本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

男性の朝たち:自分で分かる健康なサイン。(2018-02-16加筆)

f:id:li-hari:20180622163806j:plain

こんにちは。李哲です。

本院では独自の問診表をもとにして、診察と治療を行っています。

 

li-hari.hatenablog.com

 

問診表の項目には、男性の朝たち回数を聞く項目があります。

 

ある男性患者さんは、この項目を見て笑ってました。

 

え?

今まで聞かれたことがありません!

 

それはそうでしょう。

今まで受けたのは西洋医学だから。

 

西洋医学が関心しているのは、あなたの血液検査データ。レントゲン写真、CTスキャンでの結果。

 

成年男性であれば、誰でもあるべきの自覚症状が大事だと思ってない。

 

中医学では、なぜ朝たちを聞くのか。

簡単に説明したいと思います。

 

人間は夜寝てる時には、いろいろ内臓の修復活動が行っています。汚れた血液を綺麗にして、老廃物の片付けしたり。そして、次の日にパワーフルに働けるように準備をしてくれます。

 

中医学の言葉でいうと、陽気が陰の臓器の中に入って休む。

 

他の例えにすると、

夜寝てるのはバッテリーの充電と同じです。

 

「満充電」になったら、朝方目覚める時に朝たち現象があります。

 

中医学の理論では、人間の体は4季に従って朝昼晩に従って変わる。

 

夜中に陽気が陰気の中に入って、十分休んだあと、朝方太陽が登るときは体の陽気も登り、男性の朝たち現象が起きます。

 

中国語で男性の生殖器を【陽具】と言うのは、その訳があるのです。

 

中医学では朝たちの原因を分かっているので、もちろん治療もできます。

 

お灸。若しくは鍼。若しくは漢方薬。

どちらも自然に体を変えて、朝たちが戻ります。

 

一つ説明を加えますが、
朝たちというのは、性的興奮で起きるものではありません。

 

これは満充電になった。夜よく眠れて、次の日のパワーを貯めといたのサインです。(パワーがあるというのは、生殖機能のパワーも含め)

 

女性は月1回の生理で、自分で健康診断ができます。

 

男性は1週間の朝たちの回数で、自分の健康状態が分かる。

 

朝たちがなくなったら、男性は要反省です。日常生活でなにが間違っている。

 

飲み過ぎたのか?

働きすぎたのか?

化学薬品を飲んだか?

 

すぐ原因を見つけて改善すべき。

若しくは改善してくれる治療院を探すべき。

 

男性はちゃんと養生すれば、60歳70歳になっても朝たち現象が起きます。

 

今はどうなのか?

60歳のところか、20代30代で朝たちがなくなった男性も少なくない。

 

何故かと言うと、彼らは朝たちが健康の一つのサインだと思う医学に出会ってないから。

 

もし、世の中の男性がみんな自分の朝たちを大事にして、なくなったらすぐ警戒する。そうすれば、西洋薬の副作用などはすぐ分かります。

 

血糖値を下げる薬.血圧を下げる薬.鎮痛剤.抗生物質などを飲めば、すぐ朝たちがなくなる。

 

西洋薬がどれだけ体に傷つけるか、身をもって分かるはず。


血圧.血糖値さえ正常値であればいい。

朝たちが無くなっても気にしてないなら、それでいいと思います。