本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

全身性エリテマトーデス。悪性脳腫瘍。胆嚢結石。子供の川崎病。糖尿病(2018-02-28修正)

こんにちは。李哲です。

今日は倪海厦(ニハイシャ)先生の治療日記の翻訳文です。

 

元の中国語リンク先は、

2010年08月19日診療日誌

 

 

1.皮膚から母乳が滲み出るアメリカ女性

今日また診察を受けました。彼女は主に鍼灸を受けています。

彼女が言うのは、毎晩6回以上の下痢がある。昼間は下痢がない。

 

私は彼女に教えました。

「これは体内の湿気を追い出す現象です」

 

彼女は2005年に卵巣摘出手術している。体内で作られた母乳は行く場がなくて、四肢と内臓の間に行くのです。

 

心臓の前にある腫瘍が、母乳の固まりです。母乳がいったん心臓に侵入したら、全身性エリテマトーデス。

 

西洋医学は母乳が生理の血である事を知らない。患者さんを助ける事もできません。

正統派の中医学から見ると、これはPre-Lupusの症状です。だから、彼女は今関節痛があります。

 

西洋医学は彼女の関節痛が出た時にやっと、全身性エリテマトーデスだと診断します。西洋医学は中医学より診断が遅い。

 

私は更年期に入った女性によく警告してますが、下痢しても良いから便秘だけはダメ。

 


 

生理が無くなった後、体内で母乳を作るのは止まりません。

生理がない状態で、唯一に母乳を出せるのは便通。この時、貴方が便秘症だと危険です。

 

同時に、もし更年期不調の為に西洋薬を飲むと更に悪循環に落ちる。

何故かと言うと、西洋医学は女性ホルモン剤で更年期障害を治しています。

 

女性ホルモン剤はもっと母乳を作り出して、女性に更に良くない。乳がんなどになりやすくなるのです。

 

西洋医学は女性の母乳が生理と同じである事を知らない。

病気の原因が知らないまま治療し始め、結果的にはさらなる問題を作り出す。

 

なぜかが分からない西洋医学の先生、もう中医学治療の邪魔をしないで下さい。

 

2.悪性脳腫瘍は改善している 

若いアメリカ人患者さん。

悪性脳腫瘍が再発した人。

 

1ヶ月の漢方薬を飲んで、今日メリーランド州から再診察に来ました。

もとの寝汗をかくのはほぼ治り、睡眠の95%時間はずっと寝れる。たまに夜の11時~1時に目が覚める。

 

私は検査して、胆嚢結石から来るのが分かりました。胆石症は漢唐14番で治せます。

 

2週間に1回、頭痛がする。

頭痛の時は、気持ち悪くなり車酔いもしやすい。

これは脳内にまだ溜まっている水があるから、生の半夏を入れれば良いです。

 

生の半夏の使い方を知らない中医師は、脳内に溜まっている水を出すことはできません。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180506/20180506112241.jpg

【⇧ 半夏の画像】

 

彼は現在、手足は前よりだいぶ暖かくなってます。

彼も知っていました。自分が前より良くなっている事を。

 

今日、私の処方箋は変わらない。

続けて1ヶ月分の生薬を出しました。

同時に胆石症を治すための処方は別にして、粉薬として出しました。

 

これで生薬の各自の機能を果たせます。

もし、胆石症の処方と脳腫瘍を治す処方を一緒に混ぜると、効果が薄い。患者さんの為だと思って取った行動は、逆に効果が薄くなります。

 

一人の命が医師の不適切な治療で亡くなるのは、本当に注意すべきです。

3.川崎病の子供

一人の子ども。9歳。

オハイオ州から来ました。

アメリカの西洋医学の先生に、川崎病だと診断されています。

 

主な症状は、集中力がない。夜寝る時、いびきをかく。歯ぎしりをする。大便は硬くて、便秘になりがち。両足は冷たい。頭は熱い。手は熱い。喉は渇く。冷たい飲み物を好む。食欲不振。よく鼻血がでる。

 

これは標準的な上熱下寒の症状です。

上の熱をなくさないと、患者さんは必ず集中力をなくす。

 

まだ子どもだったので、私は2両(約50g)の石膏を使いました。他のは、症状に合わせて出す。

 

f:id:li-hari:20180507174840j:plain

石膏(せっこう)

子どもの食欲不振、鼻先は青い。これは小腸が冷えているのを証明します。

 

食欲不振以外に、お腹が痛くなるのは小健中湯の症状。

小健中湯では一発で効果が分かるはず。

4.糖尿病の患者さん、断薬のあとに離脱症状が現れ

午後、糖尿病患者が来ました。

今週は睡眠が悪くて、血糖値が上がったり下がったりしている。でも、200は超えてない。

 

舌苔はまだ黄色くて分厚い。

これは体内の湿気と熱がまだ多いからです。

 

彼が言うのは、今週から自分の睡眠が悪くなっている。

過去30年、彼は毎日2錠の鎮痛剤を飲んでいました。今は中医学の治療で痛みが治って、鎮痛剤を止めたら今度は睡眠が悪くなったのです。

 

これは薬物依存症で、薬物を止めた時にある症状です。

今日は処方箋に黄連アギョウ湯を加えて、同時に肝臓の毒素を出す物を加えました。

 

f:id:li-hari:20180506171311j:plain

黄連(おうれん)

来週来た時、また様子を見るつもりです。

5.薬を飲み過ぎて視力低下、手足のしびれ、頻尿が起きた患者

アメリカ婦人。1942年生まれ。

23年の糖尿病歴がある。

 

ずっと西洋薬で血糖値をコントロールして、いろんなビタミン剤も飲んでいました。

 

私を探してきたのは、両足の感覚がなくなり、たまに熱くなりたまには氷みたいに冷たくなる。食欲は多すぎる。両目は退化現象が起きて、夜中はよく寝れない。頻尿が原因で。ほかには、コレステロールを下げる薬も飲んでいた。

 

本当に薬つけの人間。

f:id:li-hari:20180529144838j:plain



私は彼女に言いました。

「貴方が飲んでいる西洋薬とビタミン剤、効果があるなら、なぜ頻尿になっていますか?なぜ体力がないですか?なぜ両足が麻痺して、両目は退化して見えないですか?」

 

様々な症状が示すのは、彼女の過去30年飲んだ西洋薬、ビタミン剤はお金の無駄だけではなくて、彼女の体を弱くしている。

 

強烈な副作用はみんな出ています。

視力が退化して、腎機能障害、手足の麻痺としびれ、夜間の頻尿。

 

彼女は友人の紹介でこちらに来ました。

私はトラブルを引き起こした西洋医学の尻拭きをしています。 

簡単な糖尿病治療なのに、西洋医学は彼女の23年の時間を無駄にし、さらに悪くさせてている。結局最後は、中医学の治療がないとダメです。

 

もしこの23年の間、いい中医師に診てもらったら、数値にコントロールされる23年のつらい人生もなかったでしょう。

 

毎年、私は2ヶ月しか診察していませんが、これでもたくさんの患者さんの面倒を見る事ができます。これが正統派の中医師の能力であります。