本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

汚れた真実(Dirty Money)第三話:製薬会社の非人道的なボロ儲け。

こんにちは。李哲です。

今日は製薬会社と関連しているドキュメンタリー映画、第三話の内容を紹介したいと思います。

 

汚れた真実(Dirty Money)。

www.netflix.com

 

以下の記事を参考に、翻訳させていただきました。

(以下の記事には、たくさんの画像が添付されているので、中国語ですが画像だけでも見てください。)

 

黑钱-除了「假疫苗」,这世界还有很多黑幕-迅雷影评

翻訳文:

第三話。

始めから公聴会のシーン。

製薬会社のCEOマーティン・シュクレ(Martin Shkreli)は、Darapirimを一粒13.5ドルから750ドルに値上げしました。

 

「アメリカでもっとも憎たらしい男」だとメディアに言われたけど、CEOはカメラの前で鼻高々に笑ってました。

 

最後、彼はほかの証券詐欺罪で逮捕。

 

しかし、彼はまだ小物です。

今回の主人公はvaleant 製薬会社のCEO。Michael Pearson。

f:id:li-hari:20180925112101j:plain

 

2008年、valeant 製薬会社はまだ経営が難しい会社でした。

市場価値は21億ドル。

 

Michael Pearsonが就任した時、株はまだ15ドルも行ってない。

 

しかし、2015年の最高峰は262ドルに値上がり。

ウォール街でもっとも儲けた一例になりました。

 

外部から見ると、彼の手段は一つのみ。

ほかの会社を買収。

 

しかし、調査が深まることで事実は複雑になりました。

 

一般的に製薬会社は売上の18%を新薬の開発に使います。

valeant 製薬会社は3%しかない。

 

彼らはもっと良い方法を見つけたのです。

 

Michael Pearsonが言うのは、新薬の開発はリターンが少なすぎ。

もっと良い方法は認証されている会社を買うこと。

 

問題は、valeant 製薬会社は購入したあと、大幅に値段を上げたのです。

 

患者さんに対して、これは致命的なこと。

 

一人インタビューを受けた患者さん。

ウィルソン病です。

彼女は以前、毎月30ドルを払えば、日々を過ごすことができました。

病気があるけど、まだ生きている。

 

しかし、ある日、彼女が気づいたら一粒の薬が200ドルに値上がり。

1年の薬品代だけで28万ドル。

 

薬を止めたら、彼女は死ぬ。

もし薬を続けると、彼女は医療保険が買えなくなる。

もし薬を自腹で買うと、彼女の家族は全財産を失う。

 

インタビューの時、彼女は匿名希望でした。

会社に医療費が高いのがばれたら、彼女は仕事を失う。

一旦首にされたら、彼女の医療保険状況では、次の仕事がなかなか見つからない。

 

valeant 製薬会社はこの薬の値段を、毎月650ドルから2万1千ドルに値上げ。

 

同時、valeant 製薬会社の市場価格は23億ドルから780億ドルに高騰。

 

valeant 製薬会社が株主に見せる報告の脚注には、こう書いてました。

「珍しい薬の販売量が増えた。」

 

親指で考えても分かるでしょう。

販売量が増えた?

珍しい病気の患者さんが増えたこと?

 

実際は彼らが薬価を大幅に値上げしたのです。

 

CEOは巧みにデータを操り、株主に今の会社が繁盛である錯覚を与えてました。

 

 f:id:li-hari:20180725182612j:plain

 

2016年、ヒラリー・クリントンはvaleant 製薬会社に噛みつけました。

 

ヒラリー・クリントンは講演会で、一つの手紙を読んだのがあります。

 

ある患者さんが、80年代からずっと注射している薬。

その時、10本で180ドルでした。

今は同じ10本で14700ドル。

 

ヒラリーが言うのは、「これは略奪性の価格です。我々は阻止しないといけない!」

 

これがきっかけで、たくさんの事が起きました。

1ヶ月でvaleant 製薬会社の株は59%暴落し、260億ドルが蒸発。

 

公聴会で参議院の議員は、ずっと質問し続けました。

 

「ほかの会社を買収したあと、あなたは値段をそのままにしていますか?」

 

「valeant 製薬会社が値上げしたことがない薬はありますか?1個で良いです。」

 

Michael Pearsonは一言も話せませんでした。

 

これは一つの商業模式です。

規定を守っているけど、道徳を無視してボロ儲け。

 

彼らは市場を制覇する薬を見つけて、すぐその会社を買収。

そして、研究開発はすべて捨てて、その薬は変えずに値上げをするだけ。

 

値上げした時、製薬会社はこう言います。

「医療保険があるから無料です。」

 

しかし、事実は違う。

 

医療保険は全国民が払っています。

つまり、すべてのアメリカ国民が、高価な医療費を払っている事になる。

 

valeant 製薬会社だけこうしているわけではない。ほかの会社も同じです。

 

例えば、インスリン値段は10年で3倍になりました。

 

15種類の抗がん剤新薬、毎月の医薬費用は1万ドルを超えています。

 

アドレナリンの値段は08年から4倍に値上がり。

 

たくさんの製薬会社の売上が上がる裏には、薬価の値上がりが原因であります。

 

valeant 製薬会社に対する公聴会が終わり、ドキュメンタリー製作者が議員への一つの質問。内容は絶望的なものでした。

 

「valeant 製薬会社の行為は、合法的なのは何件で違法なのは何件ですか?」

 

「我々は違法行為が見つかりません。これこそ事件の怖いところです。」

 李哲の感想:

上記の女性患者。

ウィルソン病は指定難病と言われて、西洋医学は特に治療法がないです。

 

私が尊敬しているニハイシャ先生は治療した事があるので、以下にその翻訳文リンクを貼ります。参考にしてください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

このドキュメンタリー映画は、まだ見たことないですが、翻訳文の内容だけで十分伝わると思います。

 

昔は「人の命は千金でも買えない」と言われてました。

貧しい患者さんからはお金をもらわない漢方医もたくさんいて、中医学の逸話として残っています。

 

しかし、今は一番儲かる事業になっていますね。

 

患者さんは卵を生むニワトリになっている。

 

アメリカだけではなくて、日本の国民医療費も年々増加しています。

 

このまま西洋薬に頼ると、いずれかは埋められない穴になってしまう。

 

自分と関係ない話だと思われるかも知れませんが、医療費は全国民が払っていることを忘れないでください。

 

全国民が犠牲者になり、全国民が借金返済しています。

 

漢方薬は今まである生薬の価格高騰はありましたが、それは貴重品で品切れの時だけでした。

 

こんなに患者さんが生きる死ぬかを気にしないで、わざわざ値段を何倍・何十倍も上げるのはない。

 

まあ、ここまで儲かりたい人だったら、良心なんかどこかに捨てているでしょう。

 

彼らに良心的に商売しようと声をかけるのはムダです。

 

法律には違反してないけど、唾を吐かせる商売。

金さえあれば、そのまま死ぬまで幸せに生きると思うのか?

 

140歳まで生きた唐・孫思邈(そんしばく)は、

『千金翼方・大医精誠』でこう書きました。

老君曰:「人行陽德,人自報之;人行陰德,鬼神報之。人行陽悪,人自報之;人行陰悪,鬼神害之。」

 

他人が刑罰しないから、鼻高々に笑わないでください。

 

人はやったことに対し、必ず報われます。