本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

尾てい骨が痛い一つの原因は、産後ケア不足。整体1回で治した例で説明します

こんにちは、李哲です。

珍しく整体の症例を書きました。尾てい骨が痛いのは鍼で治せるのはもちろん、整体だけでも簡単に治る事を覚えて下さい。なにか痛みがあったら、整形外科よりも鍼灸・整体などを受けるべきです。

 

産後、尾てい骨が痛くて長く座れない・立ってっれない女性、整体1回でほぼ治った

 

2020年9月3日。

30代の女性、数年前からの足ツボ整体の常連客です。子供を産んでから2年ぶりに来ました。

 

辛いところを聞いたら、彼女が言うのは、「尾てい骨が痛くて長く立ってられないし、長くも座れません。」

 

うつ伏せで整体を行う前に、指で押してみたら彼女が痛がっている所は、ちょうど「八髎穴」の「次髎」あたりでした。「八髎穴」の簡易図面は、以下をご覧ください。

 

尾てい骨が痛いのは、整体1回で治せる

尾てい骨が痛いのは、整体1回で治せる

彼女は尾てい骨が痛い以外に腰痛もあり、また首肩コリ・胃もたれもありました。

 

首こり肩こり解消には、整体がうってつけの治療法でしょう。押す時は痛いですが、終わった後は血が巡っているのが分かるくらい楽になります。以下は一つの過去症例、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

胃腸の不調に対して、足ツボの効果は言うまでもないです。過去症例がたくさんあるので、一つだけリンクを貼ります。参考にして下さい。

 

www.li-hari.net

 

尾てい骨が痛い時、どこを押せば良いのか?

簡単です。

患者さんが押してほしいツボも教えてくれます。

次髎!

整体のとき、親指で数回押して、あとは周りを肘でほぐしただけ。治療法は至ってシンプルです。

 

翌週、彼女が来たたとき聞いたら、尾てい骨の痛みは1回で消え、長く座ったときだけ少し違和感あるくらいでした。

尾てい骨が痛い一つの原因は、産後ケア不足

 

なぜ尾てい骨が痛くなったのか?

尻もちなどの外傷が原因のときもあるけど、彼女の場合は違いました。

 

簡単に説明すると、産後ケアが足りなかったからです。

出産時は骨盤が広がり、骨盤についている靭帯も伸びきります。産後にちゃんとケアしないと、靭帯が伸びたままになり、骨盤がもとに戻りません。そして、血の巡りが悪くて尾てい骨が痛くなるのです。

 

解決策は骨盤についている靭帯を強化し、靭帯が骨を引っ張って元の位置に戻すことです。そのためには、靭帯を潤う血の巡りを良くして、自力で回復するのを手伝わないといけません。

 

西洋医学の解決策は知りませんが、中医学はツボを押すだけで治せます。(漢方はここで説明を省略)

 

次髎は骨盤後にあるツボで、骨盤中の子宮・膀胱などの病気も治せるし、尾てい骨が痛い症状も治せます。鍼もしくはお灸が1番良いですが、指で押すマッサージも効果的です。

 

産後の体調不良で困っている女性、ぜひ整体もしくは鍼治療を受けて見てください。