本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

蕁麻疹は鍼灸治療で治り、手の指の湿疹と右の膝痛も治った:膝痛、30年以上の花粉症(2/6)

【※本記事は2019-05-23更新しました】

 

 

手の指と腕の湿疹は、だいぶ治った

こんにちは。李哲です。

今日は続きの記事。いろんな変化を書いてあります。

 

2016.6.14

5回目。

左足はまだ冷える。

左腰の昔ケガした所のコリはなくなった。

 

右脛骨内側のケガして腫れた骨は引っ込んだ。

彼女はこれが一番びっくりしたそうです。

 

右膝は小学生の時から正座ができなかった。

正座をすると、かかとがお尻にくっつかなくて、拳が入るくらい空いている。

 

「これは、なんとかならないかな?」と彼女に聞かれました。

 

もちろん、鍼で試してみます。

筋の問題なので、陽陵泉.風市穴.陰市穴などは効果があるはず。

 

左膝の状態を診るため、今日膝を曲げてもらったら、左膝の半月板が出っ張っている。左右の形が全然違いました。

 

彼女が言うのは、左足首下の外側が痛いというか感覚が鈍いというか、かなり冷えるそうです。

 

手指と上腕の湿疹は、鍼してからほとんど消えました。

 

手の指の湿疹には鍼が効く!

 


 

2016.7.7

6回目。

顔と腕に、蕁麻疹みたいな痒いのが出て、後頭部にも赤い湿疹が出ている。

 

仕事場で虫に刺されたのか、上腕に大きな湿疹ができて、痒くて痛いそうです。

 

へその右下、手術した切口の周囲が昨日ねじられるような痛みがあった。今日お腹を押してみたら、中には硬いしこりがありました。

 

右鼻は2回の針で、通りがよくなったけど、今日また調子悪い。

 

左膝の内側の痛みはまだある。

左足はまだ冷えるけど、前よりは良い。

以前は寒くて仕方なかった。

 

以前は夏でも汗が出なかったけど、今はたくさん汗が出る。

尿は薄い黄色になってきたそうです。

 

汗をかくのは、正常な体の反応です。

汗をかかない人が、治療した後に汗をかく、これは進歩していること。

 

ほかの患者からも同じ感想がありました。

鍼治療してから、汗が出るようになった!

 

www.li-hari.net

 

蕁麻疹と手の指の湿疹は、もう治った

 

2016.7.19

7回目。

強い冷房のせいなのか、治ったと思った冷え症が再発。

膝下3分の1がとても冷える感じがして、へそ周辺の円盤状の硬いしこりはまだある。

 

「下半身にあるくも状血管は、減った気がします」と、彼女は言ってました。

 

昨日は食事会でチーズ.アイスなど食べたら、帰宅後に吐いてしまった。体が受付しないみたいそうです。

 

右鼻づまりはまだある。

「じんま疹は、もう出ない。治りました!」と、彼女は言ってました。

 

じんましんであろうと普通の湿疹であろうと、皮膚の病気に対して、鍼治療は効果があります。以下は、頑固な貨幣状湿疹だと診断された女性の鍼治療例。2~3ヶ月かかりましたが、やっと落ち着いて一安心しました。

 

www.li-hari.net

 

2016.7.28

8回目。

腕内側に出るじんま疹は、再発してない。

手指間の荒れる症状も消えた。

両膝下はまだ寒い。

へそ周囲のしこりはまだある。

 

最近、胸骨の方が詰まる感じがする。これは前からあった症状かも知れない。

 

最近は仕事のストレスが原因なのか、便秘気味。

 

便秘気味は、鍼治療にとって難しい症状ではありません。

数回続けてみれば、すぐ効果が実感できます。

以下は一つのはり治療例、どうぞご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

鼻づまりと花粉症は30年以上も続いて、今は匂いがよく分からない

 

2016.8.4

9回目。

膝下の冷えはまだある。

胸が少し苦しい。

 

最近、匂いがよく分からないことに気づいた。

なぜなら、同僚が「臭い!」と言っているのに、自分だけ分からないからです。

 

彼女が言うのは、鼻づまりは冷え症より病歴が長い。小学生のときから耳鼻科に通ったそうです。 

 

今まで計算すると、30年以上の鼻の不調が続いている。

最初の鼻づまりのとき、鍼治療若しくは漢方薬治療だったら、こんなに頑固な病状にならないと思います。

 

花粉症に対して、鍼治療はとても効果が良いです。

数回治療すれば、改善するのが目に見えます。

以下はもう一人の治療例、どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net

両ひざ下が冷えて痛いのは、ましになった

 

2016.8.23

11回目。

両膝下の冷えはまだあるけど、以前より良い。

以前は寒くて痛くて、どんな姿勢をとってもダメだったけど、今はそうでもない。

 

最近は目が疲れやすい。

生理はまだ来てない。

去年の5月から完全に止まった。

 

去年の5月前は、半年に一回来たり不規則だった。

生理不順のの症状は、もう5年も続いています。

 

f:id:li-hari:20180601090951j:plain

 

右膝が完全に曲がらない。

正座をするとお尻にくっつかない。

 

大けがした左膝の前、出っ張っているのはなくなったけど、膝中に少し違和感がある。右鼻づまりはまだありました。

 


 

2016.9.2

12回目。

生理はまだ来てない。

膝周辺のクモ状血管は減ってきた。

 

左膝下はまだ冷える。 

右肩がこりやすい。

右顔は左顔に比べると、動きが鈍い感じがする。

 

左足首の外側、昔ねんざしたところ、ぼんやりする痛みだったけど、今はハッキリ痛い場所が分かってきた。

 

足の4~5指の間が痛いそうです。 

私は「ここは胆嚢の経絡が走る場所」だと教えました。

 

彼女が言うのは、

「へそ周辺のしこりは、だいぶ少なくなっています。」

 

私が触ってみたら、しこりはへそ下の石門穴周辺に集中して、ほかのところは少ない若しくは柔らかくなっていました。

 

鍼の画像

 


 

2016.9.15

13回目。

左足首の外側の感覚が、ハッキリしてきた。

今は何かが、薄い紙が剥がれるような痛みがあったそうです。

 

そして、左足首の後ろ側の崑崙穴あたりが痛い。

左足首周辺は以前、ただつらいだけで具体的な感覚はなかったそうです。

 

肩こり.膝周辺のクモ状血管は減ってきた。

ただし、彼女はお酒を飲むと、クモ状血管が太くなり黒くなるのが分かるそうです。

 

これは肝臓の解毒作業がまだ弱いので、毒素が回っているからクモ状血管が太くなります。私のオススメは、なるべくお酒を飲まないこと。

 

これじゃなくても、もともと鍼治療中はお酒が禁止です

 

鍼治療中にはお酒が禁止です

鍼治療中にはお酒が禁止です

 

左膝下はずいぶん温度が上がってきたけど、左右を触るとまだ温度差がありました。

 

大腿部は水が抜けたせいか、以前よりセルライトがよく見えるそうです。肝心な生理はまだ来てない。

 

一般的に、突発性閉経(生理が来ない)のは、治すのに時間がかかりません。以下は一つの例。

 

www.li-hari.net

 

ただし、彼女の体質改善にはまだまだ時間がかかるので、生理が来るような調子までは戻ってないですね。

一番冷える左足が、だいぶ暖かくなってきた 

 

2016.10.1

14回目。

左膝下はまだ冷える。

左大腿部の陥没した肉が戻ってきたのが、一番嬉しいそうです。

 


 

2016.10.8

15回目。

左のふともも.ふくらはぎは、だいぶ暖かくなってきた。

ほかには特に記載なし。

 

お菓子を食べて体調不良になったのを1回で治した

 

2016.10.15

16回目。

もらったお菓子を1週間食べ続けたら、急に体調が悪くなった。

風を引いたみたいに鼻水、鼻づまり、体が寒い(悪寒)、腹痛、だるい。

 

人工甘味料が入ったお菓子は、体調不良を引き起こすので要注意!

【▲体調が良くなればなるほど、加工食品には敏感に反応します】 

 

今日刺したツボは、

迎香穴。上星透顖会。通天。合谷穴。承漿。巨闕。中脘。天枢。関元。膝五鍼。三陰交。

 


 

2016.10.22

17回目。

前回、風邪の症状(咳、熱など)は、前回帰ってからすぐ治ったそうです。

 

はり治療にとって、風邪の諸症状を改善するのは、よく見かけます。

以下は一人の治療例、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

2016.10.29

18回目。

今まで両膝の痛みが気になったけど、膝五鍼を刺してから右膝は大丈夫になった。左膝はまだ奥が少し痛い感じ。

 

ほかには特に記載なし。

 

喉の痛み、発熱でステロイド飲んだら、息切れが出た

 

2016.11.21

19回目。

発熱.喉の痛み.食欲不振などの体調不良で、1週間で4kgも落ちた。

今は対症療法の西洋薬で治しているそうです。

 


 

2016.11.19

20回目。

今週も西洋薬を飲んだ。喉の為に。

ステロイド剤だそうです。

 

食欲はあるけど、体重が戻らない。

少し歩くと息切れで、ハアハアする。

 

症状から見ると、消化系がダメだけではなくて、心臓までダメになっているのが分かります。

 

このステロイドは、本当に悪名高い。

治ったところか、逆にひどいうつ病にもさせるのです。

 

www.li-hari.net

 

お菓子を食べたら、翌日に手の痒い湿疹が再発した

 

2016.11.26

喉はもう治った。

左足の下半分が冷えてしびれる。

右足は三陰交あたりから下が寒い。

 

お腹のしこりは、少し硬くなった感じ。

膝の痛い場所はハッキリ分かってきた。

以前は、ぼんやりの痛みだったそうです。

 

昨日、焼き食いでお菓子をたくさん食べたら、今日はすぐ手の湿疹が出て痒くなった。

 

ここで分かりますが、

食べ物には気をつけないといけない!

 

特に鍼治療で体質が変わると、体に良くないものには敏感になるので、外から入ってくるとすぐ反応します。

 

逆に、食べ続けている人は、反応が出ません。

これはあなたの体が丈夫だからではなくて、汚染され過ぎて体が反応する力もないからです。

 

~つづく~

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain

li-hari.hatenablog.com