本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

足三里はすごい!疲労回復・滋養強壮・美容効果があり、足が速くなるツボ【お灸、マッサージもオススメ】

寝ても疲れが取れない。

足が重く感じて、歩きが遅くなった。

連日の外食で胃が疲れ、胃が重い・膨満感がある。

歳のせいか、疲れたせいか、顔の皮膚がたるんで、ほうれい線が目立つ…

 

足を速くして、スポーツ競技で勝ちたい!

 

上記の悩みは、お灸もしくはツボ押しで改善できます。

 


 

こんにちは。李哲です。

今日は疲労回復・滋養強壮と美容効果があり、足が速くなる、すごいお灸のツボを紹介します。

 

【足三里(あしさんり)】

 

このツボは、皆さんが良く聞く名前だと思います。

 

足三里はどんなツボで、足三里にお灸してどんなメリットがあるのか、なぜ良いのかを述べました。参考なる情報になると光栄です。

 

 

足三里は、歴代の名医たちが一押しのツボ

 

以下は一つの古文の引用。

140歳まで生きた漢方医:孫思邈(そんしばく)が書いたものです。

 

「宦游吴蜀,体上常须三两处灸之,切令疮暂瘥,则瘴疠温疟毒不能着人,故吴蜀多行灸法。故云:若要安,三里常不干。有风者,尤宜留意。」

 

 唐・孫思邈(そんしばく)の著作:『千金翼方』より

▼直訳します。

 

私が呉国(今の中国南部)と国(今の中国四川省あたり)を旅行した時、よく2~3箇所にお灸し、化膿させました。そうすると、伝染病の邪気などが体内に入れなくなります。

呉国と国にも、お灸が盛んでいました。

健康を保ちたいなら、足三里は常に濡れたほうがいいです。

風邪(ふうじゃ)がある人は、特に気をつけるべき。

足三里が乾かないのは、大昔は直火でもぐさを燃やしたので、火傷をするわけです。ずっともぐさを燃やすと、もちろん水疱ができたままで乾かない。

 

孫思邈はまた言いました。

「 人年三十以上,若灸头不灸足三里,令人气上眼暗,所以三里下气也」。

▼直訳します。

30歳過ぎてから頭だけお灸して足三里にしないと、気が逆流して見づらくなる。足三里にお灸すると、気を降ろせるので良い。 

唐・孫思邈も自ら足三里に、よくお灸をすえるそうです。

140歳まで生きたのは、お灸のおかげもあるけど、ほかの気功・漢方薬などの養生法も関連したでしょう。

 

日本での有名人は、松尾芭蕉ですね。 

テレビで何回も名前を見ました。

 

f:id:li-hari:20180927112018j:plain

松尾芭蕉と足三里の記録

 

松尾芭蕉のおくのほそ道 - Wikipediaにも、「長歩きの疲れを癒すために三里のツボに灸をすえる」という意味の有名な一節があります。 

 

足三里はどんなツボ?なぜ疲労回復・滋養強壮作用があるのか?

足三里は胃経(土)の合穴で、属性は土。

つまり、土の中の土

鍼灸理論では、「真土」だと言います。

 

土は五臓六腑でいうと消化系。

食べたものを消化・吸収して、ほかの臓器・免疫組織にエネルギーを提供するところです。

 

消化系が強ければ、ほかの臓器もよく働くし、免疫組織もちゃんと働くので、長生きはもちろん元気になります。

  

中医学では脾胃の気(働くエネルギー)がなくなったら人も死ぬ。脾胃の気さえあれば、人は死なないといいます。

 

中医学では脾胃を「後天のもと」だと言い、大事にしているのがこの理由。

 

西洋医学ではよく免疫力!免疫力!だと言いますが、シンプルにいうと免疫力と言うのは胃腸の働きです。

 

もっと簡単にいうと、よく食べられてよく排便する人は、免疫力も強い。

 

ほかの胃経のツボだと上巨虚・下巨虚、脾経の三陰交などもありますが、足三里ほど有名ではないですね。

 

呼吸系と消化系の病気は、ほとんど足三里を使います。

そして、足三里は膝周りにあるので、膝のすべての痛みも治せます。

 

足三里のほかのすごい効能

 

足三里は様々な効能を持っていますが、上記の疲労回復・滋養強壮効果以外の効き目を紹介します。

もっとも治療効果が高いのは、膝痛・胃腸の病気・小児麻痺

 

え???

小児麻痺も治るの?

 

ビックリしないでください。

中医学の理論で、足三里は「土」の中の「土」です。「土」は筋肉を作り上げるので、小児麻痺みたいに筋肉萎縮の病気には、最適なツボなのです。

 

私はまだ小児麻痺の鍼灸症例がありません。

今度関連の論文を見つけたら、翻訳します。

漢方薬の治療例はありますので、どうぞご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

上で述べたように、足三里はすべての膝の痛み、呼吸系と消化系の症状に有効です。

 

たとえば下痢、胃腸炎、胃下垂、胃痛、食欲不振、喘息、鼻炎、慢性気管支炎、呼吸困難、小児マヒ、膝痛、変形性膝関節炎、…

 

足三里のもっとも代表的な効能は、小児麻痺と膝痛、胃腸の病気です。

 

以下は足三里を刺した瞬間に、胃腸がギュルギュル鳴った面白い症例。参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

足三里が肺結核に有効な原因

 

「足三里へのお灸で、肺結核も改善する」と、NHK番組で見ました。 

当時の感想文も書いたので、参考になると幸いです。


li-hari.hatenablog.com

 

上で述べたように、足三里は土の中の土。

陰陽五行論でいうと、「土生金」。

つまり、土が強ければは肺(金)、大腸(金)の機能も強くなる。だから、肺結核にも有効なわけです。

 

実際に肺結核を治すとき、足三里よりも良いツボがありますが、残念ながらその外国人は知らないみたいですね。

 

ニハイシャ先生は臨床で、肺がんを治したら昔の病巣:肺結核の菌が痰と一緒に出てきたのがありました。肺がんも漢方薬で治るから、肺結核なんかもっと朝飯前ですね。

 

www.li-hari.net

 

漢方薬の話は置いといて、ツボの話を続けます。

足三里は土の中の土、消化系の中盤で、ほかの臓器と免疫組織に栄養を提供。

 

だから、足三里を強化すれば、同じ食べ物でもたくさん栄養を消化・吸収して、体も自然に強くなり、病気にもなりにくくなります。

 

足三里は顔のたるみ、ほうれい線、シワにも良い

 

足三里は胃経のツボ。

胃経は顔の横と真正面を走ります。

 

顔にそばガスができる、顔が老ける、たるむ、シワが増えるなど皮膚のトラブルは、みんな胃経が弱くなったからです。

 

今は美容関連の化粧品、家電など多いけど、あれはみんな二の次の対策です。

根本の美容秘訣は、胃経を強化すること。

 

足三里にお灸するのは経済的で、美容につながるだけではなくて、体力がものすごく増えます。

 

胃経と美容の関連性は、過去記事で詳しく説明しています。

どうぞ参考にしてください。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

足が速くなるので、スポーツ選手にはうってつけ!

 

足三里にお灸して良いことは、もう一つあります。

体力が増えて、下半身が強くなるので、走るのが早くなる。

 

これは女の子で検証済みです。

以前の記事で書いたので、良かったらご覧ください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

マラソン選手、100m競技選手などは足三里にお灸するだけでも、成績がぐっと上がります。もっと成績を上げたいなら、鍼灸医に診てもらうべきですね。

 

鍼は過酷な練習からくる筋肉疲労・内臓を修復するだけではなくて、筋繊維の強化にもなるので、もちろん成績が良くなります。しかも、鍼治療はドーピング問題がありません。

 

これはマラソン選手だった患者の感想で、検証できました。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

足三里の位置と、お灸する際に注意すること

 

簡易な取穴方法は、

膝皿の下縁から指4本分の下、すねの外側にあるところ。

強く押すと、前脛骨筋(すねの外側)がしびれて、痛気持ちいいです。

 

足三里の位置:膝皿の下縁から自分の指4本下、脛骨の外側

 

足三里の位置:膝皿の下縁から自分の指4本下、脛骨の外側

 

【▲足三里の探し方】

  

お灸のやり方と注意事項は、過去記事を参照してください。

 

li-hari.hatenablog.com

 

まとめ:足三里にお灸できなかったら、強く揉むだけでも効果あり!

 

足三里みたいに幅広く、様々な病気治療に使うツボは、すごい少ないです。

以前ご紹介した関元がその一つ。

 

www.li-hari.net

 

関元などはお腹を出さないとお灸できないので、自宅じゃないと難しいですね。

 

しかし、足三里はズボンをめくればできます。

お灸ができなかったら、ツボ押し棒でグリグリ強く押しても効果ありです。

 

関元・中極はマッサージ棒でグリグリやってもダメです。ツボが深いところにあるので、マッサージでは届かない。必ず鍼、もしくはお灸で施術する必要があります。

 

通勤中、飛行機で移動中、仕事で一休みの時…

親指でグリグリ足三里を押すと目がバッチリ開くし、家に帰ったあとお灸すれば翌日のパワーも違います。

 

もちろん、足三里を押す以外に、お腹の関元・中極にお灸までしたら最強ですね~