本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

乳がんの治療後に気をつけること(2018-12-12修正)

こんばんは。李哲です。

今日は倪海厦先生の最後の乳がん論文。最初の内容は以下をご覧ください。

 

li-hari.hatenablog.com

 

もとの中国語記事先は、

乳癌的癒後(03/25/2005漢唐中醫倪海廈撰寫於佛州)

 

 

1.食生活習慣を変えること

乳がんが治ったあと、再発しないとは限らない。

Conmmon senseで考えてみれば分かります。


乳がんの原因を知らないと、また同じ病気になる。

 

今日、あなたは乳がんになりました。

ほかの人は乳がんになっていません。

 

これは、あなたの食生活習慣に問題があるからです。食生活習慣を変えてください。

 

楽しい一日、笑う一日を過ごしてください。

家族のトラブルで悩まないで。

過度の心配は、あなたの体にいいことありません。

 

健康診断を止めて、そのお金で旅行に行ってください。気分転換になります。

 

2.年に1回、中医師の健康診断を受けたほうが良い

 

生理は正常か?

便通はいいか?

不眠症はあるか?

手足は冷たくなったか?...

 

こんな細かい症状は、中医師の目を隠すことはできません。

最初の症状が出たときに解決すれば、あなたは永遠に乳がんにならない。

 

3.閉経したあと便秘の時、絶対下剤に頼らないで

 漢方など解決方法はいろいろあります。下剤依存症は体内の冷えを作り出すので、癌を作り出す。

 

食事の暴飲暴食は止めましょう。

食べ物もなるべく自然な、簡単なものに。

 

味は薄めにしましょう。

過度の栄養は体の負担になります。

 

4.女性ホルモンを飲んではいけない

女性ホルモン剤は、乳がんの再発を引き起こす以外、心臓病とほかの癌にもなりやすくなります。

 

今のところ、全世界の乳がん資料の統計を見ると、40歳~50歳の間によく発作するのです。


原因はなんでしょう?

 

たくさんの研究者はいろんな仮説を出してます。

でも、いまだに統一した理論はありません。

 

その原因は、

彼らは乳がんを治したことがないから。

f:id:li-hari:20180801194204j:plain

 

私がこの答えを教えます。 

あなたが40代になったら、体力などはあなたの子供より落ちるはず。

 

あなたの子供はまだ心配の事もなくて、毎日楽しんでます。

あなたは家族の為に仕事しながら家事をやったり、子供の心配をしたりして、心臓は段々弱くなります。


もし病院に通って西洋薬を飲む習慣があったら、心臓が弱くなるスピードはもっと速くなります。

 

つまり、いろんな西洋薬、サプリを飲めば飲むほど心臓を壊すこれが本当の乳がんの原因です。

 

5.乳がんを治した事がない西洋医学の話、信用してはいけない

乳がんだと言われたとき、よく考えてください。

あなたの娘もあなたと同じ食事、同じ家で生活してます。なんで、あなたの娘は乳がんになってないでしょう?

 

西洋医学の研究者は、乳がんは遺伝するという説もありますが、私は大笑いしかできません。

 

治したこともない人が、こんな論文を書いて信用できますか?


毎年乳がんの検査で無事だったら大喜び。

心臓の上に置いた重い石が、やっとなくなる。


検査で確実に乳がんだと言われたら笑いがなくなり、何日も一人で泣く。

 

この気持ちは、もっとあなたの心臓を弱くさせます。

もしあなたがサプリで身体を強くしたい、抗がん剤で弱くなった身体を補いたい、と思ったら結果はもっと心臓が弱くなるだけです。

 

この日からあなたはもっとうつになり、悲しくなり恐怖に落ちて、誰も助けてくれないから八つ当たりにもなる。

 

f:id:li-hari:20181208200846j:plain

 

あなたは今ある便秘、手足が冷たい、不眠、心臓の動悸、不整脈などの自覚症状を全部忘れてしまう。

 

あなたが関心してるのはただ一つ。

なんで乳がん細胞は私の身体にいる?

なんで隣の嫌な奥さんは乳がんにならない?

神様は本当に不公平!

 

生理の時、あなたの乳房はすごい腫れます。

でも、この時あなたはこの胸が腫れる感覚は、自分が妊娠したときの感覚と同じである事を忘れてます。


女性の特別な生理の感覚を忘れないでください!

 

6.乳がんの手術=ギロチン

乳がんの手術は、中医学から言うと『ギロチン』と同じ。

切り取らなければ、まだ二つの袋があって母乳をためることができます。

 

一旦切ったら母乳は居場所がなくなって、あちこちに転移する。

 

あなたは手術でがん細胞を全部取ったと思ったらそれは大間違い。がん細胞は格納する場所(乳房)がないと、あちこちに転移します。

 

心配で肺に傷つけたら、肺に入って肺がん。

肝臓に入ったら、肝臓がん。

心臓に逆流したら全身性エリテマトーデス(SLE)

脳に入ったら、悪性脳腫瘍。

三焦経絡 に入ったら、いわゆるリンパ癌。

骨髄に入ったら白血病。

 

たくさんの癌は、手術をしたから転移する。

 

f:id:li-hari:20181212142041p:plain

 

7.手足が暖かい人は癌がない

2年後になって、「あなたのがん細胞は、抗がん剤で全部殺せなかったです、残念です!」と西洋医学に言われたら一瞬で気絶。

 

「まだ漢方がある!中医師に診てもらったら?」と親友が紹介しても、あなたは「西洋医学も殺せないがん細胞を、漢方は何ができる?」の疑問だらけ。

 

初めに診てもらう日に、中医師の質問は「手足が冷たいですか?」

 

あなたはきっと鼻で笑うでしょう。

「乳がんを治しに来たのに、この先生は乳がんを聞かないで、手足が冷たいかを聞いている。バカじゃない?」


あなたは目の前の先生が、本当にあなたを救える先生であることを知らない。良医だということを分かっていません。

 

目の前の先生が考えているのは:

あなたの手足を温かくすれば、心臓の働きが強くなって、全身に熱い気が入ったのを証明する。

 

心臓が強くなれば、心臓の熱い『火』でがん細胞がどこにあるか関係なしで、全部殺すことができる。

f:id:li-hari:20180620130627j:plain

心臓の熱(火)は、がん細胞をやっつける最大の武器。


だから、私はよく言います。

癌の患者の手足が温かくなれば、癌は治っている。

身体の中で心臓は『君主』で、癌になりません。

(皆さん、心臓癌は聞いたことありますか?)

 

心臓から一番遠い足まで温かくなれば、心臓の『火』が全身に溢れていること。だから癌にはならない。

 

(おわり)