本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

鍼を刺した直後の面白い感想

こんにちは。李哲です。

今日は一人の女性の鍼したあとの感想を書きます。

 

当時彼女に刺してあげたのは腎兪、大腸兪、胃兪、脾兪、肝兪。

10本の針。

 

針を置いてる間、彼女は少しウトウトしてました。

20分後に鍼を取って、彼女が感想を教えてくれました。

 

腎兪と大腸兪を刺したあと、太腿とふくらはぎと足までジンジンする。下半身に何か流れている。徐々に暖かくなってきて、気持ちよくて眠くなった。

 

上の胃兪、脾兪、肝兪を刺したあと、お腹が動いていた。下腹部の何か詰まっていた所、縮まっていたものがファン~~と溶けて広がる感じ。

 

ちなみに、彼女は急性虫垂炎(盲腸炎)で虫垂(盲腸)を切りました。その後からお腹の便が詰まったような痛みがたまに出ます。きっと手術の傷口の所が詰まるでしょう。

 

毎回、鍼をさすとお腹の詰まったような痛みが消えたのです。

 

今回は背中のツボだけだけど、それでもお腹は動いていたのです。おそらく、脾兪と胃兪を刺したからでしょう。

 

お腹のツボ、例えば天枢.中脘.関元など刺した時も強い響きと共に、胃腸がぐるぐる動き出します。

 

今回は背中だけなのに、似ているような面白い感想がありました。

 

翌日、彼女のさらなる感想をもらいました。

いつも夜たくさん食べた翌朝には、お腹があまり空かなかったけど、今回はモリモリ食べられたそうです。

 

やっぱり背中のツボは効きますね~

 

ツボは奥深いけど、人間の身体にある経絡は、本当に不思議です。

 

余談:

昔は急性虫垂炎になったら、虫垂を切り取る手術が一般的だったけど、今はどうでしょう。切らないで済むやり方ってあるでしょうか?

 

私のオススメは、なるべく虫垂を取らないで。

後々になって、彼女みたいに生理痛でもない便秘でもない腹痛に襲われます

 

人間が生まれてからついてる臓器、部品はすべてその必要性があるから、神様がくれたわけです。

 

「切っても大丈夫。」だという西洋医学の話は信用しないでください。

 

戻せるなら切っても良いけど、後で大事な役割があるのを知ったら、貴方はどうしますか?

 

盲腸炎(虫垂炎)は切らなくても治せるものです。

詳しいのは以下の過去記事を参照してください。