本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

夜更かししても疲れない。下半身の重だるいのがなくなった。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180321/20180321134839.jpg

こんにちは。李哲です。

 今日は私の鍼灸治療記録、簡単な例です。

 

20代の女性。

夜更かしが多いそうです。

そして、昼間眠いときがある。

 

1回鍼をしたのは、背中の肝兪、脾兪、胃兪、腎兪、大腸兪穴。

響きを怖がっているので、軽く刺しただけ。あまり回してない。

 

置鍼は20分。

 

ツボの説明をしたいと思います。

 

夜更かしすると、必ず肝臓がやられる。

だから、夜は眠くなるようによく寝れるように、肝兪を刺し。

 

腎は肝臓の母。

『水生木』と言います。

だから、腎兪を刺して肝臓の強化を狙う。

 

中医学の理論では、

胃腸の調子は睡眠とも関係がある。

 

『胃不和則寝不安』という名言があります。

 

だから、脾兪と胃兪を刺し。

 

ほかの大腸兪穴はサービス。

腰を強化する作用もあるので、ついでに刺しました。

 

彼女が言うのは、翌日昼間は眠くもないし、以前から気になった下半身の重さがない。

 

反応の速さには、ちょっとビックリです。

 

もちろん1回で全部治るわけではないので、引き続き鍼治療が必要ですね。

 

今度また面白い感想があったら、書こうと思います。

 

関連記事:

li-hari.hatenablog.com

 

追記:

 

夜の仕事(例えばコンビニの夜勤)をしている人は仕方がないですが、なるべく早めに寝ましょう。

 

鍼をすれば元気になるから、夜更かししよう!と言うのはダメですね。