本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

蓄膿症。鼻漏(花粉症)(孫培栄先生の鍼灸医案)(2018-02-27修正)

こんにちは。李哲です。

今日は孫培栄先生の鍼灸医案の翻訳文です。

(本院の治療例ではないので、間違わないでください。) 

翻訳文

【医案1】

孫さん。女性。73才。

浙江省出身。住所は台北市信義路3段。

 

蓄膿症になったのは数年前から。

症状は透明な鼻水が出て、においが強烈。頭頂部が重苦しい。鼻の中はグズグズして痛痒い。

 

民国56年(西暦1967年)5月26日、治療しに来ました。

刺したツボは神庭。上星。通天。内廷。迎香。風池。1ヶ月くらいで完治。

 

 f:id:li-hari:20180703180456j:plain

 

【医案2】

王さん。女性。57歳。

江蘇省出身。

住所は台北県永和鎮永利路。

 

蓄膿症になったのは1年くらい。

昼も夜も止まらなく、口の中に入りのど奥まで落ちる。

強烈なにおいがして、終日頭が朦朧とする。両目も開けづらい。

 

民国56年8月14日、治療しに来ました。

 

刺したツボは同じ。

数回治療して完治。

李哲 感想

私も孫培栄先生の知識を勉強してから、真似して以上のツボをよく使います。特に迎香の効果はとても良い。

 

鼻水が強烈な臭いがなければ、内廷は要らないかな。あとは、風池も刺してない。

 

迎香穴だけ刺してみて、効果が低かったら風池を追加します。

 

最近の鼻の病気の方(花粉症.蓄膿症)は、病状が頑固な人が多いので、風池はほぼ使っています。迎香穴だけでは力が足りない。


日本の漢方薬には鼻淵丸(びえんがん)などがありますが、詳しいのは漢方薬局の先生と相談してみて下さい。