本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

尿失禁を改善した鍼灸治療例

【※本記事は2019-03-30更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

今日は尿失禁(尿もれ)以外に、頻尿、尿が出にくいなどの症状を改善した鍼灸治療例

 
鍼治療してから尿失禁(尿漏れ)は改善されて、オムツは要らなくなり、尿の出も前より良くなっています。
 
完治までは至ってないですが、鍼治療してどんな変化があったのか?
参考になると幸いです。

 

 

患者の症状と中医学の分析

男性、51歳。

主訴は以下のとおり。

  • 頻尿
  • 尿の出が悪い
  • トイレが我慢できない、尿失禁(尿漏れする)
  • 尿がたまると痛い
  • おしりが張る
  • 左腰が痛い(夕方になると)

 

以下は問診で分かった内容です。

 

  • 寝付きは良いが、夜中にトイレに1~2回行く
  • 小便の色は透明
  • 手足は寒い
  • 朝たちはない

 

頻尿なのに出が悪い症状は半年前からあって、2種類の病院の薬を飲んだそうです。

一つは尿が出ないようにする薬、もう一つは尿を出す薬。

 

小学生の時に急性腎炎で入院し、2ヶ月毎日点滴して治した。

冷えは50過ぎてから気づいた。

 

病院の検査では特に腫れてないので、前立腺がんの疑いはない。膀胱結石、腎臓結石もないと言われたそうです。

 

運動は休日に野球をするくらい。

仕事で週3回ほどお酒を飲んでいる。

 


 

彼の症状は、ぱっと聞いた限り矛盾があります。 

尿が漏れて勝手に出るのに、トイレに行くとまた出づらい。

 

普通は尿閉、若しくは尿崩症だけど、彼は同時に真逆の2つを兼ねているのです。今まで診たことがないタイプです。

 

私の判断は、腎臓と膀胱の陽気が足りなくて、尿を貯める事も勢い良く出すこともできない。

 

最初は足つぼ整体を3~4回受けたけど、1回目だけすごく効果があり、もう治ったように思ったそうです。残念ながらその後はあまり変化なし。

 

足つぼ整体を止めて8ヶ月後に、初めて鍼に来ました。

 

鍼治療してからの変化

長い間(8ヶ月分)の記録になります。

子目次をつけてますので、読みやすくなると幸いです。

 

尿がもれないように考えるだけで精いっぱい

2016年12月9日。

1回目の鍼。

彼が言うのは、尿の切れが悪い、頻尿、尿が我慢できない、尿失禁(尿が漏れる)。

尿がもれないように考えるだけで精いっぱいで、他の辛いところは一切分からない状態。

 

漢方薬局で猪苓湯(ちょれいとう)をもらって5ヶ月飲んだけど、結果は出てない。

 

最初に刺したツボは関元、中極、気海穴、巨闕、復溜、陰陵泉穴、三陰交、腎関(これは董氏奇穴)。

 

いずれも尿をもっと出すように、腎機能.膀胱の機能を強化するためのツボです。

 

帰りに中極穴にせんねん灸(生姜入りタイプ)を9個やることを勧めました。

彼が言うのは、「鍼が終わったあと、お腹が少し暖かくなった。」

 


 

2016年12月13日。

尿がもれるのが我慢できなくて、オムツをつけないと仕事の会議にも参加できない。我慢してその後トイレに行くと、今度は尿が出ない。

 

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180623/20180623163608.jpg

 

お灸をやっているけど、効果がまだ分からないそうです。

今日はもう少しツボを増やして、強化することを狙いました。

 


 

2016年12月23日。

昨日は5時間寝て、1回も起きなかった。

ただし、朝は尿意で目が覚めるけど、トイレに行くとあまり出ない。

 

昼の頻尿は減っている感じ。

彼は前よりは進歩していると言ってました。

 

12月末までは、毎週1回のペースで鍼治療を受けました。

 

ある程度尿が我慢できて、今はオムツをつけてない

2017年1月13日。

彼の報告:

正月休みで里帰りのときは調子が良かったけど、東京に戻ってきたら悪くなった。

 

また頻尿と尿が我慢できない。

1時間くらい尿を我慢すると、今度は大便まで出そうな感じ。

夜中のトイレも2~3回に戻った。

 


 

2017年1月17日。

彼の報告:

少し良くなった気がする。

前より尿が貯められる(前は100mlくらい)。

尿の勢いはまだない。

 

鍼の画像

 

2017年1月28日。

彼の報告:

昨日はダメだったけど、今日の尿は大丈夫。

1月に来たのは6回。

 

まだ一進一退の状況です。

 


 

2017年2月2日。

彼の報告:

前回の金曜日に鍼をして、土日と月曜日は治ったように快適だった。火曜日、水曜日にはまた戻って、我慢できない。尿が貯まると膀胱が痛い。尿が出ても100mlくらい。

 

鍼したあとは黄色い尿が出る。

週2~3回の針が良いと勧めました。

 


 

2017年2月7日。

彼の報告:

大幅な進歩はないけど、少しずつよくなっている。

特に鍼した直後は、尿が大量に勢い良く出る。その後は勢いが徐々になくなるそうです。

 

ある程度尿が我慢できるので、今はパッドをつけてない。

 


 

2017年2月11日。

前よりは尿が貯まると思うけど、溜まると我慢できない。尿が漏れる。尿の勢いは悪い。

 

今までの治療過程を見ると、最初は頻尿と尿が漏れる。

今は尿が漏れるだけ顕著。

頻尿はある程度抑えられている。

 


 

2017年2月16日。

少し尿が貯まるようになったけど、やはりすぐ排尿したくなる。排尿しないと膀胱が痛い。尿が出るとスッキリ。

 

鍼の画像

 


 

2017年2月25日。

風邪が1週間以上続いているので、三叉三.天突穴など追加。

 

2月に来たのは8回。

 

2017年3月2日。 

前回の鍼したあと、逆に頻尿が顕著になった。

昨日からやっと落ち着いている。

なぜこんな逆効果が出るか、私も経験したことがないので理由が分からない。

トイレの事で精一杯のことはなくなった

2017年3月4日。

 

彼の報告:

八味地黄丸を飲んでから、尿のコントロールがだいぶ良い。

ただし尿が溜まると、膀胱が痛くなり尿が出ると楽。

年を取ったせいなのか、最近は寒がりになったそうです。

 

2日前に寝違いしたのか、今日は首が痛い。

追加したツボで、首痛は帰る時はだいぶ良くなりました。

 


 

2017年3月7日。

彼の報告:

鍼したあとの2日間は、完治したように尿が溜まるし、尿の勢い良かったけど、3日目は1時間に1回トイレに行かないとダメ。

 

2017年3月29日。

彼の報告:

夜のトイレに行くのは2回。わりとたくさん出る、200mlくらい。昼はそんなに出ない。でも、昼は前よりだいぶ我慢ができて、トイレの事で頭いっぱいの状況はなくなった。

 

3月に来たのは10回。

 

鍼の画像

 

初めて朝たちみたいなものが出てきた

2017年4月5日。

彼の報告:

夜中は尿が溜まって出やすいけど、昼は溜まると痛い。

溜まるのは良いけど、腹圧をかけても出づらいそうです。

 

以前はちょっと寒がりだったけど、今は完全に寒がり。

今日は初めて、朝たちみたいなものができた。

 


 

2017年4月12日。

彼の報告:

夕方から尿が出やすい、出すとスッキリ。以前は夜だけ尿が順調に出た。

 

昼は尿が出づらく、すごく力を入れないとダメ。

尿の我慢はだいぶできるので、昼は会社で仕事ができる。

 


 

2017年4月19日。

彼の報告:

昼は尿が溜まるよになった、溜まってもそんなに痛くない。

夜中はトイレに行くのは2回。

昼の尿の勢いは悪くて、チョロチョロ出る。

 

お酒で尿の出が悪化

2017年4月26日。

彼の報告:

前回の土曜日の鍼したあと、日曜日と月曜日はすごく良かったそうです。

夜も1回だけのトイレで、よく眠れた。

 

今日はダメ。

原因は彼も知ってました。

昨日どうしても宴会があって、お酒を飲んできたら、尿が貯まると膀胱が痛くなる。

 

鍼治療中にはお酒が禁止

鍼治療にはお酒が禁止

 

GWに宴会が続くので、悪くなるのではないか?と彼はすごく心配してました。

 

鍼治療の時、お酒は禁止ですが、彼みたいにどうしても飲まないといけない時は、私も頭痛いです。お酒で確実に悪化するから。

 

仕方がないので、私は彼にお灸をたくさんすることを勧めました。鍼ができなかったら、お灸でなんとか補う。

 

4月に受けた鍼は9回。

 


 

2017年5月13日。 

彼の報告:

GWに宴会が続いたけど、思ったほど悪くなってない。

最初飲んだ日は、頻尿と尿が貯まると痛かったけど、けっこうな量を溜めることができていました。

 


 

2017年5月31日。

彼の報告:

一進一退の状況。

悪い時は1時間に1回トイレに行く。

 

「尿が貯まると痛い時と痛くない時があるのは、何なんですかね?」と彼は嘆いてました。「膀胱の壁の不安定が原因」だと教えました。

 


 

2017年6月3日。

彼の報告:

天気が暑いせいか、あまりトイレに行かなくても 済む。

夜はやはりトイレで目が覚める。

膀胱に溜まって痛くなるので起きるそうです。

 

尿の勢いが少ない、チョロチョロ出ている。

 

お酒のせいもあって、状況は一進一退

2017年6月7日。 

彼の報告:

昨日少しお酒を飲んだら、今日の尿は1時間に1回まで増えた。

量は150~200mlは出ている。

 

以前から冷え症があったけど、最近は特に肌寒く感じる。

 

鍼の画像

 


 

2017年6月9日。

彼の報告:

特に変化なし。

夜は2~3回トイレで目が覚める。

昼は尿が溜まるとすぐトイレに行きたくなる。

 


 

2017年6月14日。

彼の報告:

前回の鍼したあと、日と月は治ったように調子良かった。昼は3~4時間に1回トイレに行く。夜は2回目が覚める。夜の量は以前ほど出てない。

 

昨日お酒を飲んできたら、今日はまた1時間に1回のトイレ。

「無理して我慢すると、大便まで漏れそうです」と言ってました。

 


 

2017年6月17日。

彼の報告:

特に変化なし。

ただし、夜の量は150~200mlはある。

 


 

2017年6月21日。

彼の報告:

土日は治ったと思うくらい良かった。

 

しかし昨日お酒を飲んだら、今日また調子が悪い。

尿が我慢できない。

 

 

尿を我慢して、その後に行くと今度は尿が出なくて膀胱が痛い。

あまり尿を我慢すると、大便が漏れそう。

 

今日は会社で会議があったけど、トイレを我慢するのがとてもつらかった。

 


 

2017年6月30日。 

彼の報告:

夜のトイレは2~3回。

出る量が少ない。

 

昼は4~5時間大丈夫な時もあるし、1時間で1回トイレに行きたい時がある。

我慢すると膀胱が痛い時がある。

 

6月で鍼に来たのは、9回。

 

だいぶ良くなっているけど、完璧には治ってない

2017年7月12日。

彼が言うのは、「10日以上鍼に通ってないけど、尿は安定している感じです。」

 

夜のトイレは2回で量が少ない。 

昼の尿の勢いが足りない。

あまりいきむと大便が出そう。

 

鍼の画像

 


 

2017年7月19日。

彼が言うのは、最近は一番調子が良いかも知れない。

 

昼はトイレに駆け込まなくても済む時が多い。

夜はやはり2回目が覚める。

トイレに行きたくて目が覚めるのではなく、自然に目が覚める感じ。

 

「尿の調子はまあまあ良いけど、朝たちがないのが気になる」と言ってました。

 

ここに来る前は、朝たちなんか考えた事もなかったそうです。

 


 

2017年7月25日。

彼の報告:

尿はまあまあ我慢できて、1回の量は200ml以上はある。

尿が溜まると痛いのもない。

勢いはまだ少ない。

尿が細く長く出る感じ。

 

立ち上がる時のふらつきもなくなった

2017年7月27日。

彼の報告:

今日は立ち上がる時とか、狭い所を歩く時ふらつく。

尿は我慢できる。会社では普通に仕事ができたけど、尿が溜まると少し痛い。

 

今日は針が終わって、「いつもの足のだるさもないし、立ち上がる時のふらつきもなくなった」と言ってました。

 

ちなみに、ふらつくのを治す為に鍼を追加したのは、肘の曲池だけ。

 

肘の曲池穴

肘の曲池穴

肩が上がらないのは1回で治った

2017年8月2日。

彼の報告:

夜のトイレは1~2回。

習慣になったのか、1回行くと安心してまたすぐ寝れる。

 

尿の勢いが足りない。

昼は会社で1.5時間に1回トイレに行くそうです。

 

彼は「この頻度だと多いのかな?」と言ってましたが、私はこの間隔なら心配なくてい良いと教えました。

 

彼は尿の調子以外に、今日は左肩が上がらないと言ってました。以前から気になったけど、今日は特に上がらない。

 

うつ伏せのときに、右の中渚.曲池.後渓穴を追加。

15分後に仰向けになった時、すでにだいぶ上がるようになりました。

 

その後は腎関(董氏奇穴)を刺して、回しながら左肩を回してもらう。

 

鍼が終わってお茶を飲んでいる時、彼が喜んで言うのは「左肩はほとんど良くなりました。少しだけ残っているけど、普段の痛みと全然違います。」

 

今日で回数券の10回目が終わったので、いちおう卒業してしばらく様子を見る事にしました。

 

まとめ

まとめ 

2016年12月から2017年7月末まで、計8ヶ月。

かなり長い治療期間でした。

 

●最初の尿が我慢できなくて、オムツを付ける。

鍼治療してから、オムツは要らなくなり、尿が我慢できるようになりました。

 

●尿が出ない症状から、尿も出るけどまだ勢いは少ない。

 

前よりだいぶ良いですが、正直、彼は完璧に治ってないです。

例えば朝たちは戻ってない、夜中は目が覚める。

 

彼が最初、病院で使った西洋薬がダメージが大きかったのか、放置した時間が長かったのか、時間をかけて治療したけど完治までは至りませんでした。

 

私の腕不足もあると思うので、もっと勉強して同じ症状の方が来た時には、徹底的に解決したいです。

 

記事として発表するかどうか迷いましたが、皆さんの参考になればと思って書きました。

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます。