本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

緑内障で失明したのを治した鍼治療例

【※本記事は2019-04-26更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

今日は孫培栄先生の鍼灸治療例の翻訳文。

緑内障で失明した患者たちの鍼治療例です。

 

 

緑内障治療例1

 

江☓台、男性、16歳。

河南省出身。

住所は台北県景美鎮中正路。

 

緑内障になったのは1年前。

見えないので、歩く姿は盲人に似ている。

 

彼は親友の崔さんの紹介で、民国55年(西暦1966年)2月19日に治療しに来ました。

 

刺したツボは、肝兪、絡却、天柱、曲泉、養老、商陽。

10何回で完治しました。

 

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180623/20180623102617.jpg?1529717345

 

緑内障治療例2

 

劉☓玉。

女性、14歳。

 

台湾人、台北県石門郷老梅村大丘田。

右目は失明。左目はまだ軽い失明でした。

 

眼科の名医に診てもらったら、緑内障だと診断されました。

 

その後、女性の蒋さんが紹介して、民国57年(西暦1968年)1月15日、こちらに治療しに来ました。

 

刺したツボは同じ。

計7回で完治。

 

李哲の感想:緑内障・白内障には鍼治療の効果がバツグン

 

私はまだ緑内障は診たことがないですが、白内障.目のピントが合わないなどの患者さんは何人か診ました。

 

鍼治療は効果バツグンで、副作用がありません。

以下は一つの治療例、参考にしてください。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

目の病気であれば、だいたい同じツボを刺します。

 

歴代、緑内障.白内障は、鍼灸での効果は著しいと書いています。

西洋医学は手術で目がよく見えるように治していますが、後遺障害のリスクもあるので、最良の選択肢ではない。

 

鍼を怖がらない方は、ぜひ試してみて下さい。