本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

膀胱腫瘍の組織が、漢方薬治療で尿道から出てきた

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカでの中医師:鄭智城先生*1の文章を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

白人男子的膀胱肿瘤是如何用中药消融的_郑智城

(2012-1-14発表)

 

 

テニスラケットをくれた患者

最近、一人の患者さんが私にテニスのラケットをくれました。とても嬉しかったです。

 

この男性患者さんと話している時、どこかでテニスの話が出て、その後二人で盛り上がり。先週の土曜日、再診察に来た時彼はラケットを持ってくれたのです。

 

よく見たら、普通に売っているものではなくて、プロたちが使うやつでした。ロジャー・フェデラーが使う系列で、ラケットには彼のサインまで入れてました。ちょうど私がほしかったラケット!

 

私が大学生の時、大学ではテニスが流行りました。

当時、私の大学には珍しいテニスコートがあって、テニスが非常に流行ったのです。

私も学校のチームに入って練習したことがありました。

 

テニス運動

 

アメリカに来る前まで、10年くらいは趣味でやりました。まあ、ちょっとしたプロです。アメリカに来てからは、10年くらいテニスをやってない。

 

最近私が住んでいる近くの公園に、急に無料のテニスコートができて、私も突然情熱が高ぶって毎日テニスに行っています。

 

笑っちゃうのは何年もやってないから、適当に古い木質のラケット(Yard Saleで1ドルで買ったやつ)を使っても勝つ時が多い。そして、すぐ有名になりました。

 

近所のラケット同士の間では、「木ラケット怪手」、「70怪手」(木質のラケットは70年代に流行ったからだと言われています)。

 

しばらく経ってから、もうちょっと良いやつを買おうとした時、ちょうどこんな素晴らしいプレゼントがあって、本当に良かったです。

 

ラケットをくれた男性は、「フェデラーは史上最強の選手だ」と言ってました。私は10年もやってないので、思考はまだ昔のピート・サンプラス、アガシの時代に止まっています。

 

最近、フェデラーの試合を見たら、やっぱりこの人はすごいですね。

 

テニスボールとラケット

 

膀胱腫瘍で時々血尿が出る

 

白人男性が治療に来た原因は、尿道周囲に癌があって、時々血尿が出て痛い。

 

男性の顔は赤くて、脈は弦虚脈。

だいたい桃核承気湯の証です。

実証の中にまた虚証もあり。

 

初めの時は、2回攻撃して有効でした。

癌細胞の組織が尿と一緒に出てきて、彼も症状は良くなりとても喜んでました。

 

しかし、その後は攻撃しても体調は良くならない。

そして、私は補う方法を使いました。

身体を補ってから、もう一度癌細胞を攻撃する。

 

このやり方でずっと繰り返し。

諸症状はどんどん良くなって、このラケットが出てきたのです。

 

デカイ膀胱腫瘍が剥がれて、尿から出た

 

先週、白人男性はまた時間通りに再診察に来ました。

基本的に彼は毎週、同じ時間に来ています。

ずっと同じ処方箋だったけど、今回はちょっと違いました。

 

彼が言うのは、「先日、小便の時に突然、ぽっ!と音がして小指サイズの肉組織が出ました。硬くてゴムみたいなやつ。見た感じでは、身体の組織から剥がされたようなもの。尿の痛みもなかったです。

 

その後、何日も大小不均等の肉組織が出て来ました。

あの大きな癌細胞の組織が出てきてから、小便の調子はとても良いです。」

 

彼は当時、奥さんを呼んで一緒に観察し、奥さんは手でちぎろうとしても、硬くてできなかったそうです。

 

私は彼の話を聞いて嬉しかったです。

「その肉組織はまだありますか?」

彼は頭を振りながら、「ないです。」

本当に残念。

 

「写真でも撮りました?」

彼は残念ながら、「撮ってないです。」

 

腫瘍の治療で焦るとダメ、徐々に溶かすしかない

 

彼は漢方薬を飲んでから、3ヶ月も経っています。

1週間も休んだことがない。

 

最初の何週間は探索用の処方箋で、その後はずっと固定した1~2個の処方箋。桃核承気湯をアレンジしたものでした。

 

大黄、桃仁、瞿麦(くばく)は基本の生薬。

上焦は熱を下げる生薬を入れてるのは、彼がたばこを吸うからです。

 

f:id:li-hari:20180512172148j:plain

瞿麦(くばく)の画像

 

処方箋が固定されてから、彼は徐々に小便から大小不均等の破片を出すようになり、急に小便の勢いが良くなる時がありました。

 

でも、大多数の時は尿道がまだ狭い感じ。

進歩は遅いけど安定しています。

 

これは焦るとダメです。

彼の身体が、漢方薬に耐えられるかどうかを見ないといけない。

 

抗がん剤は癌が治る前に、患者が先に死ぬ

 

西洋医学の猛毒の抗がん剤は、がん細胞が全部死ぬ前に、患者さんが死んでいます。もしくは、がん細胞と患者さんは同時に殺される。

 

もちろん、患者さんは治療の前に、いろんな書類にサインしているから、死んでも病院側の責任ではないですね。

 

私は患者さんにサインさせることができない。

だから、慎重にやっているのです。

 

この前のデカイ肉組織(癌細胞の組織)が出てから、小便の調子は日々良くなりました。これは尿道の近くにある癌細胞の塊が、なくなったことを証明します。

 

なぜなら、彼の主治医が言うのは「膀胱の画像検査をする時、尿道近くに癌細胞ができています」。でも、西洋医学の先生は本当に手術が必要なのか迷ったそうです。

 

当時、彼が思ったのは、「先生が迷うなら私も焦る必要がないだろう」

 

尿道でメスを入れるなんて危ないから。

そして、彼は漢方薬を飲みに来たのです。

李哲の感想:先に漢方薬・鍼灸治療してみて何が損?

膀胱腫瘍が尿道近くにあったら、おそらく膀胱全摘除術して尿道もなくなり、人工ストーマを付けるでしょう。

 

人工ストーマを付けた患者さんの生活の質がどうなったか、西洋医学は考えもしない。腫瘍が取れたから、西洋医学にとっては大成功。 

 

漢方薬・鍼治療は暴力的な全摘手術は要らない。

 

私も血尿を治療した事があります。

ただし、最後にわかったけど、西洋医学は誤診だったのです。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

尿の出が悪い。血尿。頻尿などは西洋医学で膀胱癌、前立腺がんだと言われるかも知れません。

 

慌てて全摘手術などしないでください。

中医学の漢方薬・鍼治療も良い効果があります。

 

先に中医学の治療を受けてみて、何が損ですか?

 

*1:鄭智城先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。