本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

3年の耳鳴りが数回で治った鍼灸症例【孫培栄先生の治療例】

【※本記事は2020-03-08更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

孫培栄先生の鍼灸症例を翻訳しました。

 

3年の耳鳴りが数回で治った

 

秦さん、50歲。

山東日照県出身。

住台北市博愛路二零三巷。

 

耳鳴りに困ったのは3年前から。 

耳鳴りはたまに強くなって我慢出来ない。たまに気にならないほど弱いそうです。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20190224/20190224151934.jpg

 

1966年12月20日に治療に来ました。 

刺したツボは行間。陽補。地五会。風池穴。足三里穴。聴宮。

 

数回刺して治癒しました。

李哲の感想

 

耳鳴りにはよく聴宮、聴会、耳門、合谷穴を使います。

私の臨床経験上、一般的に1~2回鍼を受ければ、耳鳴りは減るはず。ただし、完全に治るまでは、回数がかかる場合があります。

 

行間、陽補など使う理由は、おそらく実証だと判断したからだと思います。

 

あとで確認できたのは、孫培栄先生の判断基準がありました。鍼灸医にも勉強になる情報ですね。

  • 耳を塞いて、耳鳴りが強くなるのは実証。
  • 耳を塞いて、耳鳴りが減るのは虚証。

 

以下には私の臨床例を含めて、耳に関する記事があります。参考になると幸いです。