本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

肝臓がんの両足のむくみは消えて、貧血は治り、1日の便通は3回になった。 左胸のしこりは30%小さくなり、生理の量も増えてきた。

【※本記事は2020-03-17更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

今日は倪海厦(ニハイシャ)先生の治療日記。

 

病院の薬の副作用で起きた心臓発作、肝臓がんの諸症状が改善、全身性強皮症(SSc)の原因、胸のシコリが1ヶ月で30%小さくなり、生理の量が増えた女性…など数人の治療内容が入っています。

 

元の中国語リンク先は、

2010年08月20診療日誌

 

 

病院の薬の副作用で起きた心臓発作と、その前兆

 

2010.8.20

今日きた中国人の夫婦。

奥さんの病状は面白かったです。

  • 胸が苦しい
  • 胸から背中までつながって痛い
  • 肩こりがひどくて、倦怠感がある
  • 睡眠は夜1時に目が覚める
  • 便秘
  • 両足は氷みたいに冷たい

 

以上の症状は、すでに心臓発作の前兆です。

 

両肩が硬いのは、心弁膜症からくる特殊な症状。

特に両足は氷みたいに冷たいのは、心臓に問題があることを証明しています。

 

以上のすべての症状は、病院の薬を飲んでから現れました。

 

彼女の胸痛が背中までつながって痛いのは、寒気と湿気が原因。診療所の漢唐32番しか治せません。

 

便秘症は寒実に属して、夜中の1時に目が覚めるのは、肝臓に薬の毒素がたまってるからです。なので、私は処方箋に寒実を解決する生薬と、肝臓の毒素を出す生薬を入れました。

 


 

このような心臓病は、中医学の治療では簡単です。

完治するだけではなくて、突発性の心臓病発作も予防できる。

 

彼女の例が、一つの明らかな証です。

西洋薬は病気を引き起こすけど、中医学は病気が治せます。 

 

www.li-hari.net

肝臓がんの両足のむくみは消えて、貧血は治り、1日の便通は3回になった

 

肝臓がんの患者さん。

今日3回目の診察です。

 

主な症状の変化は、

  • 両足のむくみは消えた
  • 腹部の膨満感はまだある
  • 望診での顔色はとても良い
  • 両手のひらは赤色なので、貧血はない
  • 便通は1日3回。2日だけ1日7回、もう一日は8回も出た
  • 睡眠はまだ良いほう。夜中の3時から3時半の間は目が覚めて、他の時間帯は寝られる

 

問診で分かったのは、彼女の飲食に問題があります。

彼女はカナダに住んでいて、こちらに治療しに来た時は旅館に泊まっています。食べ物も簡単なものばかり。彼女は悪い食べ物が心配で、トウモロコシ.青野菜ばかり取っていたのです。

 

私は彼女に話しました。

「こんな時こそ、質が良い食べ物を食べないといけないです。そして良く休む。こうしないと、癌に勝つ確率が少ないです。

 

現在のあなたの食事では栄養不良になります.

栄養が足りない時は、腹水症も治りません。」

 

私は彼女に中華料理屋を紹介しました。

同時に食べ物を選ぶコツを教えて、米麺類をたくさん食べる事を教えました。

 

これで腹水症は治る可能性があります。

じゃなかったら、彼女は今の食事で栄養不良で死にます。

 

f:id:li-hari:20180526144955j:plain

 

過去の歴史上、たくさんの天災の記載がありました。

路上で死体を見た時、どうやって餓死した人だと判断するか?

 

簡単です。

お腹が腫れていたら、餓死した人です。

 

現在、彼女は食べ物が心配で、米・麺類を食べていない。

だから、下半身の浮腫が完全に取れないし、お腹の張りも減らないのです。

 

一般的に肝臓がん患者さんの腹水症が治るときは、下半身の浮腫も一緒に治ります。

 

以下は西洋薬で悪化した肝臓がんを救って来た例。参考にしてください。

 

www.li-hari.net

乾癬はレーザー治療のせいで、漢方薬の効果が出ない

 

皮膚が乾燥するあの退職した看護師。

前回の治療内容は以下の記事にあります。

 

www.li-hari.net

 

この何ヶ月はレーザー治療も併用していたので、漢方薬の効果が出なかったです。レーザー治療した結果は、

 

  • 皮膚はレーザーに焼かれて、やけど。
  • 両足の内側に、大量の汗をかいてしまう。

 

今日は完全にレーザー治療を止めて、純粋に漢方薬と鍼灸のみで治療する事をしたのです。これで進歩は加速するでしょう。

 

彼女の次の治療内容は、以下をご覧ください。

 

www.li-hari.net

血液透析が漢方薬で治ったけど、全身性強皮症(SSc)になった女性

 

1年前、人工透析を治してあげた患者さん、アメリカ中年女性。今日また診察を受けました。

 

来た理由は、最近全身性強皮症(SSc)になったのです。

私が見たら胸部、脇、頸部などに、とても硬い皮膚ができている。

 

以前、彼女の人工透析を治した後、私は彼女の手指関節が異常に硬くて握れないのを発覚しました。

 

その時、私は彼女に話しました。

「あなたの体内にはまだ問題があります。

これは人工透析と関係ない病気。

 

彼女はもう人工透析から開放された喜びで、私の忠告は聞いてなかったです。

 

今その問題が来ました。

私はやっと分かったけど、両手の関節が硬くて握れないのは、硬皮症の初期症状だったのです。

 

今日は5日分の煎じ薬を出しました。

来週来た時、また見るつもりです。

 

彼女は一つ不思議な現象がありました。

両手の真ん中の指、青黒色の所がある。

これは心包経に寒気と湿気が邪魔をしていること。心臓と肺の共同作業がうまくいかない。

 

これは治さないといけない。

次週は吐き出す方法で、寒気と湿気の痰を出すつもりです。

 

その後の治療内容は以下をご覧ください。

www.li-hari.net

全身性強皮症(SSc)の原因は、過度なショッキング・ストレス

 

私の硬皮症に対する考え方は、患者さんはもともと寒気と湿気が関節.体内にあります。しかし、まだ病気を起こす程度までは行ってない。

 

家庭紛争.親族の死去など、患者さんは過度のショッキング・ストレスで、全身性強皮症(SSc)を引き起こすのです。

 

今までの治療経験だと、全身性強皮症(SSc)の患者さんはみんな親族が亡くなってから発作しています。

 

西洋医学は、今でも全身性強皮症(SSc)の原因が分かっていません。治療もできない。患者さんが死ぬのを待つだけです。

 

全身性強皮症(SSc)の患者さんの寿命はそれぞれ。大体1年から3年でしょう。

 

f:id:li-hari:20180526145244j:plain

 

左胸のしこりが30%小さくなり、生理の量も増えて、生理痛もない

 

一人の女性。テキサス州から来ました。

1966年生まれ、胸にしこりがあります。

 

2010年7月9日が初診。

当時、問診では左胸にしこりがある。気づいたのは8~9年前。

 

2003年に押すと痛みを感じ始め、2006年にはしこりが大きくなっている。子どもを産んでからしこりができたそうです。

 

当時は母乳の出すぎて、西洋医学は強力で母乳を絞りきって、その後から乳房のシコリができたのです。

 

問診で分かるのは、

  • 寒がり、両足はまだ暖かい
  • 乳首は凹んでない
  • 寝汗をかかない
  • 左乳房のシコリは、熱くなったり寒くなったりする
  • 生理の量は、以前の半分くらいしかない
  • 生理の周期は早まった
  • 喉は渇かない

 

私の診断は、まだ余っている母乳が左の乳房にある。

余っているのを取り除けば良いです。

 

私は断言します。

彼女は本当の乳がんではない。

 

誤診される乳がんはとても多いです。

乳腺症は中医学の治療ですぐ効果が見られます。以下は一つの例、参考にしてください。

 

www.li-hari.net

 

私は処方箋を出して、同時に漢唐2番を飲むことを薦めました。同じ処方は8月19日まで続き、ずっと処方箋を変えてない。

 


 

彼女から連絡が来たけど、左胸のしこりは30%小さくなった。処方箋は変わらず、続けてシコリがなくなるまで飲むことを薦めました。

 

彼女は漢方薬を飲んでから来た生理の量は、前より多い。生理痛もなくて、だるさもありません。

 

彼女の例が証すのは、女性の母乳は生理と同じもの。

関連の説明は乳がん論文をご覧ください。

 

li-hari.hatenablog.com

 

中国の『君子』と言うのは、人材です。

その定義は、何かのトラブルを解決できる人。

 

『庸才』と言うのは、問題を複雑化にする人。

『小人』と言うのは、専門的にトラブルを作り出し、同時に他人のせいにするやつ。