本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

インフルエンザを治した漢方薬症例3つ

こんにちは。李哲です。

今日はニハイシャ先生の弟子が投稿したのを翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

新流感(H1N1)

 

 

子供の頭痛、熱がすぐ治った

●王さん、女の子、13歳。

初診は1998年11月2日。月曜日。

 

診察に来た原因:後頭部の頭痛、疲労感、熱。

 

(王さんを見たら表情がとても疲れている。お母さんが言うのは、病院でインフルエンザだと診断されて、西洋薬を5日飲んでいる。

 

この2日は飲んでないから、今日体が辛い。明日から学校が始まるので、今日治療しに来た。)

 

望診:舌は赤くて、舌苔は脱落した所がある。唇は少し赤い。

問診:後頭部の頭痛。咳があり、痰は黄色。大便は2~3日に1回。大便は出にくい。最近の生理は10月15日。口が渇く。汗はかかない。

 

触診:おでこは少し熱い。背中も熱い。体温を測ったら37.3。

 

脈診:右寸関浮細弦。押した時、脈は広くて大きいけど、無力。

 

診断:外は風寒。中は熱がこもっている。

 

以下の処方箋は、仙豊メーカーの粉薬を使用。

 

処方1:

大青竜湯12g。麻子仁丸0.6g。

3×2。

 

処方2:

葛根湯3g麻杏甘石湯4g麻子仁丸0.6g 金銀花1g レンキョウ1g

4×3

f:id:li-hari:20180606115238j:plain

連翹(レンギョウ) の画像


(お母さんに教えましたが、王さんは体温が少し高いので3時間に1回大青竜湯を飲ませます。汗が出て熱が下がったら、処方2に変えて下さい。漢方薬を飲んだあとは、風に当たらないように気をつけて下さい。

 

夜10時頃、お母さんから急に電話がありました。漢方薬を飲んだあと熱が38度になったけど、どうすればいい?

 

私は答えました。まだ1包しか飲んでないから、慌てないで下さい。少なくとも2包飲んでからまた様子を見ましょう。

 

火曜日の夜、お母さんに電話してみたら月曜日の夜中1時に、子どもを起こして漢方薬を飲ませた時、体温が少し下がって朝5時にまた漢方薬を飲ませた時、熱は完全に下がった。朝は普通に学校に行った。夜戻ってきたら、活気が溢れてこれから勉強すると言ったそうです。

 

今まで西洋薬を飲んでから頭がぼっとして、全然勉強ができてない。今は治ったから、足りなかった分を取り戻す勢いだそうです。)

 

付録: 

傷寒論38条

太陽中風,脈浮緊,發熱惡寒,身疼痛,不汗出而煩躁者,大青龍湯主之。

 

頭が重くて身体が締め付けられるようなお母さん、漢方薬3包で治り

厳さん、王さんのお母さんです。42歳。

初診は1998年11月2日。月曜日。

 

診察に来た原因は、この2日体が辛い。頭が重くて身体が締め付けられた感じ。

 

望診:舌苔は白。

問診:胸が痛い。喉が痒い。胃が膨張してつらい。汗が出る。身体が締め付けられた感じ。頭が重い。

 

触診:

体温は測ったら37度。

 

脈診:右の寸関浮細弦。押したら脈は広くて大きい。

 

診断:

湿気が体表に残っている。

 

処方箋:

大青竜湯12g

平胃散1.5g

3×3

 

(火曜日の夜、電話した時、彼女が言うのは漢方薬を3包飲んでから良くなったので、残っている漢方薬を貯蔵している。万が一家族の誰かが高熱になった時使えるから。

 

何故かと言うと、私がこれはインフルエンザを治す処方箋だと教えたので。アイ!本当に余計なお世話。

 

私は彼女に教えました。もし家族に高熱になったら、できるだけ連れてきて下さい。漢方薬を間違って飲まないで。)


付録:

傷寒論39条

傷寒,脈浮緩,身不疼,但重,乍有輕時,無少陰證者,大青龍湯主之。

 

発熱などの諸症状がすぐ治った例 

頼さん、女性、31歳。

初診は1998年11月16日。

 

診察に来た原因:発熱

 

望診:舌苔は白。舌は赤い。

問診:全身が重だるくて痛い。吐き気がする。咳があるけど痰は少ない。白い鼻水が出る。ゲップが出る。夜中には喉が痒い。軟便。腹痛。食欲不振。

 

触診:体温は測ったら37.8度。

 

脈診:右寸関浮細弦。押したら脈は太くて広いけど無力。

 

診断:

外は風寒にやられ、中は熱がこもっている。

 

処方箋1:大青竜湯15g、天花粉1g、魚腥草1g。3×2。

処方箋2:葛根湯5g,葛根芩連湯1.5g、小柴胡湯3g、厚朴1.5g、杏仁1.5g。4×3。

 

(頼さんは自分がインフルエンザかな?と質問、私は「似ている」と答えました。

 

彼女はつらいから、仕事を休みたいそうです。私は彼女に病院の検査を受けてインフルエンザだと診断を貰えば、会社を休めると教えました。

 

そして、インフルエンザだと診断されたら、病院の西洋薬を飲むか?と彼女に聞きました。

 

彼女の答えは、要らない。

 

なぜ要らないのかを聞いたら、彼女が言うのは3人の同僚が同じ風邪を引いて、2人は私の所に来て今は普通に仕事している。もう一人は病院の治療を受けてから、未だに入院中。だから彼女は病院の治療を受けない。

 

この人は本当に賢い人。

 

漢方薬の飲み方を彼女に教えました。

3時間毎に1回大青竜湯を飲む。だいたい3包飲んだあとは熱が下がるはず。汗が出て熱が下がったら、処方箋2に変える。

 

漢方薬を飲んだあとは、風に当たらないように気をつける。

 

火曜日の朝9時くらいに頼さんの旦那さんから電話があって、「まだ熱があるけどどうしたら良いのか?」

 

私の答えは、「もう1包飲んで熱が下がらなかったら、午後に診療所に来て下さい。」)

 

頼さん 31歳。

2回目の診察は、1998年11月17日。

 

診察に来た原因:発熱。

 

望診:舌苔は白。舌は赤い。

問診:腰痛。吐き気がする。咳があるけど痰は少ない。頭痛。ゲップが出る。食欲不振。全身の重だるいのと痛みは消えた。

 

触診:体温は測ったら38度。

 

脈診:右脈は細軟無力。左関尺浮細弦(アイ!失敗した。前回もっと細かく診察すれば良かったのに。)

 

傷寒論38条

太陽中風,脈浮緊,發熱惡寒,身疼痛,不汗出而煩躁者,大青龍湯主之。若脈微弱,汗出惡風者,不可服之,服之則厥逆,筋惕肉瞬,此為逆也。大青龍湯主之。

 

診断:太陽症と少陰症、両方あり。

処方箋:

小柴胡湯5g、旋覆花代赭石湯3g,麻黄2g、加工したトリカブト2g、細辛1g、炙甘草1g、乾姜1g、厚朴1g、杏仁1g。

4×2。

 

f:id:li-hari:20180516143907j:plain

旋覆花(せんぷくか)の画像

(頼さんは11月19日の木曜日に3回目の診察に来た。何回飲んで熱が下がったかを聞いたら、頼さんが言うのは2包を飲んで熱が完全に下がった。

 

頼さんは「病院の治療を受けたらどうなるのか?」と質問がありました。

 

私の答えは、「貴方みたいに体が弱い人は、確実に入院するでしょう。」

後々で頼さんの同僚が診察に来た時に話を聞きましたが、頼さんはもう仕事しているそうです。)


付録:

傷寒論135条
陰病,始得之,反発熱,脈沈者,麻黃附子細辛湯主之。

 

結語の方は省略。

李哲の感想

インフルエンザであろう、普通の風邪であろう。

自覚症状があれば、針は有効です。

 

何故かと言うと、針は風邪のウィルスを殺すのではなくて、体の免疫システムを強化して、体自分で自分を治すようにしているから。

 

以下は一つの症例なので、参考にしてください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

風邪の原因はウィルス。

そして、ウィルスを殺せる薬もないと西洋医学も認めています。

 

だから、風邪・インフルエンザになった時は、西洋医学の治療はあきらめてください。

 

何もしないで安静するか。

若しくは、鍼灸・漢方薬の治療を受けたほうが治りが早くなります。