本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

半年の鍼治療の変化をまとめる:膝痛、頑固な便秘症の針治療例(7)

こんにちは。李哲です。

今日は最後の記事。

最初の記事(1)は以下をご覧下さい。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 


 

2017年11月17日。

彼女から質問がありました。

「膝が悪いから足がむくむでしょうか?」

「その原因もあります。でも、一番目は歩いてないのが問題ですね」

 

彼女は「卵が先か鶏が先かですね」と笑ってました。

 


 

2017年11月22日。

階段を降りる時に膝が痛い。

大便は良い、たまに3日に1回出る。

耳鳴りは右は進歩しているけど、左耳は進歩なし。

 

彼女が言うのは、「小さい時にしょっちゅう肺炎で入院を繰り返しました

 

おそらく心臓、肝臓と腎臓を弱くする抗生物質などいっぱい使ったでしょう。

 

彼女は「自分が太っているから、膝に負担をかけすぎではないか?」と言ってました。

 

確かに。

体重を落とさないと、膝にはかなりの負担です。

 


 

2017年12月6日。

大便は2日に1回。

膝痛はまだあり。

左耳の耳鳴りはずっとある、右耳の耳鳴りはたまにしかない。

 


 

2017年12月15日。

膝痛はまだあり。

便通は鍼が終わってからしばらくは良いけど、また徐々に悪くなるそうです。

 

食事と睡眠と運動(なるべくたくさん歩く)が、一番肝腎なポイントだと彼女に教えました。

 

右耳の耳鳴りはもうなくなり、残っているのは左耳だけ。耳鳴りは高い音がして、セミが鳴いてるみたいに鳴っているそうです。

 

回数券が終わったので、このへんで治療を中止しました。

 

だいたい半年の鍼治療。彼女の治療経過を振り返って見ます。

  1. 便通は鍼をした後には良くなるけど、また徐々に悪くなる。
  2. 膝痛はだいぶ良くなってはいるけど、階段の昇降ではまだ痛みがあります。

  3.  頑固な腰痛はほとんど消えています。

  4. 坐骨神経痛は鍼してから、すぐ消えました。

  5.  耳鳴りは片方しか取れてない。

  6.  冷え症はお腹が暖かくなったけど、足はまだ冷たくてむくみます。

彼女の日常生活(食事.睡眠.運動)がもう少し変われば、もっと変わったかも知れません。

 

f:id:li-hari:20181220182320j:plain


 治療はお互いの協力が必要です。私一人の事ではない。

 

もちろん、私の腕が足りないのも関係があります。

不利な状況でも最大限の治療をすべきなのに、腕が足りなくて全部解決して上げられてないのが悔しいです。

 

これはとても成功した治療例ではないですが、最後までの記録を残しました。

 

成功した例であろう、失敗した例であろう、始まりがあれば必ず終わりをつけます。

(おわり)