本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

日本脳炎予防接種後の副作用:発熱、粘っこい血便を3日の漢方薬で治した例

【※本記事は2020-02-08更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

ニハイシャ先生の弟子が投稿した記事を翻訳しました。

 

日本脳炎ワクチン予防接種の後に現れた副作用:発熱(40.5度まで上昇)と血便を刺絡療法・漢方で治した例です。

 

中国語本文のリンク先は、

新增網頁1

 

記事概要

 

以下は子供のお父さんの記録です。女の子、1歳3ヶ月。7月19日に日本脳炎ワクチン予防接種して、7月20日から発熱しました。治療は7月24日に終わり。先日電話してみたら、7月26日からはずっと無事です。

日本脳炎ワクチン予防接種後、40.5度の高熱発熱が起きたけど、刺絡療法で2時間後に38度に下がった

 

2010年7月19日。

午前11時半。

日本脳炎の予防接種して、夜寝る時に子供の額が熱くなったけど、あまり気にしてなかったです。(あとで考えだしたら、予防接種の前に下痢便がありました。)

 


 

2010年7月20日。

症状が変わりました。

一日中発熱していて、夜間はもっと発熱。

頭、四肢、手足の裏、全部熱いです。

 

今日の一日の大便は多い、水もよく飲む。

夜は冷房の部屋で寝て、子供を触ると足が冷たい、手と顔は熱くて測ったら40.5度!

 

急いで両手の少商穴で刺絡し、1時間後には39度になり、2時間後には38度になりました。その時はすでに夜中の2時。やっと安心して寝れました。

 

あなたがインフルエンザであろうと、日本脳炎であろうと、高熱・頭痛などの症状は鍼治療ですぐ改善できます。以下は一つの鍼治療例、どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net

 

「葛根黄連黄芩湯」で排便回数が減り、熱も少し下がって食欲が回復してきた

 

2010年7月21日。

発熱が続いています。

大便は多くて、粘っこい湿気が多くて臭い便が出る。

 

私はすぐ葛根黄連黄芩湯を、午前中と午後に管で飲ませました。

しかし、あまり改善されてない。

 

f:id:li-hari:20180525181804j:plain

葛根湯の生薬:葛根(かっこん)

万さんから教わったのは、「処方箋はOKだけど、量が足りない。」

夜の10時に6ccを飲ませたら、夜中の3時と5時に2回下痢しました。

 


 

2010年7月22日。

午前中にお粥を食べさせたら、食べる量が少ない。水もあまり飲まない。

発熱はまだあり、ずっと泣いて、午前10時から12時までは寝てくれました。

 

起きた後は急に汗が出て、目玉が上に吊り上がって頻繁に水を飲みたがる。

お風呂に入れて汗を拭いて、お粥を少し食べさせたら、食欲が回復して水もよく飲みました。

 

食べ終わったあとは2時間寝て、上半身が少し汗ばむくらい。

寝起きは午後3時、シーツは半分濡れていて、オムツも満杯状態。変えた後、またすぐ満杯状態。

 

お粥を食べさせたら、ちょっとしか食べてない。

夜10時までは発熱してないです。

排便はまだ粘っこい、湿気が多くて臭い。

ただし、排便の回数は減りました。

(当晩、食べさせたのは固形物、魚のスープ)

 

排便の回数、食欲などは健康であるかどうかをチェックする一つの基準です。ほかにも、中医学は健康に対する基準があります。詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

発熱が再び39度まで上昇し、粘っこい血便も出た

 

2010年7月23日。

今日はとても蒸し暑い。

午後の台中は大雨警報。

 

嫁さんは子供を連れて、新竹の実家に帰り午後6時に新竹に着きました。

おばあちゃんが孫を抱いてみたらまだ発熱があって、夜10時半に嫁さんから「熱が38.5度、熱が下がらない」と電話がありました。

 


 

2010年7月24日。

朝8時に電話が来て話したのは、発熱は39度になっている。

午前中に下痢便2回。

 

(あとで知ったのは、嫁さんはワクチン接種してくれた小児医に問い合わせした所、答えは:ワクチン接種後の1日の発熱だけ。診断は胃腸炎。もし血便があったらサルモネラ感染症

 

血便に関して、ほかの先生の治療例もあります。

以下の記事、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

午前中の2回の排便には、血が出てない。

私は葛根黄芩黄連湯の煎じ薬を作り、10cc飲ませました。午後12時半に飲ませて、午後2時半になっても体温が下がらない。

 

その間に2回下痢便。

量が少なくて粘っこい便で血も出ました。

 

粘っこい便は鍼治療の効果も良いです。

以下は一つの例、どうぞご参考にしてください。

 

www.li-hari.net

新しい漢方薬で熱も下がり、血便も治った

 

再び万さんに聞いたら、処方箋をくれました。

当帰1銭、芍薬と黄連2分、枳実5分、檳榔5分、生甘草3分。

 

3杯の水で1杯になるまで煮詰め、1回で半分飲ませました。

 

f:id:li-hari:20180514204532j:plain

黄連(おうれん)の花

 

午後5時に飲ませ始めて、6時半に1回汗をかいて、その時お粥を食べさせてお風呂で体を洗いました。その後はもう1回お粥。

 

8時くらいには体温が36.8度。

夜8時半頃にはもう1回下痢便。

大便は粘っこいけど、血は出てない。

体温は37.1度になりました。

 

8時から10時の間に少し汗をかいて、10時には体温が36.7度。子供も一日の治療で疲れたのか、ぐっすり眠りにつきました。

 

李哲の感想:病気は漢方薬・鍼灸で治せるのに、なぜワクチンが要るのか?

 

ワクチン接種後に現る発熱現象、西洋医学の先生は正常だと言います。

これはとても矛盾な言い方。

 

風邪を引いて高熱が出たときは、なぜ正常だと言わないでしょうか?正常なら薬も要らないはずですよね?

 

40度を超える高熱で、背中が反るくらいけいれんする症状は、めったにありません。ただし、西洋薬を使うと生じやすいです。特にワクチン接種後。

 

ワクチンの副作用はたくさんあります。

もっとも多く言われるのは、発育不全を伴う自閉症。

 

www.li-hari.net

 

アメリカには「ブルーカード」があって、宗教上の理由でワクチンを拒否できます。日本はどうでしょう?

 

義務ではないですが、ワクチン打ってないと周りの親から睨まれます。「責任がない親だ!」「うちの子に移すな!」と言われるのもあるそうです。

 

ワクチン接種すれば抗体ができて、病気にもならないはずなのに、なんで心配しているのか?なんで自分の子が病気になった原因を、他人の子供のせいにするのか?アホな考え方で笑うしかない。

 

ワクチン接種後のひどい高熱も、漢方薬で治せるなら、普通の高熱・頭痛などはさらに解決しやすいものです。

 

以下は漢方薬で発熱、全身が痛い、頭痛などの症状があるインフルエンザを治した例。参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

なにが問題があったら、漢方薬もしくは鍼治療を受けてください。

 

ワクチンは大きな社会問題にもなり、今はワクチン反対する親も増えています。ワクチンは信頼できるものか?ワクチンは必要があるのか?接種する前に、よく情報を調べてから受けてください。

 

「みんなやっているから大丈夫だろう。」と思ってはいけません。

ある日子供の自閉症が発作したら、親は一生の痛みになります!

 

以下は中医学先生が、自分の子供の異常とワクチンの関連性を書いた記事。参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net