本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

聴力の低下.白内障が改善した例 (続)(2018-03-01修正)

こんにちは。李哲です。

患者さんからいろいろ感想を聞いたので、記事として発表します。

 

前回の記事は、以下をご覧ください。

li-hari.hatenablog.com

 

おじいちゃんの聴力はだいぶ良いみたいです。でも、まだ心配なので続けて耳周りの聴宮、聴会、耳門穴は刺します。

 

問題は左目の視力。

 

両目の白内障で右目は手術済。

左目の白内障はしてないので、施術は左目ばかりしました。

 

おじいちゃんが言うのは、目の周りの膜が前より減って、だいぶ見やすくなった。

 

目が良くなったせいか、よくメガネを忘れたまま出かける。

 

そして、目まで大きくなったと言ってました。


目が大きくなったのは、瞳孔のサイズ。

しかし、手術した右目は全然大きくならない。

 

バランスが変だと言ってました。

 

治療して白内障が良くなったら、今度左右の目のバランスが合わない。困りました!

 

次回からは右目も治療対象に入れて、やってみるしかないです。

 

右目はすでに手術で切っているので、もとに戻れないけど、可能性がある限りやってみたいと思います。

 

手術さえしてなければ、両目の白内障を同時に治して、両目のサイズも同じはずなのに…

 

おじいちゃんは声がかすれる.声が出にくいのもあります。

 

病院の先生が言うのは、タバコの吸いすぎて声帯の筋肉がすり減っているから、手術しても治らない。

 

本当にタバコで声帯の筋肉がすり減るのか?

 

周りのタバコを吸う年よりをよく観察してみて下さい。

西洋医学の話が、正しいかどうかが分かります。

 

私の認識では、おじいちゃんの声帯の問題はタバコより胃酸の逆流が原因。昔から甘いモノ(和菓子、洋菓子全部)が大好きで、毎日食後に食べてました。

 

こちらに通ってから、強制的に減らして10分の1になった。10分の1は、おじいちゃんの言う話だから、確定ではないですが。

 

大量のお酒、人工的な甘いモノ、コーヒーを飲み続けると必ず消化系がだめになり、胃酸の逆流が生じます。

 

食道.喉まで逆流すると、強烈な胃酸は声帯も溶かせる。カラカラの声になるのです。

 

おじいちゃんは『響声破笛丸料』も飲んでいるけど、よく忘れて飲まなかったりするそうです。

 

おじいちゃんは2週間に1回しか来れないから、効果はそれほどでもないです。できれば週2,3回。最低でも週1は来て欲しいですね。

 

頑張ってツボを選んで刺してますが、声の枯れはどうでしょう…

 

また進歩した内容があったときに、記事として発表しようと思います。