本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

肺水腫(肺に水がたまる)、心不全を治した漢方薬治療例

【※本記事は2019-07-31更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

倪海厦(ニハイシャ)先生の治療日記です。

 

肺水腫(肺に水がたまる)による心不全は、病院の治療に任せると2週間の余命しかありません。しかし、漢方薬では完全に救える。

 

一体どういう物語かは、以下の翻訳文をご覧ください。

 

中国語本文のリンク先は、

肺積水心臟衰竭案(只給跟診同學看,外人請勿看)

 

 

余命2週間の肺水腫(肺に水がたまる)、心不全患者

研修に来た生徒さんたちは、私がアメリカを離れる3週間前の事を覚えているでしょう。

 

私の会計士さんが仕事が忙しくて、時間通りに診察に来れなかったです。次に来たときは肺水腫(肺に水がたまって)、心拍数が毎分145回両足がパンパンむくんで、ゼーゼーする呼吸。精神状態はとても悪かったです

 

当時、私は研修にきた生徒さんに話しました。

「このような患者さんは、西洋医学に任せると最大2週間の余命。」

 

私たちも2週間のチャンスしかない。

もし、失敗したら患者さんは死ぬ。

 

研修にきた生徒さんたちはアメリカを離れてから、この患者さんの事が気になったでしょう。だから、今日は最初にこの件を話しました。

 

昨日の6月5日、私はアメリカからのメールをもらったけど、彼はもう回復して普通に私の会計士をやっています。皆さんはご安心下さい。

 

この治療例は最初から十棗湯(じゅっそうとう) を使って、彼の肺に溜まっている水を先に出しました。彼はその後、仰向けで寝れるようになりました。

 

十棗湯(じゅっそうとう) のあとは、発汗剤と鍼を併用しましたけど、良くなったりに悪くなったりでした。

 

十棗湯の使用例は、以下の記事もあります。どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net

発汗させる漢方薬の効果が出ないのは、動物の毛が原因

 

第2週目に入ってから、彼のむくみは大腿部まで上がってきました

 

自分の処方箋をよく考えたけど間違ってない。

漢方薬飲んでも汗も出ないので、おかしいと思って彼に聞いたのです。

 

彼がベッドで鍼を受けてる間に聞きました。

「家に何か動物を飼ってないのか?」

 

彼の答えは、「246。」

この数字は2匹の猫。4羽の鳥。6匹の犬。

 

 f:id:li-hari:20181228225557j:plain

 

私はビックリしました。

彼がこんなに動物が好きなんて知らなかった。

当時は春と夏の間で、ちょうど動物の毛が変わる時期。

 

本当に私のミスでした。

もっと先に警告すれば良かったと思いました。

私はその場で、彼に「すぐ他の空気がキレイな所に変えて下さい」と話しました。彼はもちろんすぐ私の意見を採用。

 

私は同時に、「もしむくみが取れなかったら西洋薬の利尿剤を飲んで良い」と教えました。利尿剤はこの時期に少しでも役に立つから。

 

彼の答えは、「病院の薬は信用できないから、漢方薬しか飲まない。」

 

男の足がパンパンむくむのは、危険な症状。

以下の記事で詳しく説明しているので、どうぞご覧ください。

 

www.li-hari.net

体内の水が汗から出て、体重が11kgも減り、患者は完全に回復した

他の所に引っ越ししてから、彼は同じ処方箋を飲みましたが、たくさん汗が出て症状は緩和しました。

 

その後、ちょうど診療所の週末休みで、彼は私のアドバイス通りに病院にも行ってみたそうです。

 

私はよく分かっています。

こんな時、西洋医学ができるのは利尿剤を出すだけ。

 

翌週、彼の下半身の水はだいぶ小便から出て、その後はまた漢方薬を飲みに来ました。

 

私がアメリカを離れる前、彼はたくさん汗をかいてから体重が11kg減って、漢方薬を先日まで飲み続けてました。今は完全に回復。

 

病院の利尿剤だけでは、絶対に肺水腫と心不全を治せません。

 

www.li-hari.net

患者に有利なことはすべてやるべき

今回の治療で、「246」が邪魔でした。

ちょうど動物の毛が変わる時期で、漢方薬の発汗剤の効き目が出なかったのが一つの原因。

 

そして、ちょうど週末になったので、西洋医学の利尿剤を勧めたのです。

幸いに患者さんは今回復しました。

 

当時、周りにいた研修に来た生徒さんたちも、このニュースを聞いて嬉しいでしょう。

 

人の命はお金で買えません。

患者さんに有利なものであれば、すべてやるべき。

 

私はもう一度強調します。 

この病気は西洋医学に任せると、必ず2週間以内で死ぬ。

 

私が処方した発汗剤は、ちょうどこんな時に使うもの。

皆さんはこの治療例で教訓を得てください。

 

生徒の皆さんも次回に同じ患者さんを診た時、正しい治療ができると思います。