本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

手足の冷え症に効くお灸のツボ:大都穴

【※本記事は2020-05-01更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

今日はお灸のツボを紹介します。

 

手足の冷え症に効くのは、親指の内側にある「大都穴」がオススメ。

 

f:id:li-hari:20180420114444j:plain

f:id:li-hari:20180420114436j:plain

大都穴:だいたいの場所は、足の親指を曲げた時、折れ目の線の上です。

 

もっと詳しいツボの探し方は、以下のリンク記事をご覧下さい。

足の太陰脾経:大都(だいと)

 

古代は便利な千年灸がなかったので、みんなもぐさでした。もぐさは強力な温める作用があります。関連記事は以下をご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

今は千年灸があるので便利ですね。

もぐさがダメな方は、市販のせんねん灸で十分です。

せんねん灸はいろんなタイプがありますが、なるべく生姜入りのタイプを購入して下さい。

 

 

お灸の数は、1セットで最低9個

つまり、同じ場所で9回連続でお灸すること。両足だと1セットで18個の千年灸が必要。

 

時間に余裕がある方は、1~2時間かけて何十個やると、更に良いです。

 

臨床である患者さんから報告を受けたのは、「1時間かけてやったらお腹がグルグル鳴り始め、頑固な手足の冷え症が良くなった!」

 

お灸してお腹がグルグル鳴るのはベスト!

ただし、時間に余裕がない方がいるので、最低でも9個だと言ったのです。

 

日本の千年灸を1~2個やるだけでは、ちっとも効果が出ません。お灸が効かないのではなくて、あなたのお灸した数が足りないのが原因です。

 

逆子を治すお灸を説明するときも、お灸の数・もぐさなどに関して話しました。以下の記事参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

大都穴にお灸するときは、最低でも9個続けて下さい。そして、なるべく毎日お灸する。暇の時は1日2~3セットやってもいいです。

 

2~3週間続けてやってみれば、効果が分かります。

頑固な冷え症に悩む方は、ぜひやってみて下さい。

 

大都穴以外に、三陰交穴もおすすめのツボ。お灸するか、もしくはツボ押し棒でグリグリ強く揉むと、足が暖かくなります。以下の記事、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

注意点:

①せんねん灸は、生姜入りタイプを購入すること。

 

やけどしないように気をつける。せんねん灸が熱くなったらすぐ取って、新しいせんねん灸を置いて続けてください。

 

お灸してから3日間はお茶が禁止

お灸の効果が落ちますので飲まないで下さい。

緑茶、ウーロン茶、紅茶、プーアル茶などは禁止です。大丈夫なのはトウモロコシ茶、麦茶、水など。

 

 日常での禁止物 はお灸しない時でも、守ってほしいものです。

 

次回は胃腸など消化系に良いお灸のツボ。

婦人科に良いお灸のツボなど紹介したいと思います。治療に来れない方に、少しでも役に立ったら幸いです。

 

お灸のほかに鍼治療も同時に受けると、さらに効果があります。以下は一つの鍼治療例、参考にしてください。

 

li-hari.hatenablog.com