本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

EDを鍼灸3ヶ月で完治した例

【※本記事は2019-04-11更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

ED(ぼっき不全)のために、副作用が多い「ばいあぐら」に頼る男性が多いですが、鍼も効果バツグンであることを知っていますか?

 

以下は、ED(ぼっき不全)を治した鍼灸治療例で説明します。

 

 

ED(ぼっき不全)の原因

 

一人の男性、30代。

前は1ヶ月に1回、メンテナンスのために来たけど、今回は3ヶ月ぶりに来ました。

 

最近、自分がED(勃起不全)になったことに気づき、すぐ電話して来たのです。

 

私が聞いたら、彼は朝たちもない!

ED(勃起不全)になる前、西洋薬を飲んだかを確認したところ、飲んではない。お酒もそんなに飲んではないそうです。

 

お酒と病院の薬は、ED(勃起不全)を引き起こす主な原因だから聞きました。

 

例えば高血圧を下げる薬、血糖値を下げる薬、コレステロールを下げる薬、鎮痛剤…みんなED(勃起不全)になります。

 

大量の酒は肝硬変.肝臓がんになるだけではなく、ED(勃起不全)にもなる。

 

彼が言うのは、急に朝たちがなくなったのではなくて、徐々に朝たちがなくなりその後はED(勃起不全)になったそうです。

 

  • 多忙を極める仕事
  • 睡眠不足
  • 仕事でのイライラ.怒鳴り

 

以上の原因で腎臓と肝臓の気(エネルギー)を消耗し、朝たちなどなくなったと考えられます。

 

f:id:li-hari:20180406162915j:plain

 

私が見たら彼の顔全体の色は黒色に近くて、目の下は青黒い。目の下あたりが青黒いのは、昔からあったそうです。

 

つまり、昔から脾臓などの働きが良くなかったこと。(彼はこちらに来る前、コーヒーとサプリメントなど飲んできたので)

 

ED(勃起不全)の原因は何種類かあります。

湿気と寒気もしくは湿気と熱気がくっついて下腹部にたまり、生殖器系に悪影響を与える。

 

この場合は、ED(勃起不全)の前に、前立腺肥大症の症状が先に出るはずです。

例えば、

  • 尿のキレが悪い
  • 尿がチョロチョロ出る
  • 頻尿など

 

彼の症状は、前立腺肥大症と違いました。

肝臓と腎臓の陽気(エネルギー)を補充して、経絡の流れをよくすれば良いと思います。

 

鍼治療中の症状の変化、中医学の解釈

 

1回目の鍼治療:肝臓と腎臓を強化

2016.10.27

刺したツボは、中極、関元、陰陵泉、地機、三陰交、腎関、復溜、太衝、巨闕。

 

太衝を刺したのは、彼がよくイライラするから。

肝臓を守るためでもあるし、肝機能を良くして、朝たちを強くする為でもある。

 

2回目の鍼治療:陰部と肛門周囲に力が入るようになった

2016.10.29

前回みた黒い顔色はだいぶなくなり、まだ正常とは言えないけど、消えつつある。

 

彼が言うのは、「針をしたあとに、陰部と肛門周囲に力が入るようになった。」

昨日は朝たちがなかったけど、今朝は朝たちがある。

 

彼「五行堂さんから海馬補腎丸という漢方薬を買って飲んでいるけど、大丈夫ですか?」

「漢方薬であれば、鍼灸と衝突はありません。漢方薬は役に立つけど、病院の薬はダメです。」

 

漢方薬には、たくさんの生殖機能に良いのがあります。

例えば彼が飲んでいる海馬補腎丸。あとは、八味地黄丸、六味地黄丸など。

 

どんな漢方薬が良いのか、詳しいのは漢方薬の先生に相談してみて下さい。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180718/20180718120315.jpg

 

【▲ 滋養強壮剤として有名な生薬:地黄(じおう)】

 

3回目の鍼治療:朝たちはすごいことになった

2016.11.1

朝たちの調子は良い。

彼が言うのは、「特に針をした翌日の朝たちは、すごかったです!」


私がびっくりしたのは、彼はもう自分は治ったと思っていたこと。まだ3回しか刺してないのに…

 

私は彼に教えました。ED(勃起不全)はそんなに簡単に治らない。最低でも2~3ヶ月は続けて様子を見て下さい。

 

彼「目標を半年に絞って、治ったあとでも週1ペースで来てもいいですか?」

 

私「余裕があるなら、何回来てもかまいません。

鍼は健康な男に刺しても、ED(勃起不全)にならない。逆に生殖機能が強くなります。

 

f:id:li-hari:20190220170806j:plain

 

ばいあぐら(Viagra)の危険性について話す

西洋医学はED治療に、バイアグラ(Viagra)が有名。

しかし、海外ではバイアグラ使用者が死亡した事件まであります。

 

なぜ死亡事故が起きたか?

それは西洋医学では、勃起と内臓の関連性が分からないからです。

 

生殖器系を中医学の理論で解釈

中医学理論では、

生殖機能は主に腎臓が司る。

精子は、腎臓が材料のもと(腎精ともいう)を提供します。

 

生殖器が立つのは、腎臓と違って肝臓が司る。

だから、酔っ払った次の日は朝たちがありません。

いつもたくさんお酒を飲む男は、ED(勃起不全)にもなりやすい。

 

最低でも腎臓と肝臓、この2つの内臓が生殖器系と関与します。

ほかには、心臓.脾臓の関与もある。

 

特に心臓は全体的の環境をコントロールをしています。

腎臓の精(エネルギー)が精子に変わるのには、適当な加熱温度が必要。これを心臓が熱源を提供するのです。

 

つまり、心臓が弱いと、ちゃんとした精子に変身できないので、精子が少ない。もしくは、精子になる前のものが出る(精子に血が混ざる)

 

ED(勃起不全)を治したいなら、最低でも肝臓と腎臓を強化しないといけません。

あとは、腎臓の精が精子に順調に変身できるように、適当な温度を提供しないといけない。

 

下腹部は脾臓の管理範囲です。

つまり、下焦にある前立腺.膀胱、子宮、卵巣などは脾臓のコントロールも受ける。なので、生殖器系は脾臓も調和しないといけません。

 

まとめると、ED(勃起不全)治療には、中医学でいう脾、心、腎、肝。

この4つの機能を調和しないといけないのです。

 

ばいあぐら(Viagra)は単純な「興奮剤」で、様々な面を配慮していない

バイアグラはこんな複雑な働きができるでしょうか?

 

バイアグラで死亡事故が起きたのは、この薬が心臓にとても負担をかけるからです。

 

バイアグラの副作用一覧には、顔面紅潮。動悸。心拍数が上がると書いてます。他にも副作用があるけど、自分で調べて見て下さい。

 

f:id:li-hari:20190109182935j:plain

Viagra(ばいあぐら):副作用で死ぬ人もいる興奮剤


心臓が弱い人は、もともとED(勃起不全)になりやすいです。なのに、薬の力でむりやり生殖器系への血流量を増やして勃起させ、むりやり心臓を働けせる。

 

その結果、心臓が弱い人は性交渉中に耐えきれず急に心臓が止まり、そのままベッドで死亡するのです。

 

バイアグラは効果があると言われてるけど、その代わりリスクも高いです。しかも、毎回性交渉前に飲まないといけない。薬物依存者と同じです。

 

漢方薬・鍼灸は安全なおかつ効果が良い

漢方薬.鍼灸の速効性は、バイアグラみたいにならないけど、その代わり安全で副作用がほとんどありません。

 

そして、体質改善なので、ある程度治療したあとは、来なくても大丈夫です。ED(勃起不全)が治るだけではなくて、全体的に体力が増えて体が丈夫になる。

 

漢方薬.鍼灸を試してみたい方は、近くの信頼できる鍼灸院に行ってみて下さい。きっと良い結果が出ると思います。

 

f:id:li-hari:20190217181008j:plain

追伸内容

人それぞれなので、他の方も彼みたいに早く変わるとは言えません。彼の変化は、とても速い方です。

 

足つぼ整体に通い始めてから、この何年かはコーヒー、甘いお菓子、乳製品などなるべく取ってないのが関連していると思います。

 

体内に毒素を貯めといたのが少なければ、鍼の効果も出やすい。

あと、まだ30代で若いのも関係しています。

 

一進一退の状況だけど、確実に進歩している

施術記録をいちいち書くのではなくて、まとめて書こうと思います。

 

週2回の施術で、一進一退の時もありますが、以前よりは良くなっています。

特に朝たちの回数.勢いは変わっています。

ただし、朝たちは毎日ではない。

 

あと、まだED(勃起不全)が完全に治ってはないそうです。

 

治療中に彼は風邪を引いたり、年末の宴会が続いて胃を痛めたりしました。風邪を引いた時は、ついでに液門.三間などを刺せば治りやすくなる。

 

胃が痛い時は、中脘.足三里などを刺せばすぐ効果が現れます。

 

胃を痛めた時、彼はがスター10を数日飲んだそうです。

 

私は彼に話しましたが、「ガスター10は飲まなくて大丈夫。」

中脘など刺してあげたら、次に来た時は「すでに良くなった」と言ってました。

 

鍼治療で禁止事項がありますが、お酒がその中の一つ。

(針刺してから3日以内はお酒が飲めない。3日以後は飲んでも大丈夫です。)

 

年末年始、彼はお酒と付き合いが絶えない。

これは彼の治療にとって不利です。

 

鍼治療の間は、要禁酒!

鍼治療の間は、要禁酒!

 

お酒ですべて台無しになるわけではないですが、施術効果が薄れるので、治療期間がとても長くなります。3ヶ月で治すのも、1年かかるかも知れません。

 

なぜお酒は禁止になっているのか、よく聞かれます。

鍼灸治療のあと、体内を巡る気のルートが変わります。

お酒飲むと、せっかく変わった気のルートが乱れる

唐辛子も同じ理由で禁止事項に入っています。

 

中国では『酒能乱性』と言いますが、お酒がたくさん入って性格.人格が変わるのも、気の流れが乱れるからです。

 

ほかの鍼灸院はお酒など禁止事項がないと思いますが、私が習ったのは古伝鍼灸の流派で、昔ながらの教訓を守ります。

 

こちらの鍼灸治療を受ける場合は、こちらの禁止事項も守って下さい。

ED(勃起不全)治療では、ほかの注意点もありますが、今日はここまで。

 

追記:毎日朝たちが出るようになった

最近は、毎日朝たちがあるそうです。

毎日朝たちがあれば、ED(勃起不全)は更に心配無用。

 

顔色がとても良い。

以前顔にあった薄い黒色はなくなった。

彼は「調子良いけど、睡眠と関係してますかね?」と聞いてました。

 

睡眠は大事です。

男性ならみんな分かるはず。

 

睡眠不足になると朝たちのところか、一日中元気がなくてだるい。逆によく寝れば、朝たちが強くなります。

 

朝たちがどんどん強くなれば、勃起不全になるわけがない。

 

睡眠の質は朝立ち、翌日の元気と関係している

睡眠の質は朝立ち、翌日の元気と関係している

 

ED(勃起不全)は3ヶ月で完治

「治った。もう大丈夫です。

今後は週1回で、メンテナンスの為に来ます」と、彼が言ってました。


去年の10月末から治療し始め、今までだいたい3ヶ月ちょい。

週2~3回のペースで、回数券を3枚使いました。

 

ED(勃起不全)が治っただけではなくて、心臓の痛みもなくなり、胃腸も整えていろんな所を同時に強化しました。

 

本当は1~2ヶ月くらいで治るはずですが、彼の仕事でお酒が絶えないのが一つの理由。

 

ED(勃起不全)で治療に来る男性は要注意です。

治療期間中は要禁酒(治っら後は飲んでも良い)。

 

鍼治療中は要禁酒

 

これを守らないと治療期間がとても長くなるので、治療代がたくさんかかります。

お金が余ってしょうがない男性は、どうぞガンガン飲んで下さい。

 

もう一つの注意事項。

ED(勃起不全)治療期間中、性交渉は止めたほうがいい。

 

もともと腎臓.肝臓など弱って貯金が足りないのに、むりやり使うと更に回復力が落ちて、治療の足を引っ張ります。

 

以上の2つを守ってくれれば、ED(勃起不全)治療はとても簡単。

鍼治療に数ヶ月の時間さえくれれば、あなたはすぐ回復します。

 

(おわり)