本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

逆子を1回の鍼で治した例、奇跡だと言うほどでもない

【※本記事は2019-07-14更新しました】

 

こんにちは。李哲です。
今日は簡単な治療例。 

 

もうすぐ出産前の女性。

妊娠中、何回も鍼に来て便秘を治した人です。

 

彼女は出産前に逆子になり、西洋医学の先生は「逆子が治らなかったら帝王切開」と言ったそうです。

 

彼女は帝王切開が嫌で、鍼を試しに来ました。

 
当時、鍼を刺したのは、手足のツボ数カ所。

支溝、照海、上巨虚など便通を良くするツボが多かった。 

 

小指側の至陰穴は、その中の一つ。

至陰は逆子を治す有名なツボです。

 

30分置鍼している間、彼女が言うのは「胎児が動いた気がする」

この1回の施術後、彼女は来てないです。

 

f:id:li-hari:20180525184803j:plain

 

何ヶ月か経って彼女がまた来て、話を聞きましたが、「前回の鍼のあと逆子が治り、安産した」そうです。
 
 もう一人。

こちらの患者さんの友人、私は会ったことがない人。

 

その友人が逆子だと言うので、至陰穴にお灸をすることを紹介しました。 

 
せんねん灸のパワーが足りなかったのか、お灸の数が少なかったのか、あまり効果がなく帝王切開をしたそうです。  

 

残念な結果でした。 

至陰にお灸をする場合、火力が強い生姜入りのタイプを選んで、お灸の力が体内に浸透するまで、たくさんやらないとダメです。 


説明書通りに1,2個やるだけでは逆子が治りません。  

若しくは、米粒大のもぐさを置いて、皮膚の上で直接燃やす。もちろん、ものすごく熱くなったらすぐ取ります。そうじゃないと、やけどするので。

この強力なお灸は、ほぼ1回でOKです