本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

置鍼してる間の睡眠の面白い話

f:id:li-hari:20180425112611j:plain

こんにちは。李哲です。

ある女性から聞いた感想。

 

鍼をして置いてる間(置鍼中)、いつの間にか寝てしまい、その寝た感じがいつもの睡眠と違うそうです。

 

彼女が言ったのは、「なんと言ったら良いでしょう?気を失った感じ?夢も見ないし、すごく透明な睡眠。」

 

置鍼中、寝ている方は多いですが、彼女みたいに寝た感じを詳しく説明してくれたのは初めてです。

 

私もたまに昼寝をする時、針を刺したまま寝ます。

 

あまり眠くない日でも、針を刺してしばらく経つと意識がなくなります。

 

30分くらい経って、起きる時はスッキリ。

 

なんだか良く分からないけど、いつもの睡眠と違う感じ。

 

彼女の説明があって、言葉に感銘しました。

確かに透明な感じでした。

 

置鍼中の睡眠は不思議なもので、わずかの20分でもすごく深い眠りに入って、起きた後はスッキリになる。

 

置鍼中、寝ている間に何が起きたか我々は分かりませんが、少なくとも体に良い事は分かります。

おそらく、気の巡りが変わって身体は修復する為に、自分を寝かせているでしょう。わざとシャットダウン。

 

睡眠はいかに大事なものか、教えてくれる感想でした。