本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

鍼して帰るとき、体がポカポカになった。

こんにちは。李哲です。

今日は私の簡単な鍼治療例。

 

2018/09/04

東京に台風が来た日でした。

 

3番目のおばさん。

何度も誘って、今日やっと"釣れて"来ました。

 

おばさんの一番困る症状は腰痛。ほかにあるのは首コリ・肩こり。眠れない時があって睡眠導入剤を飲むときがある。便秘がひどくて浣腸薬を使う。手足が冷たくて、めちゃくちゃ寒がり。

 

この前、はり治療した結果は以下の記事をご覧ください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

前回の鍼をしてから、目が360度回るのはなくなり、電車に酔うのもほぼ消失。

 

今日は久しぶりの鍼なので、少なめにしました。

 

天枢、中脘、巨闕、内関、陰陵泉、地機、三陰交、太衝。

陰谷、委中、大腸兪、腎兪、京門、大ちゅう、風池。

 

「風池は頭がファとする、頭がすごい響くから嫌だ」とおばさんは言ったけど、首コリと睡眠には良いと説得して、風池を刺しました。

 

腎機能低下で腰痛がひどいから、腰はとても硬いです。だから、鍼を刺しても痛気持ちいいくらい。ほかのツボは「きゃー響く!」と騒いてますが。

 

以下は仰向けになったとき、鍼の画像です。

(スマホで撮ったので、ハッキリ写ってないところもあります。)

 

f:id:li-hari:20180904142920j:plain

内関(ないかん)に刺した鍼

f:id:li-hari:20180904142936j:plain

照海に刺した鍼

f:id:li-hari:20180904142931j:plain

太衝に刺した鍼

f:id:li-hari:20180904142925j:plain

太衝と照海の鍼

全部の鍼が終わったあと、リウマチの痛みの主訴がない事に気づき、おばさんに聞きました。

 

おばさんは笑いながら答えたのは、「手指関節はまだ痛い時があるけど、鍼が増えるから言わなかった。

 

本当に!

もう笑うしかないですね。

 

今日はとりあえず以上で終わり。

次回には手指関節痛の鍼もするつもりです。

 

おばさんは帰る電車でラインをくれました。

「体がホッカホカになったよ。ありがとう!」

 

役に立つ事ができて、私も嬉しくなりました。

 

体が暖かくなる。

これは体調が良くなっているかどうか、治療が有効であるかないかを判断する、大事な基準です。

 

常識で考えても分かりますが、正常な人間は体が温かいはず。

病気がひどくなればなるほど、患者さんは寒がりになり体温も下がります。

 

この常識さえ忘れてなければ、騙されることはありません。

 

西洋医学か中医学か関係なしで、治療を受けたあとに手足が暖かくなる。体がポカポカになるのは、治療の有効性を証明します。

 

逆に、どんどん手足が冷たくなって寒がりになった場合は、すぐその治療院から逃げてください。