本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

HIV感染者が7日の漢方薬で治った例

こんにちは。李哲です。

アメリカの中医師:鄭智城先生*1の文章。

 

HIV感染者が7日の漢方薬でHIV陰性になり、完治したとも言える例です。

 

中国語本文のリンク先は、

很有意思:HIV阳性七剂药转阴_郑智城

(2011-12-11 11:20発表)

 

 

足の痛みで来た患者さん

9月に足のむくみで来た男性、今日また来ました。

今度は右足の痛み。

痛くて片脚で、ぴょんぴょん飛びながら入ってきました。

 

私は彼を見て冗談を言いました。

「また栄養たっぷりの物を食べたでしょう?」

彼「いや、食べてないですよ。」

 

カルテを見る時、彼に聞きました。

「前回の陰部の問題は解決しましたか?」

 

彼の反応は激しかったです。

「良くなりましたよ。

漢方薬ですぐ治りました。

☓☓☓!あの病院の先生は本当に☓☓☓!あいつを☓☓したい!」

 

一連の下品な『挨拶』が出て、「よっぽど怒っているな」と思いました。

 

生殖器系のデキモノが漢方薬7日で消えた 

病院の先生は、彼をHIV陽性だと診断し、その後は大変な事になりました。

 

病院の先生は、毎日電話して質問します。

例えば、「あなたは男性が好きで女性は嫌いでしょう?」など恥ずかしい質問。

 

アメリカの西洋医学の先生は、みんな責任感が強くて、エイズなど重大な感染症は一人ずつ電話追跡調査をします。

 

彼は邪魔で仕方がなかったそうです。

 

彼がHIV陽性なんて、本当にびっくり。

私はたくさんのHIV陽性の患者さんを見てきました。

彼らはみんな普通にHIVだと認めて、この男性みたいに激しい反応はなかったです。

 

よく聞いてみたら、男性の生殖器に定期的に何かできものができる。

私は見たことがありません。

おそらく性病みたいな、何かの皮膚病でしょう。

 

男性はずっと西洋医学の先生が治療して、西洋薬を飲むと少し良くなる。でも、1ヶ月後にはまた再発。

 

9月に再発した時、男性は徹底的に治したくて、私の診療所に来たのです。

私は彼に7日分の漢方薬を渡して、その後は音信不通。

今日になってまた治療に来ました。

 

完全に治って、再発もしてないとは予想外。

 

でも、一つの災難が起きました。

9月に再発した時、西洋医学の診断ではHIV陽性。

男性は非常にびっくりして、あちこちの病院で検査をしました。

 

しかし、漢方薬を飲んでから生殖器のデキモノが消えて、HIV陽性も陰性になりました。

 

HIVは本当に治療が必要な病気???

HIVは本当に治療が必要な病気???

 

HIVだと診断されてから、恐怖に落ちた患者さんの怒り

男性は「病院の誤診だ、西洋医学の診断で無意味な恐怖に落ちた」と思っているから怒ったでしょう。この話を引き出すと怒りだします。

 

男性のボロクソは、道端で下品なボロクソ言う庶民と同じ。

広東人のボロクソっぷりを見れば分かると思います。

 

私は隣で、気まずい雰囲気でした。

何もなかったのに生死の境で行ったり来たりして、男性が怒るのも当たり前ですが。

 

私は彼に聞きました。

「当時は血液検査もしたんですか?」

「血液検査やりましたよ。」

 

血液検査をしたら、信頼性はあります。

ひょっとしたら、この男性は本当にHIV陽性だったかも知れません。

 

西洋薬の副作用が、HIVの症状とまったく同じ 

しかし、皆さんは良く考える必要があります。

 

1つ目:西洋医学のHIV陽性検査は、とても主観的ではっきりしない検査。

 

2つ目:彼が毎月飲んでいる西洋薬が、ちょうどHIV陽性を作り出した原因。

 

あなたがインフルエンザワクチンを打ったら、翌日にインフルエンザになるのと同じ。

 

当時の漢方薬は、おそらく体内の西洋薬の毒を出したので、HIV陽性が陰性になったでしょう。漢方薬でB型肝炎の陽性が陰性になるのと同じです。

 

男性が本当にHIV陽性だったか知らないけど、中医学を信じる人はみんな幸運です。

 

李哲の感想:西洋医学は患者が死ぬまで薬漬けにする「ビジネス」

西洋医学では「HIV陽性を怖い病気」「薬で抑えないと、免疫不全症候群でちょっとした感染症で死ぬ」と宣伝しています。

 

ほっとくと本当に感染症で死ぬのか?

 

メディアの情報に騙されないでください。 

 

HIV、エイズは西洋医学の煽りで作られた病気。劇毒の薬を飲んで苦しんでいる患者さんは、かわいそうでしかたないです。最後は五臓六腑がボロボロで、免疫力(抵抗力)がなくなり、ちょっとした風邪でも死ぬ。

 

免疫不全にさせたのは、病院のHIV治療薬です。

 

HIV検査がどれだけ主観的なものか、以前の記事でも暴露したことあります。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

HIV検査の基準が変わったのは、ほかの病気の診断基準でも起きています。

 

たとえば、この数十年で高血圧症の定義が変わっています。

正常値の範囲がが狭まっている。

こうなると、高血圧症の患者さんが増えて、患者さんが死ぬまで金儲けできるから。

 

高血圧症であろうとHIV・エイズであろうと、その出発点は同じ。

今は治せない、でもこの薬を死ぬまで飲んで!

製薬会社は、患者が死ぬまで儲けられるわけ。

 

薬の副作用で死んだのか、病気で死んだのか?

それはどうでも良い。

製薬会社が寄付している研究所は、都合のいいデータが作れるから。

 

患者のあなたは、裁判で製薬会社に勝つことは不可能です。

だから、健康で長生きしたいなら、最初から西洋薬を飲まないで下さい。

 

早く死にたくなければ、病院からも離れて!

li-hari.hatenablog.com

 

*1:鄭智城先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。