本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

肝臓がんの腹水、1週間の漢方薬で尿からたくさん出て、睡眠が良くなり、大便もたくさん出るようになった…などの中医学治療例

【※本記事は2019-07-25更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

今日は倪海厦(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文です。元の中国語リンク先は、

www.hantang-nihaisha.com

 

漢方薬治療を希望する方は、台湾の中医学診療所がオススメです。以下の記事に電話番号、住所など詳しく書いてあるので、参考にしてください。

 

www.li-hari.net

 

肝臓がんの腹水は尿からたくさん出て、睡眠が良くなり、大便もたくさん出るようになった

 

先週、Viread(テノホビル:テノゼット,ビリヤード )を飲んでから肝臓がんになった中国人女性、今日また診察に来ました。前回の治療内容は以下をご覧ください。

 

www.li-hari.net 

今日、彼女が言うのは、漢方薬飲んだその夜から尿が出始め、次の日には両足のむくみがだいぶ消えた。

 

尿の色は、濃い茶色から薄い黄色になり、1日3回の小便が1日6回に変わって、尿量も増えている。

 

睡眠はよくなり、夜中はまだ2時と4時に目覚める。

でも、またすぐ寝れる。

体力はよくなり、たくさんのコーヒー色の便が出ました。

 

望診で分かるのは、顔色にはまだツヤとする黄色が残っている。

Viread(テノホビル:テノゼット,ビリアード )を飲んでからできたニキビはあだあります。

 

舌診では、白くて湿気の多い、赤い点々が多かったのが、黄色の湿気の舌苔になっている。

 

脈診では、もとの1回呼吸で7回の脈が6回に下がっている。

鼓動は緩やかになり、強く押せば脈が無い現象はなくなった。

 

たくさんの症状が示すのは、患者さんは良くなっています。

漢方薬の威力は、本当に天下無敵。

 

腹水が治ったのは、ほかにも治療例があります。

以下の記事、どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net

 

彼女は今日私に話しました。

カナダの先生は彼女の肝臓を部分摘出術して、手術後に肝臓がんが再発したら、抗がん剤を投入する予定だったそうです。

 

西洋医学の先生は考えたこともないでしょう。

こんな野蛮な治療法、健康な人に使うったらすぐ死ぬ。

患者さんに使ったら、さらに死ぬしかないです。

 

現実では病院の先生が癌になったら、抗がん剤を受ける先生がいません!

 

www.li-hari.net

 

彼女は1周間の漢方薬を飲んで、すべての病状が進歩している。

 

今日渡した処方箋は同じ。

処方箋を変えないのは、大事な原則。

 

師匠の処方箋が効き目が出たのに、それを変えようとする生徒さんがいたら危ないです。

 

処方箋を変えると、次に私が診るとき、症状はまた変わっている。

また最初からやり直さないといけない。

患者さんの生死を無視する行動はしないで下さい。

 

処方箋の有効性が現れたら、患者さんに唯一の有効な処方箋であることです。なんでまた変えますか?

 

肝臓がんの腹水を治すのは、本治療院に使っている漢唐101号(既成品)。

(生徒さんに託す言葉は省略) 

 

肝臓がん、肝硬変の吐血・腹水は漢方薬なら救えられます。

以下のもう一つの治療例、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

高血圧で179/103でも脳卒中にならない男性、漢方薬ですべて調子が良い

 

高血圧症のポーランド中年男性。

今日また診察に来ました。

調子はすべて良いです。

 

3日前は頭に圧力がかかって、締め付けられる感じがしました。

当時に検査したら血圧は103~179。

 

私は彼に話しました。

あなたは正しい概念が必要です。

この数値が示すのは、あなたの血圧が103~179でも脳卒中にならないこと

だから、次回に102~178が測れても緊張する必要がない。

 

血圧はただひとつの指標。

血圧計はあなたの体が、どのくらいの血圧に耐えられるかを計るだけ。

 

私たちはこの数値に弄ばれるとダメです。 

いったんこの数値を気にしだすと、例えば血糖値がどのくらい?血圧はどのくらい?あなたの人生は暗くなります。

 

死ぬ日まで、西洋の製薬会社に鼻を釣られ、短い人生を過ごす牛と同じように。本当にかわいそう。

 

血圧を下げる薬、血糖値を下げる薬、コレステロールを下げる薬を飲んでいる患者さんは、近くの中医師に診てもらって下さい。

 

200まで行った高血圧、鍼治療ですぐ下げた例もあるので、どうぞ参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

大腸がんで血便が出る女性、1年の漢方薬治療で状況はとても良い

 

 

去年、台湾から来た大腸がんの70代女性。

当時、彼女の症状は、ずっと何かが肛門に詰まっている感じで、血便が出る。

 

私の治療を受けてから台湾に戻りました。

その後は、劉先生に診てもらっています。

 

彼女は去年から私の処方箋を飲んでいて、処方箋は変わっていません。

望診で分かるのは、顔色は正常。

唯一に目の下が青色。

 

現在は毎日10回以上の排便があり、便には血と食べ物が混ざっています。

体力はまだ良い。

患者さんは血便が出るけど、貧血症にはなっていません。

 

ここで分かりますが、たくさんの癌患者が貧血症になったのは、抗がん剤のせいである!

 

抗がん剤が体の造血系を破壊しています。

貧血は癌と直接な関係がありません。

 

彼女は毎日たくさんの血便をしているけど、顔色では貧血症が見えない。

脈診では緩やかで有力。

強く押すと脈がなくなる。

喉は渇いて冷たいものが飲みたがる。

両足は氷みたいに冷たい。

これは上熱下寒の症状です。

 

夜11時から朝の6時まで寝れる。

状況はとても良いです。

 

大腸がんの治療例はほかにもあります。

以下は一つ、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

彼女は私に教えてくれました。

一人の友人のお父さん、同じ大腸がんになった。

高雄長庚医院に行って手術し、1年後は骨髄に転移。そのお父さんは現在入院して、毎日人工肛門(ストーマ)を付けている。

 

同時にがん細胞が尾てい骨まで来ているので、そのお父さんは毎日座ったまま跳ねる動きをしないと、尾てい骨の痛みが緩和しない。

 

彼女は「自分が手術しなくて良かった!手術してたら、必ず今は入院して死ぬのを待つだけ。」と言ってました。

 

私は上熱下寒を治す標準的な処方箋を出して、他にも補瀉を考えてアレンジしました。とりあえず1週間飲んでから決めます。