本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

病院の先生すら抗がん剤を受けないのに、患者には容赦なく使う。先生たちの良心はどこにあるのか?

【※本記事は2019-12-06更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカの中医師:鄭智城先生*1の文章を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

化疗都是给别人做的:就连医生自己也不做化疗_郑智城_新浪博客

翻訳文

今日一人の患者さんが来ました。

友人と奥さんが同伴で。

 

とても痩せているお爺ちゃん。

目の下がけっこう腫れているけど、幸いにも下半身のむくみはなくて、精神状態はまだ良い。

 

友人の紹介では、この友達(お爺ちゃん)は去年の7月に胃に腫瘍が見つかり、手術後に見たら少量の癌細胞があって、良性の腫瘍だそうです。

 

手術後には、「少量」の癌細胞のせいで、お医者さんは7日間の抗がん剤療法を薦め。抗がん剤療法が終わったあと、顔色が黒くなり両足に力が入らない、体重が急激に落ちました。

 

このお爺ちゃんは中医学の存在を知りません。


お爺ちゃんは一人で頑張って抗がん剤の副作用に耐えて、ある日隣人(お爺ちゃんを連れてきた人)がお爺ちゃんの顔色がとても悪いので、いろいろ話した結果、私の診療所に来たのです。

 


 

お爺ちゃんの脈診は、とても弱い脈。舌は赤くて潤いある。舌苔は黄色くて分厚い。

 

今の症状は、

  • 食べたい気持ちはあるけど、少し食べただけで胃腸が腫れて辛い
  • 便秘
  • おならがとても多くて臭い
  • 食欲はまだ良い
  • 息が吸いづらい

 

病状は簡単明瞭です。

中焦の損傷で、上と下がつながりません。

 

上は食欲があるけど、少し食べただけで胃の膨満感が出る。

下は大便が出ない。

 

このような胃腸の問題は、たくさん見てきたので簡単です。

すぐ処方箋出しました。

10日分。

 

実はお爺ちゃんの状態だと1ヶ月分の漢方薬を出しても多くないです。

ただし、本人が漢方薬を飲んだことないし、年も年だし(81歳)、飲んでから様子を見る事にしました。

 

面白いのは私が問診する時、おじいちゃんが無意識に話した一言。

「お医者さんすら抗がん剤をやりません。」

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180615/20180615131742.jpg

 

お爺ちゃん夫婦は頷いてました。

彼らが行った病院、胃腸科のある先生は胃がんになったけど、手術をしただけで抗がん剤はしてない。漢方薬と他のもので治しているそうです。

 


 

これは本当に笑い話です。

中国の俗語「己所不欲施于人」

己の欲せざるところは人に施すなかれ。

 

抗がん剤の猛毒と無効はお医者さんも知っているけど、自分が病気になったらやらない。でも、患者さんには勧める。

 

少しの良心でもありますか?

 

www.li-hari.net

 

昔、タバコ業界がみんなに叩かれた時、タバコ業界の人はこんな話をしたことがあります。

 

タバコは自分が吸うものではない。

有色人種、貧乏人、婦人、児童に吸わせるものだ。

 

この話が出てから、タバコ業界は騒動になりました。

 


 

今の医薬業界にも、似てる話が流れているでしょう。

抗がん剤はお医者さんに使うものではない。他人に使う、特に無知な人に使う。

 

台湾には許達夫という脳外科医がいました。

30年間で1万件以上の手術をしている先生です。

 

ある日、彼は大腸がんになり、とても驚いてました。

幸いにも彼はお医者さん。

幅広い調査と研究をしたあと、彼は抗がん剤も放射線もやらない。

 

この決定は彼の同僚に、悪質な模範になったと指摘されました。

 

医学業界にとっては悪質な模範でしょう。

しかし、自分にとっては賢い決定です。

彼は今でもちゃんと生きていて、テレビの取材まで出ました。

 

www.li-hari.net

 


 

私は中医師で、よく自分で漢方薬を試します。

毒性が強い漢方薬を飲んでも大丈夫だけど、患者さんに出す時は気をつけます。

 

西洋医学は良いですね。

毒性が強い薬品は、自分では怖くて試さない。

患者さんに飲ませるのは、慈悲もなく使うときは一秒も油断しない。

 

怖いものないでしょうね。

患者さんは入院治療を始める時、すでにたくさんのサインをしているから。


死んでも良いと同意書にサインしたら、お医者さんも激毒物をバンバン使うわけ。

*1:鄭智城先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。