本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

科学と詐欺は双子:小児麻痺が歴史で消えた本当の理由【翻訳文】

こんにちは。李哲です。

今日は中医師:鄭智城医師のブログ記事を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

科学和欺骗一直是孪生兄弟:小儿麻痹症在历史上消失的真相_郑智城_新浪博客

翻訳文:

小児麻痺を話すと、皆さんは怖い印象しかないでしょう。

例えばルーズベルト大統領の身体障害。

 

そして、皆さんは西洋医学の無限感激。

西洋医学のおかげで、徹底的に小児麻痺をなくしたと思う。

 

真実は本当にこうなのか?

 

アメリカ有名なメルク(MRK)製薬会社の医師手帳には、98%の小児麻痺は10~14日で自己治癒する、そして永久に免疫を持つと書いています。

 

残りの2%の感染者の中で3種類があります。

 

中の50%は、また自己治癒。

残りの50%は複雑である。一部分は自己治癒が遅い。一部分は自己治癒ができなくて、本当の小児麻痺になる。若しくは死亡。

 

つまり、統計してみると、0.04%の感染者が最終的にメディアで言う怖い典型的な小児麻痺になります。

 

つまり、10000人の中で4人が不幸に麻痺、若しくは死亡。

 

歴史上で小児麻痺ワクチンは、1954年4月12日から大規模なワクチン接種をしました。その時から全米各地の小児麻痺患者は大幅に増えて、バーモント州は266%増加、ロードアイランド州は454%増加、マサチューセッツは643%増加。

 

あまりにも患者が増えて、ユタ州とアイダホ州は本州でのワクチン接種を禁止。

何故かと言うと、ワクチン接種運動を始める前、この2つの州は小児麻痺患者がいなかった。でも、ワクチン接種を始めてから小児麻痺患者が増えたから。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180615/20180615164115.png?1529048482 

 

1955年6月、災難が起きました。

一つの大規模なワクチン接種の時、製薬会社のミスで完全に生きている生ワクチンを使用して、4万人が感染され164人が麻痺、10人が死亡。

 

これでアメリカ国民は激憤しました。

 

アメリカ政府も焦って、最後は一つの方法を考え出しました。

それは大幅に小児麻痺診断基準を変える。

地方政府若しくは銀行に負債が多い時、創作的な方法で会計をもう一度やり直すのと同じ。

 

1954年以前、小児麻痺の感染定義は毎10万人に6人の感染者が出れば伝染病だと認定する。

 

1955年以後に修正してからは、毎10万人に35人の感染者が出たら伝染病だと認定する。

 

1954年以前の基準は、ある人が四肢の麻痺若しくは無力感が3日以上続くと小児麻痺患者だと認定する。

 

1955年以後の修正してからは、四肢の麻痺若しくは無力感が60日以上続いた場合だけ認定する。

 

でも、ちょっと待って下さい。

メルク製薬会社の医師手帳には、98%の感染者が10~14日で自己治癒すると書いてます。良いですか?

 

このような修正で、3日の観察期間が60日に変わり、98%の大幅な減少が出るのは、当たり前の事です。

 

だから、1961年著名なポリオワクチン(セービンワクチン、Sahiu vaccine)が産まれた時、アメリカで小児麻痺はほぼ消えてました。

 

現状として、1979年以来アメリカでは小児麻痺患者が出ていない。

たまに出るのは、ワクチン接種でなった小児麻痺患者。

 

悪魔に選ばれた子みたいに。

これはワクチンの副作用です。

 

自然な状態で発生する小児麻痺は1979年から完全に姿を消しています。

WHOは1994年に、西半球では小児麻痺を完全に根絶したと正式発表しました。

 

これが小児麻痺が消えた本当の歴史事実です。

 

皆さんは自分で考えて下さい。

小児麻痺ウィルスが自然に消えたのか、人類のワクチンの功績なのか。

 

文章の源は、

http://www.alabasterliving.com/blog/what-about-polio