本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

20年の下痢を止めて、自信まで持つようにした漢方薬

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカでの中医師:鄭智城先生*1の文章。

漢方薬を飲んでから、20年の下痢が治っただけではなくて、自信満々になった患者さんのエピソード。

 

中国語本文のリンク先は、

让人自信心提高的一个药方_郑智城

(2012-07-18 05:24発表)

 

20年の下痢が改善し、自信満々になった男性

 

一人30代の中国人男性。

中学生の時から下痢の持病があり、毎年秋冬からは咳と痰が出る。普段は原因不明の全身が震える症状もあるそうです。

 

こちらに治療しに来てから、何回かありました。

最近変えた処方箋で、彼は「著しい変化があった」と言ってました。

 

彼が言うのは「この処方箋を飲むと胃腸が楽です。簡単に下痢になりません。自信満々になったような感じがします。

 

「本当?自信満々にさせる感覚もありますか?」

「そうです。以前は毎回外出した時は、先にトイレを探しました。トイレを見つけたら一安心する感じ。集中力はすべて胃腸とトイレ探しに使っているので、自信なんかないですよ!

 

下痢でトイレに駆け込む男性

 

これはスパイみたいですね。

新しい場所に行くと、必ず先に出入り口を探す。随時逃げられるように。

 

この男性も同じ。

新しい場所に行くと、必ず先にトイレを探す。随時行けるように。

 

つまり、彼の胃腸は常に調子が悪くて、便を出したい時に出せない。自信感なんかも有りえなかったでしょう。

 

男性に出した処方箋は半夏、陳皮、茯苓、白朮、淫羊霍、クコの実、補骨脂、莵絲子、山萸肉でした。

 

f:id:li-hari:20180519171314p:plain

莵絲子(としし):滋養強壮の効果があり、腎臓と肝臓を養う力が強い。種なので生殖機能の強化ができます。

李哲の感想

長年の下痢、西洋医学の診断名はいろいろあります。

私が今まで診たのは、難病指定されているクローン病、潰瘍性大腸炎、リーキーガット症候群。

 

上記の3つの指定難病、

治ることを知ってください

(自慢話ではないですが、少なくとも私は治した事があります)

 

「治せない難病だ!」と言うのは、西洋医学だから治せないだけです。

 

なぜ中医学の先生に、尋ねないですか?

 

以下は過去記事の症例、参考になると幸いです。

 

▼クローン病の治療例

下痢から形がある便になり、すごい痩せ型から6kgも体重が増えた例です。

 

www.li-hari.net

 

▼潰瘍性大腸炎の治療例

血便が治り、足が暖かくなり、朝たちまで増えた男性の例です。

 

www.li-hari.net

 

▼リーキーガット症候群の鍼治療例

代表的な症状:ニキビ、下痢、腹痛、腹部膨満感を治した例です。

 

www.li-hari.net

 

▼難病指定されてはいないけど、長年の下痢で悩んでいる患者。

 

www.li-hari.net

 


 

鄭先生の処方箋を見ると半夏、陳皮、茯苓、白朮などが入っています。これは脾臓と胃を強化する生薬。

 

補骨脂、莵絲子は腎臓を強化する生薬。

胃の動く力は腎臓がバックで提供しています。

つまり、腎臓が弱いと胃の働きも弱くなる。

 

鄭先生がこの処方箋を出したのは、脾胃と腎臓の強化が狙いだと思います。

 

鍼灸治療では脾胃を強化するのが、得意分野だと言ってもいいでしょう。

 

胃痛は1~2回で緩和、若しくは完全に痛みが消える。

長年の持病でも、続けて治療すれば良い効果が出ます。

 

www.li-hari.net

 

たまたま外出先でお腹を壊しのに、トイレが見つからない。もしくは、すぐトイレに行けない。こういう時は、以下の記事のツボを覚えておくと役に立ちます。

 

少なくとも、便が漏れることはありません。

 

www.li-hari.net

*1:鄭智城先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。