 

あなたは病気を治したいのか?

若しくは保母さんになって、患者さんに美味しい料理を提供したいのか?

  

足つぼ整体をした時は、超絶な痛みに我慢できなくて止めた人がたくさんいる。

 

今度は鍼の響きに我慢できなくて止める。

 

私はどうしたら良いですかね?

 

響き(人によっては痛いと表現する)がない優しい鍼、あれば提供したいですが、私が習ったのと違うので無理ですね。

 

優しい鍼を求める方は、ほかの治療院に行ってみて下さい。

 

世の中はいろんな自然療法があるので、優しくて効果的な療法があるかも知れません。

 

追記:

 

以下は水素水に関する記事。

読んだことがない人は、どうぞご覧ください。

 

水素水より「おなら」の方が水素多い 法政大教授の指摘が大反響 : J-CAST ...