本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

潰瘍性大腸炎の最先端治療法を見て(2018-02-22修正)

こんにちは。李哲です。

先週、テレビで医療情報を見ました。

 

潰瘍性大腸炎の最先端治療法。

 

中にはいろいろ紹介したけど、1つだけよくもこんなもの考えたね!と思わせる療法もありました。

 

ドナーの腸内細菌を患者さんの体内に注入。

よく見たら大便そのままじゃないか!

 

食事中じゃなくて良かったよ!!!

 

誰がこんな『素晴らしい』アイデアを出したか、とても気になります。

 

番組で見た気になる点を話します。

 

①腸内細菌がおかしいから、1回抗生物質で綺麗に殺してから、他人の腸内細菌を移植する。(抗生物質は腸内細菌を殺す事を証明していますね

 

なぜ患者さんの腸内細菌がおかしい環境を治さないで、他人の大便を注入するのか?

 

注入.移植ばかりやるなら、医学を勉強する必要があるでしょうか?


②潰瘍性大腸炎の患者さんの白血球が活発すぎて自分の腸壁を攻撃するから、特別な機械で白血球を濾過して減らしてから体内に戻す。

なぜ活発になった白血球を収めないで、濾過だけでするのか?白血球は体内で作られているでしょう?

 

外部での濾過だけでは、体内の環境は何も変わらない。いずれか、また白血球が活発になって増えるのです。

 

その時はまた外部の機械で濾過するのか?

 

西洋医学はなぜか病気の原因を問わない(問えない)。根本的な対策もありません。

 

とにかく今の数値がおかしいのを殺して、あとは分からない。

 

腹痛。下痢。血便。

これは主に潰瘍性大腸炎の症状だそうです。

 

中医学の鍼灸、若しくは漢方で治療すれば、結果は西洋医学と大きく違います。

 

ただし前提条件は、貴方が探した先生が正しい中医学の知識を持っていること。

 

効果がない時は、鍼灸.漢方薬が効かないのではなくて、その先生の問題です。

 

ここでは素人でもできる方法を教えます。

 

潰瘍性大腸炎の人は、自分でお灸して下さい。

 

ツボは、関元と中脘と天枢。

関元と中脘のやり方は、以下の記事をご覧ください。

 

1.万病に効く滋養強壮のツボ:関元.中極

 

2.胃腸の病気に効くお灸のツボ:中脘(ちゅうかん)

 

毎日お灸をすると、症状緩和に役に立ちます。

 

注意点は一つ。

便が臭い人は、お灸をしないで。

 

鍼とお灸を両方やれば、もっと効果が期待できます。

鍼が大丈夫な人は、鍼も受けてみて下さい。