本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

3ヶ月も続く不正出血と咳(初期の肺がん)を、漢方薬3ヶ月で治した例

こんにちは。李哲です。

今日はニハイシャ先生の弟子:張孟超先生の文章。

 

3ヶ月も続く不正出血、咳、痰、手足が氷みたいに冷たいなどは、初期の肺がんの症状です。幸いにも漢方薬を飲み続けて3ヶ月、諸症状を治りました。

 

以下の翻訳文、漢方薬に対する理解とマメ知識が増えれば幸いです。 


中国語本文のリンク先は、

十棗湯案例【一】崩漏


3ヶ月も続く不正出血と手足が氷みたいに冷たい患者

2008年2月27日、初診。

43歳の劉さん、既婚女性。

 

治療に来た原因は、この3ヶ月ずっと不正出血と咳が続いている。

 

西洋医学と中医学の治療を受けたけど治らない。

当時、私が思ったのは、簡単なキュウ帰膠艾湯もしくは桂枝加竜骨牡蛎湯の類だろう。しかし、またすぐ他の先生たちが治療してみて無効だったから、きっとほかの原因もあるでしょうと思った。)

 

ニハイシャ先生がよく言うのは、:己を空っぽにする、先入観入れるな!

 


 

問診で分かったのは、、生理の血は薄い赤。サラサラで血の塊はない。血が出続けている。

 

ほかの症状は、

  • 腰とお腹は痛みがない
  • 手足は氷みたいに冷たい
  • 冷たいのも風にあたるのも嫌がっている
  • 普段は汗をかきにくい
  • 喉は渇かない
  • 熱いものを飲みたがる
  • 食欲はまだ良い
  • 大小便は正常

 

患者さんは「不思議な症状がある」と私に話しました。

きたきた!私はすぐ耳を立てました

ニハイシャ師匠がよく言うのは、患者さんの不思議な症状は、だいたい大事なキーワード

 

彼女が言うのは、咳が1~2年続いている。毎朝必ずたくさんの白い泡の痰を吐き出す。最初の痰が少し黄色い以外に、他の痰は全部白い。たまに血が混ざる。

 

口の中は涼しい麻痺しているような感じ、辛味も感じる。

私が思うのは、肺金の味だろう)。

 

私はすぐ彼女に聞きました。

「睡眠はどうですか?朝までぐっすり寝れますか?」 

「だめです。毎週2,3回、朝4時~5時の間に起きて寝れません。」

 

「胸が苦しいですか?」

「胸が苦しくて息が吸いづらいです。しかも、背中の肩甲骨の間に手のひらサイズの寒い区間がある。まるで冷房が当たったように寒い。」(あとひとつの質問で確実な診断ができます。小青竜湯か十棗湯(じっそうとう)か?

  

桂枝(けいし):小青竜湯の中の生薬

桂枝(けいし):小青竜湯の中の生薬

「仰向けで寝られますか?」

「寝られます。」

 

これは小青竜湯の症状に間違いない。

私はすぐ処方しました。

小青竜湯、乾姜を増加し、加工したトリカブトを追加。

 

脈診では、左右の寸脈が細弦(みぞおちに水気が溜まっている腹証)。お腹全体的に圧痛がないけど、お腹に力がない。切診も私の判断を支持していました。

 

不正出血の量は減ったけど、完全には止まってない

 

20008年3月4日。

再診察1回目。

患者さんが言うのは、「不正出血が減った。たまに1,2日は血が出ない時もある。」

 

患者さんは絶賛してました。 

あなたは唯一、私の問題は婦人科ではなくて、肺に問題があると教えた先生です。肺に問題があるから、下をコントロールできなくて、生理の血が止まらない。さすがにニハイシャ先生の弟子!」

またニハイシャ師匠のファンですね

 

今は風にあたるのが嫌、咳と白い痰は減った。

背中の肩甲骨の間の寒い範囲も、拳サイズに減っている。

手足はまだ冷たい。表の寒気はなくなったけど、体内の冷えはまだ強い。

 

今日の処方は、

射干麻黄湯に乾姜、生のトリカブト10gを追加。

 


 

2008年3月14日。

著しい変化はない。

 

背中の肩甲骨の間の寒い範囲は拳サイズ。

喉は渇かなくて、手足は冷たい。

食欲は少し減った。

体内の冷えはまだ強い。

睡眠の質は改善した。

 

処方:

射干麻黄湯に乾姜、白朮、茯苓を追加し、生のトリカブトを15グラムに増量。

 

射干(やかん、ヤカン)の花

射干(やかん、ヤカン)の花

 

処方箋の試行錯誤中だけど、肝心な不正出血は完治してない

 

2008年3月19日。

再診察3回目。

 

病状が変化しました。

  • 生理の血は完全に止まってない
  • 改善された睡眠は、夜中の2時に起きて、3時過ぎて悪寒してから白い痰が出て、その後やっと寝れる

  • 手足の冷えは、もうなくなった
  • まだ暖かいものを飲みたがる

  • 朝起きた時は口の中が乾くし苦い
  • 目も乾く

  • たまに目の前が真っ黒になる
  • 右脇腹が腫れて痛む

 

恥ずかしい!師匠に聞いてから自分の間違いを分かりました。肺を治す時は先に肝臓を治す。私は処方の中に肝臓を治す生薬を入れないとダメ!

 

背中の感覚を聞いたら、冷たい部分は実は左の背中に偏っている。

左の胸は引きつらて不調を感じ、不調の部分は、背中と同じサイズ。

 

まるで投影みたに前後対照。

 


 

そして、もう一つ不思議な症状がありまし。

患者さんは夜の2時に目覚めて、悪寒は左だけに起きて汗が出る。

陽が陰に入れない症状、なんで治療すればするほど悪化しただろう?

 

右の背中は悪寒もないし、汗が出るのもない。

同時に白い痰を吐いて、3時以後にやっと寝れる。

 

西洋医学の検査では、右の肺は呼吸が正常。

左の肺は呼吸が浅くて、ちょっと速い。

 


 

患者さんは私の意見を採用して、すべての侵入性の検査はしてない。

再び処方したのは、3月14日の処方箋に柴胡、オウゴン、ウコン、四物湯などを追加。

 

柴胡(さいご)の画像

柴胡(さいご)の画像

 

飲んでから患者さんが言うのは、夜中の2時には目覚めない。

でも、4時~5時の間に目が覚めるようになった。

 

それで、患者さんは自ら漢方薬を止め。

止めてから気づいたのは、朝までぐっすり寝れる。

 

今の症状は

  • 白い泡状の痰が出る
  • 不正出血はまだあり
  • 左の肩甲骨あたりに、拳みたいな範囲の冷たさは変わらない
  • 右脇腹の腫れと冷えは変化なし
    肺を攻撃すると肺の時間帯に起きる。肝臓を攻撃すると肝臓の時間帯に起きる。どちらもダメなので、守ることにした

 

師匠から教わったのは、攻撃してダメだったら守る。

不敗の状況を維持して、あとでチャンスを見つけてまた動く。

 


 

2008年4月。

4回目の診察。

 

処方箋は以下の通り:

帰耆建中湯(きぎけんちゅうとう) に白朮、茯苓、乾姜、トリカブトを追加】

飲んでから患者さんが言うのは、朝方1時~5時に1時間毎に目覚めて白い痰が出る。

 

とてもつらいので、また自ら漢方薬を止めた。漢方薬を止めたら朝まで寝れる。

 

f:id:li-hari:20180420174812j:plain

十棗湯の中の生薬:芫花

 

もし患者さんが座って寝るしかない場合、私は十棗湯を使います。

ニハイシャ師匠は何回も言ってましたが、これが十棗湯を使うチャンス。私も師匠が使うのを何度か見て、その素晴らしい効果が分かる。


しかし,彼女は仰向けで寝れるのです。

どうしたら良いのか?

 

私はずっと悩み続けました。

 

もう一度傷寒論を開いて見て、いろいろ考えました。

 

傷寒論の条文には、座って寝るしかない以外にも十棗湯を使う時がある。

もし、医書に書いたタイミングより早めに肺の水を出したらどうだろう?

  

私は試す事を決めました。

 

私は心から知っています。

この肺の水を出さないと、将来彼女は確実に肺がんになる。

 

十棗湯(じっそうとう)を飲んで、嘔吐・下痢したあと朝までグッスリ寝られうようになった

 

2008年5月3日。

5回目の診察。

処方箋:十棗湯(じっそうとう) 1回分。

(薬は漢唐診療所の粉薬、なつめを茹でた汁で飲む。)

 

この薬を飲んでから、2008年4月の処方箋を飲む。

 【帰耆建中湯(きぎけんちゅうとう) に白朮、茯苓、乾姜、トリカブト】

 

患者さんが言うのは、朝7時15分に飲んでから気持ち悪くなり、お腹が激痛。人がだるくて、起き上がれない。

 

ご主人からは電話が入りました。

「救急車呼んだほうが良いですか?」

 

私は慰めました。

「とりあえず様子見ましょう。

一人ひとり体質が違うので、すぐ下痢するとは限らないです。」

 


 

朝10時頃、患者さんは排便が始まったけど、下痢ではない。

嘔吐で吐いたのは、薄いグレー色の液体と黒い粉末。

その後はたくさんの痰を吐いた。

 

午後5時、初めて10何回の下痢になりました。

嘔吐ではもう出るものがなく、乾いた嘔吐がするだけ。

手足が氷みたいに冷たくなり、汗が出る。

 

何人の患者さんから話を聞いたけど、十棗湯を飲んでから汗が出る.嘔吐.下痢、この3つの症状があります。

 

f:id:li-hari:20180420174313j:plain

十棗湯の生薬の一つ:甘遂

 

午後7時、すべて正常になり、事前に準備したお粥が食べられるようになりました。

 

1時間後には手足が温かくなり、その晩は朝までぐっすり寝れるようになりました。

その後は漢方薬を飲んでも、咳で起きる事はなかった。

 

2日下痢したあと、不正出血は治った

 

2008年5月17日。

見た目でも分かるけど、患者さんの顔色が良い。

顔にある薄い黒色は消えて、珍しく笑顔が見えました。

 

患者さんが言うのは、十棗湯(じっそうとう)で2日下痢した後、急に生理が始まって、その後はチョロチョロの不正出血が完全に消えた。

水の病気だとも言えるでしょう。

経言:水分,此病易治,何以故,去水,其経自下。)

 

背中の冷たい場所は、親指みたいなサイズに縮まり、場所も方に近い所に移動。右脇腹は強く押さない限り痛くない。

 

甘遂半夏湯を使わなくて済む。ニハイシャ師匠が言うのは、十棗湯のわき腹まで痛いのは、水が肺の下にあるから。甘遂半夏湯のわき腹が痛いのは、水が肺の外側の隔膜にあるから。

 

たまには咳がする。痰は少ない。

たまには朝方4,5時に起きるけど、すぐまた寝れる。

 

面白いのは口の中が辛いのもなくなった。

この治療例のために、私も何日か不眠症になりました。やっとホッとして寝れるようになりました。

 

今日の処方箋:

【射干麻黄湯、八珍湯、乾姜、加工したトリカブト】

 

諸症状が完治

 

2008年5月31日。

患者さんが言うのは、もう完治。

 

一人の師匠から教わったのは、患者さんは私たちの一番良い先生。

本当にそうだと思いました。

 

この治療例で私が分かったのは、トリカブトと甘遂の違い。 

 

トリカブトの画像

トリカブトの画像

 

冷えがある時、ナマのトリカブトじゃないと駄目です。 

しかし、水が貯まりすぎた場合は、甘遂じゃないと駄目。

 

水の処理が終わった後、加工したトリカブトで陽気を固定しないと、水がまた戻る。 

なぜナマのトリカブトで患者さんが寝れないのも分かりました。 

 

ナマのトリカブトは、水を蒸発させて水蒸気になるけど、もともと水が多いのに水蒸気が溢れて、患者さんは逆になれないのです。水が貯まりすぎた場合は、ナマのトリカブトだけでは処理できない!

 


 

この治療例を書いたのは、自分の功績をアピールするためではないです。

 

日ごろ、いろいろ教えて頂いた師匠に感謝を表すためです。

師匠のお陰で、弟子の私はもう少し進歩しました。

 

ほかの弟子たちにも参考になれば幸いです。私みたいに同じ過ちを踏まないように。

 

倪海厦(ニハイシャ)先生の評価

 

張孟超はカリフォルニアの開業医です。

皆さん、彼の治療例を見て彼がどれだけ強いか分かったでしょう。

 

思考がはっきりしている。

経方の最強の処方箋が出せる。

きっと将来に輝く漢方医です。

 

彼は私が自慢している弟子の一人。

 


 

上で話した患者さん、すでに肺がんの初期です。

 

西洋医学は、肺がんの初期なんか診断できません。

検査で分かった時は、すでに肺がんの末期。

 

超孟超の処方箋の技は、思考が非常に正確で、タイミングを掴んだのも良い。だから、患者さんの長年の苦痛を解決してあげられた同時に、肺がんの予防もしている。本当に素晴らしい。

 

私は生徒さんの治療例をここに公表するのは、一つの考え方だけです。

本当の中医学はどこまで治療できるのか。

 

私の生徒さんたちの治療成果は、すでに私の予測を超えています。

 

こんな素晴らしい弟子たちが、海外で人助けをしていて本当に嬉しいです。

 

我々中医学はCMをやる必要がありません。

実力を見せれば、西洋医学は相手にもなれない。

 

李哲の感想:日本には生薬がない!

以前、十棗湯(じっそうとう) を試して見たくて、何十年もやっている外苑前の五行堂漢方薬局に訪ねた事があります。

 

答えは非常に残念でした。

芫花(げんか)、大戟(たいげき)、甘遂(かんつい)は輸入禁止。

 

ナマのトリカブトもない。

あるのは加工したトリカブト。

 

加工したトリカブトは1回で3gまで、多く入れたい場合は医師免許が要る。(中国では普通に30g~50gを使ってますが)

 

こんな制限があると、漢方医は肺水腫など治せません。というか、ほかの重症化の腹水.むくみも治せない。

 

日本にも郊外に行けば、ナマのトリカブト.大戟など薬草があるそうですが、自ら生薬を取りに行くしかないですね。