本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

発熱の困惑:高熱が続くと頭が悪くなる都市伝説は本当か?嘘か?

こんにちは。李哲です。

今日は中医師:鄭智城医師のブログ記事を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

发烧的迷思:传说中的烧坏脑子到底是真的还是假的?_郑智城_新浪博客

翻訳文

親がよく心配しているのは、子供の高熱。

発熱すれば、すぐ頭が真っ白になり、何でもかんでも病院の治療を受けます。

 

何故かと言うと、親たちが心配しているのは都市伝説:熱を下げないと、脳が熱でおかしくなる。

 

歴史上、確かにこのような事はありました。

流行性脳脊髄膜炎(りゅうこうせいのうせきずいまくえん)は、高熱のあと生き残ったけど、智力がだいぶ落ちる。

 

この病気を除いて、発熱の事実は違います。

発熱は子供の成長に欠かせない段階。

 

子供が発熱するのは、夢にも来てほしい事です。

発熱したあとの子供は、賢くなるし身長がぐっと伸びる。

セミの抜け殻の段階みたいに急に変わります。

 

このような発熱がなかったら、身長と智力の向上は難しい。

 

 f:id:li-hari:20180616195939p:plain

 


 

上の理論には、反対する人もいるでしょう。

「私たちの子供は発熱が少ないけど、身長も智力もあります!」

 

あなたの子供はもともと身長180cmになれる、IQが130にもなれるのに、発熱が少なくて今は170cmでIQが99だけである場合、どう思いますか?

 

子供の発熱は、田舎若しくは年配者の記憶によくあります。

 

田舎の年配者たちは、子供が発熱してもあまり気にしません。

発熱したあと、子供はぐっと身長が伸びて賢くなるのを知っているから。

 


 

それでは、なぜ「高熱で脳細胞がおかしくなる」という話があるのか?

 

現在の発熱に対する処理が間違って、強制的に発熱を中止させたからです。

 

もともと子供は風邪を引いたあと、若しくはワクチン接種のあとに発熱します。これは体が自動的に抵抗する過程であります。

 

体には免疫システムがあるのを知っているでしょう。発熱は免疫システムが働いている過程です。

 

もともと、この過程は3~5日で終わるもの。

しかし、今の親たちはすぐ病院に運んで治療する。

 

病院の治療も、だいたい点滴して熱を下げる。

むりやり子供の免疫システムが抵抗しているのを押し潰すのです。

(お医者さんの本意は、体を助けて侵入者を倒す)

 

発熱は薬で下げてはいけない!発熱は体の免疫システムが働いている過程!

発熱は薬で下げてはいけない!発熱は体の免疫システムが働いている過程!

 

結果的には、この免疫システムは後ろからナイフで刺され、すぐ負けて働けなくなる。外からの侵入者もだいぶ死んだけど、悪いやつは簡単に全滅しない。

 

生き残った悪いやつらが目を覚ましたら、目の前は抵抗する軍団がない。喜んで更に進軍。

 


 

なぜ小さな風邪で、肺炎になり腎炎になるのか?

これが原因です。

 

もともと悪いやつらは、鼻.咽頭などでグルグル回っていて、免疫システムがあるので中には入れない。今はヨシヨシ、直接に肺と腎臓など大切な要害に飛び込める。

 

だから、この発熱が中止された結果は、非常に怖いです。

子供の生命力は、シッカリ打撃を受けて押し潰される。

 

抗生物質は純粋な陰のもの。

均等的に全身に周り、いろんな臓器で持久的な作用をします。脳を含めて。

 

だから、このような熱を下げる処理で、子供の智力が下がるのは当たり前のこと。

 


 

事実の真相は、高熱で脳の細胞が死なない。

強制的に熱を下げる処理で、智力が下がる。

 

真相が分からない人たちが知っているのは、ただ子供の熱が下がったあと少しバカになっている。だから、たくさんの人が出した結論は、「発熱で脳細胞がやられる。」

 

子供の発熱に対する正しい態度は、親が先に喜ぶこと。

子供の身長と智力が伸びるチャンスが来たから。

子供の様々な難病、例えば白血病・1型糖尿病などが治るチャンスが来た!

 

もし、あなたが発熱の正しい治療法を知らなかったら、なにも治療しないで下さい。

 

多数の場合、子供は1週間で熱が自然に下がります。

 

発熱の時は、急に子供の身長と智力が伸びるので、あなたは裏でニヤニヤしていいです。