本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

2019年の挨拶

こんにちは。李哲です。

明けましておめでとうございます。

 

正月休みはゆっくりできたでしょうか。

新しいイノシシの年、幸運と幸せに恵まれる事を願います。

 

 f:id:li-hari:20181208110505p:plain

 

以下は2018年の感想です。 

去年を振り返ってみると、いろんな患者さんを診てきました。

効果が良い症例も、効果が薄いもしくはない例もある。

 

心に残るのは、何人かの末期癌の患者さん。

全力を尽くしても、末期がんには勝てなかったです。

最初から勝てる可能性が稀なのは知っていたけど、少しでも苦痛を減らしたいのが願い事でした。

 

患者さんがなくなってから、家族からの感謝の言葉を頂いて、悲しみ・悔しみ・嬉しい恐縮が混ざった複雑な気持ち。

もっと勉強して腕を磨いて、末期がんの辛い症状を楽にさせたいと思います。

 

末期がん以外の患者さんはいろんな改善が見られて、鍼治療のやり甲斐があって嬉しかったです。もう少し早く治す方法を常に模索中。

 

「中医学は死ぬまで勉強が必要、本が手放せない」と言われていますが、まさにそのとおりだと思います。

 

鍼の響きが強くて、1回きりで止める患者さんもいる中、頑張って鍼治療に通ってくれた皆さんにもお礼を言いたいです。

 

患者さんは臨床で一番いい先生。

書籍にないものを教えてくれるから。

 

治療方法に迷って、もしくは西洋医学の脅かし・誘惑に負ける患者さんもたくさんいました。人生の道で誰でも迷うときがあるので、患者さんのせいではない。これは前の記事でも心境を語りました。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

今年は臨床での鍼治療を頑張る以外に、漢方薬・鍼灸はどんな病気を治したのか、歴史上でどんな物語があったのか、記事でご紹介できればと思います。

 

少しでも皆さんの力になれるように。 

今年も宜しくお願いします!