本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

強烈な膝裏の痛みで歩けなくなった(1)(2018-02-21修正)

こんにちは。李哲です。

今日は私の鍼灸治療例です。

 

患者さんは私の2番めのおばさん。

私のおばさん一家(1) に書いた人です。

 

2017年6月24日。 

突然メッセージが来て、家に来てほしいと言われました。当時おばさんが言ったのは、足痛くて歩けない。

 

土曜日の仕事が終わって、すぐ駆け足で行ってみました。

 

おばさんの家に着いて、様子を見たらビックリ。

 

右の膝裏が痛くて、触ることすらできない。

歩くのは更に無理。

寝返りもできない。

とにかく右足膝に少しでも力を入れる事ができない。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180420/20180420112122.jpg

 

右すねの所はパンパン腫れて熱を持った感じ。

おばさんに前後の症状を聞いて、不調の理由が分かりました。

 

おばさんが言うのは、

“先日寒い所に長時間座って、帰宅後も寒かった。

当日は暑かったので、旦那さんが良かれと思って扇風機を回してくれた。体に直接当たらないように、風の向きを変えていたけど、やはり寝ている時は風が少し当たって寒かった。”

 

扇風機の風が当たった所は、右の足。

翌日から痛くなったのが、ちょうど右の足。

 

顔も風にあたって、起きた時は顔面けいれんで口角が歪みそうだったけど、後で徐々に治ったそうです。

 

危なかったです。

もし風邪がもっと顔に当たったら、確実に顔面神経麻痺になり、半分の顔が歪みます。

 

顔面神経麻痺は鍼でも治せるけど、2週間以内じゃないと治すのにとても時間がかかります。


おばさんの旦那さんは、おばさんの顔がけいれんするのを見て“すぐ李哲に電話しよう!”と言い、膝裏の痛みもあったので突然の連絡が来たのです。

 

二人とも顔面神経麻痺には、針が良い常識を知っていました。


私はおばさんに膝裏の痛みを説明しました。

“寒さに当たった以後、また扇風機の風に当たったので、筋がけいれんしている。鍼が終わったあと、温めれば楽になると思います。”

 

おばさんは、“え?冷やしちゃダメなの?

病院に行ったら、冷やす湿布をもらってやったよ。”

 

私はまた説明しました。

“寒気と風邪で筋が縮んだので、冷やすのはダメです。

湿布には鎮痛剤成分が入っています。鎮痛剤は肝臓と腎臓がダメになるので、使わないで下さい。”

 

おばさんは更に質問してきました。

“鎮痛剤がダメなら、生理痛を抑える薬もダメ?”

 

“もちろんダメです。

生理痛はお灸若しくは鍼でも治せる。

とにかくお腹を温めれば、生理痛は消えます。”

 

おばさんは納得したみたいで、“そういえば私のお腹の深部はすごく冷えている感じがする。痛い時にホッカイロ貼って、楽になるのはその理屈か。”と言ってました。

 

ちなみに、おばさんは子宮がん(早期)だと診断されているけど、西洋医学の治療を受けていません。

 

“鍼は子宮がんにもいいの?”と聞かれたけど、私は“もちろん役に立ちます。お腹が暖かくなれば、自然に癌が小さくなるし、お腹の周りの贅肉も減ります。”と答えました。

(おばさんは体重増加で悩んでいました)

 

皆さんはきっとなぜ鍼治療を止めたのに、また鍼をしようとしたのか、気になるでしょう。

 

私の考え方は簡単です。

 

鍼を信じて私を呼んだ時は、必ず治療に取り組みます。

 

鍼を信じない場合は、私の方から止める。

 

鍼を信じて治療し、

効果があると感じた場合は続ける。

効果がないと感じた時は止めます。

 

(病状の段階によって、鍼が効かない時もあるから。)

 

次は、鍼の施術状況を書きます。