本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

まぶたの痙攣を2日で止めた鍼治療例

【※本記事は2019-07-26更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

自分のまぶたが痙攣したのを、2日の鍼で治した例です。

 

2週間前、なぜか右の下まぶたが痙攣して止まらない。

大した病気ではないけど、ずっとピクピクするのは嫌でした。 

 

そして、自分に刺したツボは左腕の外関。瀉法をしてから、15分くらい置鍼。だいぶ良い感じでした。

 

下のまぶたのピクピクが治ったら、今度右の上まぶたが痙攣し始め!

左足の陽陵泉穴を刺して、瀉法してから20分くらい置鍼。

 

翌日の朝には、またまぶたの外側と下が少しだけけいれんしたので、左手の外関を刺し。刺した時は良かったけど、昼ごはんを食べる時またけいれんが発作。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180606/20180606161945.jpg?1528269651

 

これはダメだ!

経絡の流れをもう一度検討して、治療法を変えました。

 

左の後渓と申脈を刺し。

強く響かせて置鍼20分。

 

夕方にはだいぶなくなり、翌日にはまぶたの痙攣が止まりました。その後、少しだけ余韻が残っている感じで、まぶたがピクピクしたけど、後渓など刺したら安定し、睡眠をよく取ったら治りました。

 

何日か経ってまたピクピクする傾向があったけど、鍼を刺して少し休んだら再発はしてない。

 

治せないのは自分の勉強不足で、鍼が効かないことではないと痛感しました。

 

今回のまぶたのけいれん。

原因として考えられるのは、疲れている状態で、どこかで冷たい風に当たったと思います。

 

ネットを見ると、いろいろ解決策など書いてましたが、鍼治療も一つの良い解決策です。鍼を怖がらない方は、どうぞ鍼治療を試してみてください。