本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

謎の腹部膨満感、押すと痛い。西洋医学では何年も治らなかったのに、漢方薬1日で著しい変化が現れた

こんにちは。李哲です。

アメリカの中医師:李宗恩博士*1の漢方薬治療例を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

腹部腫脹 – 當張仲景遇上史丹佛

(2011.1.21 発表)

 

左肋骨下(脾臓のあたり)が腫れる症状、西洋医学では両手を上げたけど、漢方薬は1日飲んで効果が現れた

 

女性、45歳。

体型は中。

数年前から左肋骨下(脾臓のあたり)が腫れる症状があります。見てる限り分からない程度。

 

左肋骨下を押してもらうと楽になるけど、押した時に痛みがあります。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180321/20180321143115.jpg

西洋医学は何回もCTスキャンしたけど、異常が見つかっていません。患者さんの気のせいだと診断したそうです。

  

この数年、彼女は寝付きが悪くて途中覚醒する。午後はダルくて眠たい。口臭があり、舌は白で非常に分厚い。汗をかかない、寒がり。脈診では数・無力。

 

20年前に慢性腎炎になり、2つの子宮筋腫があって、3年前は初期乳がんだと言われ手術後に抗がん剤を受けました。

 

私は「脾臓の湿気を治せば半分以上は治るだろう」と思いました。しかし、3週間経ってもちっとも改善点がありません。舌苔すら変わってないのです。

 

この時、私は思いました。

湿気は脾臓の中にあるのではなくて、脾臓の外側にある。

附子粳米湯を試したら、1週間後の舌苔は少し良くなりました。

 

今度、再診察のとき、彼女が言うのは肝臓のあたりが腫れる。たまに左肋骨下の連動して一緒に腫れるそうです。

 

私は突然思い出しました。

陰陽の気がつながる所で問題が起きている。

 

つまり、『金匱要略』に書いてあるの症状です。

气分,心下坚,大如盘,边如旋杯,水饮所作,桂枝去芍药加麻黄附子细辛汤主之。

引用元: 『金匱要略』・水気病脈証併治第14

 

処方箋を変えました。

  1. 桂枝
  2. 炙甘草 
  3. 生姜 
  4. なつめ 
  5. 麻黃 
  6. 炮附子(加工したトリカブト) 
  7. 細辛

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20190510/20190510183404.jpg

【▲桂枝の花の画像】

 

患者さんは1日分の漢方薬を飲んで言うのは、この数年初めて腫れる感覚がなくなりました。

 

ところで、1日後はまた腫れる症状が戻り、3日目にはまた良くなり繰り返していました。

 

でも、患者さんが言うのは「この数年いろんな漢方医と西洋医学の先生に診てもらったけど、初めて著しい変化がありました。」

 

現在、同じ処方箋で2周目の治療をしています。

 

李哲の感想

「桂枝去芍药加麻黄附子细辛湯」は「桂枝湯」から芍薬を削除し、プラス「麻黄附子細辛湯」。2000年前の処方箋なのに、現代の謎の病気を治せますね。

 

「桂枝去芍药加麻黄附子细辛湯」の症状は特別なもので、私は今まで診たことがないです。

 

もし、鍼治療になる場合、わき腹を通る胆経と脾経がメインになるでしょう。たとえば陽陵泉、三陰交、支溝、陰陵泉…

 

わき腹の痛みを治す時、支溝・陽陵泉の効果は絶大です。以下は一つの鍼治療例、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

上記の女性患者には口臭と午後になるとダルい・眠い症状がありました。これも鍼治療もしくは足ツボ整体で治せます。過去記事があるので、どうぞご参考に。

 

▼口臭の原因は、湿熱証が多いです。

鍼治療例を書きながら説明した記事があるので、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

▼午後に眠くなる、ダルくなるのは脾臓・小腸の問題が多いです。

足ツボ整体で治した例があるので、どうぞご覧ください。

 

www.li-hari.net

*1:李宗恩博士の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。