本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

不安障害で眠れない男性、漢方で胃の腫れ・逆流性食道炎を治した途端、全部きれいに治った

こんにちは。李哲です。

アメリカの中医師:李宗恩博士*1の漢方薬治療例を翻訳しました。中国語本文のリンク先は、焦慮症 失眠 – 當張仲景遇上史丹佛

(2020-6-9 発表)

 

新型コロナが蔓延してから不安・恐怖を感じて、寝付けられない・途中覚醒する男性

 

この治療例は面白かったです。

患者さんはシリコンバレーのエンジニア。

50代の中国人男性です。

 

彼が言うのは、新型コロナが爆発してから、なぜかすごい緊張しやすくなり、昼は突然心臓のバクバクして、原因不明で恐怖を感じる。夜は眠れなくて、何時間も経ってからやっと寝付けられる。しかも、すぐ目が覚めて、起きた時は非常に怖い、動悸がする。

 

不安障害、恐怖を感じるのは漢方薬で治った

 

西洋医学の先生に診てもらったら、不安障害+不眠症だと診断して、抗不安薬と睡眠導入薬を処方されました。

 

効果がイマイチなので、彼は自らカンナビジオール(Cannabidiol 、略称CBD) )を飲み始め、少しは寝られるようになりました。しかし、昼間は相変わらず不安に陥る。この状況は数ヶ月も続いて、彼は非常に悩んでいました。

不安障害と寝付けられないのは改善された

 

彼が当院に来たのは、友人の紹介。

詳しい診察を終えて、患者さんといろいろ話してから、患者さんの睡眠を先に解決することにしました。不眠症が長期間続くと、体の回復はもちろんできないし、心理的にも悪影響が多いからです。

 

最初の数週間は、2つの処方で寝付けられない・途中覚醒・眠りが浅いのを治し、気持ちを落ち着かせるためにしました。

 

患者さんの報告も良かったです。

しばらく経ってから、抗不安薬と睡眠導入薬を止めました。

 

不安障害、眠れないのは漢方薬で治った

 

昼間は状況が良くなり、不安障害にならない。夜の寝付けるのも早くなったけど、まだ寝られるまで1時間は必要です。眠りは深くなって、長く寝られるようになったけど、まだ途中覚醒があります。起きたあとは動悸がして、恐怖を感じる。

胃の腫れ・逆流性食道炎を治した途端、不安障害・不眠症も全部きれいに治った

 

「どうすれば、もっと良い効果が出るか?」と悩んだ時、患者さんは突然話しました。

「この数ヶ月、外出自粛で運動量がだいぶ減ったのに、食べるものだけは増えて、最近胃が腫れて、胃液が逆流して辛いです。」

 

初診のとき、私は患者さんに話しました。

「あなたの肝臓は弱いので、胆汁うっ滞になりやすいです。そのうち、胆嚢・胆管のトラブルになるでしょう。食事に気をつけないといけません。」

 

患者さんは、不安障害と不眠症がだいぶ改善されたと言っています。今もっと気になるのは、胃が腫れて辛い症状。

 

治療方向を変えて、肝臓が胃を圧迫する問題を解決して見ることにしました。処方箋は胆嚢結石や胆のう炎を治す処方と似ています。

 

2週間後、患者さんが再診察に来ました。

胃が腫れて辛い、胃液が逆流するのは治ったそうです。

 

▼李哲の説明:胃液が逆流するのは逆流性食道炎、李宗恩博士の治療例にはいろいろ出ています。以下は一つの症例、参考になると幸いです。

www.li-hari.net

 

これは予想外のものではない。

私はもう2週間飲み続けることをすすめました。

 

しかし、患者さんは面白い感想を教えてくれました。

今回の処方を数日飲んでから、不安障害と不眠症が完全に治りました。昼はまったく不安障害にならないし、夜も起きずに朝までグッスリ眠れます。

 

患者さんの状況から言うと、肝臓と胆嚢のつまりをなくす処方は、不安障害と不眠症治療に役に立つでしょう。

 

しかし、患者さんが2週間前に胃が腫れる、胃液が逆流する主訴がなかったら、私もこの治療法で不安障害、不眠症を治せると思ってなかったです。しかも、1週間で完全にきれいに治るとは想定外。

 

今回の治療例は、まったく新しい治療方向の勉強になりました。

 

患者さんは医師の1番いい先生。

患者さんの治療後の報告を謙虚に聞くのは、医術向上する大きな推進剤です!

李哲の解釈と説明

 

新型コロナで精神的にダメージを受けた人は多いですね。上記の患者さんもその一人だと言えます。

 

外出自粛で運動が足りない。

家で食べまくるのが増える。

そのうえに、テレビでは新型コロナで呼吸困難で死にそうとか、怖い話ばかり報道するから、漢方薬で新型コロナを治せることを知らない人は、恐怖で病気になるわけです。

 

以下の記事でも説明したけど、人間の気持ちは病気を起こす一つの原因です。特に激しい怒り、極度の恐怖などは抗がん剤よりも怖い結果をもたらす。

 

www.li-hari.net

 

不眠症と不安障害は、今までの翻訳文ででよく出ました。内臓の調子が悪くてなった人もいれば、西洋薬が原因でなった人もいます。以下はC型肝炎の治療薬:インターフェロン療法を受けてから、極度の落ち込みと不安障害になった患者さんの話。

 

www.li-hari.net

 

寝付けられない、睡眠中に目が覚める。このような症状は、鍼灸でも治せます。今までたくさんの患者を診ましたが、1番早い人は1回で寝付けられないのが治りました。以下の記事、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

不安障害、気分が落ち込む、恐怖を感じるなどは、鍼治療例をまだ書いてないような気がします。今後補充するつもり。過去の足つぼ整体の例があるので、参考にしてください。

 

www.li-hari.net

 

西洋医学には「不定愁訴」という面白い言葉があります。たとえば上記の恐怖を感じる。気分が落ち込んで不安が強い症状。血液検査しても異常がないから、「不定愁訴」だと言うでしょう。

 

患者が辛いと言うのに、原因不明っておかしくないですか?原因不明でどうやって治療するんですか?

  

中医学にとって、症状がある時は、すでに内臓に問題が出たときで、治療が必要だと判断します。「不定愁訴」なんかありえません。

 

なにか辛い症状がありましたら、すぐ信頼できる鍼灸医・漢方医に診てもらってください。どんな症状でも、解釈してくれて治療ができます。

 

*1:李宗恩博士の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。