本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

塩アレルギー、身体から白い母乳みたいな汗が出る女性etc.

こんにちは。李哲です。

今日は倪海厦(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文。

不整脈。乾癬。乳腺症(胸のシコリ)。塩アレルギー。呼吸困難などの中医学治療です。

 

元の中国語リンク先は、

2010年08月17日跟診之診療日誌

 

 

1.不整脈を治しに来た病院の先生

今日の一人目の患者さんは、アメリカ西洋医学の先生でした。

手術服を着たまま、診療所に入りました。

 

彼がカルテに書いたのは、不整脈。

彼が話したのは、「すでに何人か、親族が心臓病と癌で死んでいます。」

 

西洋医学では自分を治せないのを、彼はよく知っていました。

彼の患者さんの紹介で、こちらに来たのです。

 

不整脈は中医学にとって、100%治せるもの。

私の問診と触診で分かったのは、彼の心臓の調子がおかしいのは、2箇所のみ。

 

一つは舌診。

二つ目は耳診。

 

将来的にこの2つが変われば、彼の心臓が良くなっているかどうかが分かります。

 

同時に私は時間をかけて、彼に心臓病と癌の関連性を説明しました。

心臓病は予防ができるだけではなくて、癌も予防ができること。

 

2.乾癬と乳腺症(乳房のシコリ)で来た姉妹

二人の姉妹。

カリフォルニアから来ました。

二人とも乾癬があります。

 

乾癬は、わりと治しやすいものです。

診療所の既成品、漢唐16番を使えば良い。

 

お姉さんは乾癬以外に、もう一つありました。

胸にシコリがある。

お姉さんはたまたま私のホームページを見て、妹と一緒にフロリダ州に治療するために来ました。

 

これは最適な治療のタイミングです。

お姉さんは1982年生まれ。

11歳から胸にシコリが見つかり、今まで生検したことがない。

 

私は彼女に教えました。

「これはあなたが牛乳を飲んでいるから、できたシコリです。すぐ牛乳を飲むのを止めて下さい。」

 

栄養士の彼女が私に話したのは、

「ホームページを見てからすぐ牛乳を止めました。」

 

乳製品、牛乳は乳房のしこりを作りだして、乳がんのもとになる

 

このお姉さんは、本当に運が良い。

もし彼女が続けて中医学を信じてたら、絶対乳がんにはなりません。

 

今日、私は煎じ薬を出す以外に、同時に既成品の漢唐2番を出しました。

 

胸にシコリがある女性の皆さん。

私を見つからなかったら、来年の7月8月にアメリカ診療所に来て下さい。

 

西洋医学の侵入性の検査さえしてなければ、治すのは簡単です。

 

もし不安だったら、先に漢唐2番を購入して飲んで下さい。

 

この既成品は、私が開発したものです。

主な効能は、乳房に余った母乳を綺麗に片付ける。

この既成品は、あなたの役に立ちます。

 

漢唐2番は、母乳を止めたい女性にも良いです。

2週間も母乳を止める為に、苦労する必要がない。

 

母乳を止めたい女性は気をつけて下さい。

西洋医学が母乳の出を止めさせる、男性ホルモンを注射すること。

 

注射したあと、あなたの乳房は更に硬くなり、乳がんになりやすくなります。だから、絶対注射しないで。

 

3.塩アレルギー、身体から白い母乳みたいな汗が出る女性

先週の火曜日。

つまり、8月12日に来たアメリカ婦人。1964年生まれ。

 

主訴は塩アレルギー。

空気中の塩の匂いを吸うと、手足が腫れる。

特に手首が腫れるそうです。

 

最初、病気になった時の症状は、

  • 体から、たくさんの母乳みたいな汗が出る
  • 胸が苦しい
  • 時々呼吸困難に
  • 生理は止まっている
    2005年に卵巣摘出手術をしているから

 

現在の自覚症状は、

  • のどが渇いて、暖かいものが飲みたがる
  • 食欲は良い
  • 大便は正常
  • 小便の色は透明
  • 体力がない
  • 汗が出やすい
  • 両足は氷みたいに冷たい
    真夏でも、ブーツに厚手の靴下を2枚履かないとダメ

 

中医学の診断では、過度の塩は水と湿気がたまります。

 

2005年卵巣摘出手術のあと、体内では続けて母乳を作っていて、それが外部に溢れてきたのです。同時に、母乳が心臓に逆流して胸が苦しくなる。

 



治療法は心臓を強化して、上熱下寒を治す。

このような病気は、西洋医学の先生に診てもらうと、みんな分からないはず。

 

なんで母乳みたいな白い汗が出るだろう?

 

この一つだけでも分かりますが、中医学は1000年ずっと間違ってません。

 

彼女は漢方薬を1週間飲んで来ました。

  • 毎日の大便は4~6回
    出ているのは、ほとんど水
  • 睡眠はまだ悪い
  • 胸が苦しいのはまだある
  • 胸あたりの小さな腫瘍はまだある
  • 体力はまだない

 

前回、鍼をしたその日から胸が苦しいのと手首の症状は消えて、3日後にまた再発したそうです。

 

これは漢方薬の量が足りないからです。

しかし、すでに体内の余った津液(母乳)を外に出しています。

 

今日また彼女に鍼をしました。

処方箋は変わらず、また1週間飲む。

 

この病気、もしすぐ治してあげないと、彼女は将来的に全身性エリテマトーデスになります。

 

西洋医学は今でも、全身性エリテマトーデスの原因が分かっていません。