本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

膝のズキンズキンとした痛みが、鍼1回で改善

【※本記事は2019-04-24更新しました】

 

こんにちは。李哲です。 

今日は主にズキンズキンとする膝の痛みを治した鍼治療例

 

前回の内容は以下をご覧ください。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com


2017年7月17日。

オジサンの家で食事会。

おばさんが来て言うのは、「ここまで来る時、階段の昇降で膝がズキンズキン痛くて歩けなくて大変だった。もう歳かな?40までは何もなかったのに…」と嘆いてました。

 

膝痛の患者さんをいっぱい診たので、私は単純に歳のせいではないことを知っています。

 

その日は鍼セットを持っていたので、鍼をしてあげました。

おばさんが痛い所は、左膝の外膝眼の少し下。

少し押しただけでも、おばさんは痛くて飛び上がってました。

 

 f:id:li-hari:20180402120216p:plain

 

私はおばさんに説明しました。

「これは腎機能がダメになっているから、膝関節も痛いです。簡単に言うと、膝の骨がダメになっている。腎機能がダメになったのは、おばさんが今まで使ってきたダイエット薬の副作用が強い。」

 

おばさんは、「その薬はもう使ってないよ」と言うけど、本当かどうかは分かりません。

 

飲んでなければ、今日治療したあと、膝痛の再発はしないはず。

再発した場合は、薬を飲んだか何かを飲んだ時です。


とりあえず、今日は治療をすることにしました。


刺したツボは、内膝眼。外膝眼。鶴頂。

陽陵泉穴から陰陵泉までつなげる。

4本。

 

他には、いつもの腰痛.頑固な便秘.冷え症のために鍼。

 

膝関節周りに鍼をして、20分後に取りました。

途中で1回鍼を回して気の流れを催促。

 

おばさんは膝を伸ばしながら、さっき痛がっている所を押して見て、すごくビックリして興奮してました。

 

「うそ!まだ少しは痛いけど、さっきの痛みと全然違う。どうして?なんで?」

 

「経絡の詰まりがなくなったので、痛みは消えます。ただし、内臓の問題はこんなに速く治らない。根絶するまでは回数がかかりますよ。

おばさんは腰痛と便秘が変わらないから、鍼の効き目がないと言うけど、あれは内臓の問題だからです。毎週2回の鍼じゃないと間に合わない。」

 

おばさんは前回、日本に戻った時、手のリウマチの痛みでつらかった時、1本の鍼で効果を実感してます。

 

今度は膝の痛みで、また鍼の効果を認めました。

 

おばさんは鍼の響きをすごく嫌がっていますが、効果を実感しているので、頑張って針を続く事にしました。今日はオジサンが針をしてないので、記録なし。

 

膝痛(膝関節症)に関して、以前苦い経験がありました。

 

ある患者さんに鍼をしたけど、特に変わりはなかったです。

当時、患者さんは高血圧の薬も飲んで、ヒアルロン酸の注射も定期的にしてました。

 

高血圧の薬は腎臓を傷つけるので、膝痛には悪影響があります。

薬を飲みながら、鍼をしても効果が薄い。

 

しかし、私が今思うのは、その時は自分の鍼がめちゃくちゃ下手だったからかも知れない。

 

今でも上手だとは言えないですが、もっと多くの症状が解決できるように、日々精進を目指しています。

 

~つづく~

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com