本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

甲状腺機能亢進症(バセドー病)の女性、10日の漢方治療で2ヶ月も調子が良かった

 こんにちは。李哲です。

今日はアメリカでの中医師:鄭智城先生*1の文章を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

老美中年妇的甲亢病_郑智城

(2013-02-27 01:29発表)

 

甲状腺機能亢進症(バセドー病)の女性、10日の漢方治療で2ヶ月も調子が良かった

 

去年の5月、一人のアメリカ人女性がフロリダ州から治療に来ました。体型は少し太っている。眼診で分かるのはひどい貧血、眼瞼の裏は血の色がなかったです。

 

彼女が言うのは、自分は甲状腺機能亢進症。体が熱くて腰痛があり、足もつる。普段は汗っかきで頻尿、尿失禁があり、喉は渇かない。

 

甲状腺機能亢進症は、非常に多くみられる病気です。

中年男女であれば、みんななりやすい病気で、若い男女すらなります。

 

甲状腺機能亢進症の本質は、五臓六腑の虚証。補わないとダメです。

 

そうじゃなかったら、死ぬまで西洋薬を飲まないといけない。

いったん西洋薬を飲み始めたら、ほぼ廃人になります。

 

私が処方したのは当帰六黄湯+生脈散。

中の黄芩、黄柏を芍薬に変えて、腰痛があるので杜仲を追加し、10日分を処方しました。

 

f:id:li-hari:20180718120315j:plain

地黄(じおう):腎機能の強化と血を補う作用がある生薬。

 

先月、彼女はまた診察に来て話しました。

「前回と同じ処方がほしいです。効果がとても良く、すべての症状が消えました。」

 

西洋薬を飲んでないのに、10日の漢方薬だけで2ヶ月も調子が良かったのです。

李哲の感想:死ぬまで飲む薬は、「治療」ではない

甲状腺機能亢進症は、私も診たことがあります。

残念なのは2回で鍼を止めました。

一つの原因は、西洋薬を止めてくれないこと

 

常識で考えてほしいです。

薬を飲んで、つらい自覚症状は良くなったのか?

鍼治療を決めたら、無効な西洋薬を止めるのは良いじゃないですか?

 

止めるのを怖がる理由は分かります。

西洋医学の先生に「止めると悪化する!」と言われたからでしょう。

 

たくさんの患者さんが西洋薬を止められないのは、病院の先生に脅かされているからです。

 

本当にムカつく!

治せないくせに、「死ぬまで飲んでください」と言う先生は、恥ずかしくもないでしょうか?

 

井の中の蛙大海を知らず。

漢方薬・鍼灸で治せる事実を、知るのが怖いから?

 

死ぬまで薬を飲まないといけない。

これは治療ではありません!

 

漢方薬・鍼灸の症例はたくさんあります。

以下は一つの治療例、どうぞご参考に。

 

li-hari.hatenablog.com

 

漢方薬はもちろん、鍼治療も効果があります。ただし、甲状腺機能亢進症は内臓の病気なので、ギックリ腰みたいに2~3回で治るものではありません。

 

最低でも2~3ヶ月の時間がかかるので、辛抱強く通う必要があります。

 

西洋薬で一生コントロールしたくない方は、ぜひ近くの信頼できる鍼灸院にたずねてみてください。あなたの幸運を祈ります。

*1:鄭智城先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。