本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

1回で緩和した二日酔いの頭痛、食欲不振。

こんにちは。李哲です。

今日は私の簡単な鍼治療例。

 

一人の男性。

主訴は飲み過ぎて、後頭部が痛い。

 

普通に歩く分には頭痛がないけど、しゃがむ時と頭を左右に振った時に、後頭部に水が溜まっているようで、重い痛みが生じるそうです。

 

あと、たまに脈動によって波みたいにガンガン痛みが来る。

 

ほかにある症状は、食欲があまりない。

これは二日酔いによくある症状ですね。

 

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180609/20180609194201.jpg?1528540987

 

治療のツボは太衝、公孫、束骨、中脘にしました。

 

中脘と公孫は気持ち悪い・食欲不振を治すため。

太衝は肝臓の解毒作業を助けるため。

束骨は後頭部の痛みを治すため。

 

束骨を刺した時、面白い感想がありました。

 

刺して響いた瞬間に、後頭部が楽になるのが分かる。左右に頭を振ってみても、ガンガンくる痛みがないそうです。

 

これは初めての経験です。

一般的に首コリと後頭部の痛みに束骨をよく使いますが、二日酔いの頭痛にも良いなんて。

 

原因と関係なしで、同じ所が痛いから効き目があります。

 

針を置いている間に、胃腸がゴロゴロなり始め、その後は少しお腹が空いてきたそうです。

 

針を全部取ったあと、まだ足がじんじんしている。

でも、そのかわり食欲不振がなくなり、後頭部の痛みは半分以下になりました。残りの痛みは、よく寝れば治るでしょう。

 

2回めの針も要らないです。

 

二日酔いにも針が効くんだ!

と思う方がいるかも知れません。

 

以前の記事に書いたけど、鍼で治せるのは二日酔いだけではない。

つらい自覚症状であれば、なんでも相談できます。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

二日酔いで頭痛がするのは、水が後頭部に詰まっているからです。足太陽膀胱経のところに。

 

だから、膀胱経の湿気を取る束骨(兪穴)だけで十分。

 

この束骨に関して、ほかの鍼灸師の経験話を見たことがあります。

 

友人の子が高熱でけいれんし、背骨が後ろに曲がって弓状みたいになりました

 

その鍼灸師はすぐアイデアを思い出して、その場で束骨を刺したら、刺した瞬間に弓状に曲がっていた背中がだらんと戻ったのです。

 

高熱でけいれんする以外、てんかん発作にも有効。

 

とても印象深かったので、ずっとこのストーリーを覚えています。

いつか使うつもりだったけど、高熱でけいれんする患者さん・てんかん患者さんには会ってないですね。

 

患者さんが高熱、癲癇(てんかん)だったら、病院に行くでしょう。

 

最初から鍼灸師に診てもらうのは、「変人」かも知れません。

 

群れない、独自の考え方を持つ「変人」は良いですよ。

 

健康で長生きしますから(笑)

 

追記:

後日、報告がありました。

前回針をした翌日の朝には、二日酔いの頭痛が消えたそうです。

 

やっぱり2回目の鍼は要らなかった。