本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

肩こりと膝痛はすぐ改善されたけど、便通は一進一退。膝痛、頑固な便秘症の針治療例(2)(2018-02-21修正)

こんにちは。李哲です。

今日は続きの記事です。

 

2017年5月21日。

7回目。 

首肩を触ってみたら柔らかい。彼女も辛くないと言うので、後渓.申脈などは削除。

 

彼女が言うのは、「右膝が少しきになります。」

 


 

2017年5月24日。

8回目。

前回とあまり変わらない。

ツボの処方も変化なし。

 


 

2016年5月26日。
9回目。

彼女が言うのは、「膝痛はないです。今日は左側の腰痛が気になる。便通は前ほど良くないです」

 


 

2016年6月8日。

10回目。

彼女が言うのは、膝が少し重い。腰痛がある。

便通は1週間に1回。

 

f:id:li-hari:20190203204454j:plain

 


 

2016年6月16日。

11回目。

彼女が言うのは、膝はもう大丈夫。

 

他に気になるのは、腰痛と便秘症。腰痛は左側がメイン。

便通は1周間に1回。


今日は鍼が終わったあと、ベットから起き上がる時、「いつもより腰が軽い。効いた!」と言ってました。

 

そしてお茶を飲む時、「以前よりむくみが減っています!」と喜んでました。

 


 

2016年6月23日。

12回目。

腰痛は消失。

膝痛は右膝の外側下のみ痛い。

階段の昇降の時、痛いそうです。

便通はまだ悪い。出にくいそうです。出てもコロコロ便。


彼女は最初の10回は、ほぼ毎週2回来ました。たまには1週間に1回。

最初は効果が出なかったけど、徐々に積み重ねることで、便通.痛みなど改善されました。

 

表面の経絡のつまりが原因での痛みは、治りが早いです。例えば腰痛.坐骨神経痛など。3回続けてみれば、効果が現れる。

 

しかし、深い内臓が原因での場合は、治りが比較的に遅い。人によってはかなり違うので、最低5回は続けてみて方が良いです。

 


 

1年後に彼女はまた来たけど、話を聞いたら去年終わってから、調子が良かったそうです。

 

ただし、半年後にまた徐々に痛くなり始め。坐骨神経痛はないけど、腰痛と膝痛.ひどいむくみ.ひどい便秘がまた来ました。

 

食事と運動不足が原因だと思います。

連日のラーメンとか。

ラーメンは「最強」ですね… …

f:id:li-hari:20181220175712p:plain

ラーメンは極力食べない方が良い

今後10回くらい治療してから、また経過を書こうと思います。

 

~続き~

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain

li-hari.hatenablog.com