本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

胃が腫れてつらいのは、3日の漢方薬で治った

こんにちは。李哲です。

アメリカの中医師:鄭智城先生*1の記事を翻訳しました。中国語本文のリンク先は、甲状腺癌胖女的肠胃症状_郑智城_新浪博客

(2013.1.11 発表)

胃が腫れてつらいのは、3日の漢方薬で治った

 

患者さんは少し太った白人女性。見た目は健康な人だったけど、話を聞いたら問題がたくさんありました。

 

彼女は甲状腺癌で手術したことがあります。

今はひどい胃腸障害が出て、主に胃が腫れてつらいそうです。

 

私「口は苦いですか?」

彼女「苦いです。」

 

私「気持ち悪いですか?」

彼女「そうです。」

 

私「めまいがしますか?」

彼女「します。」

 

私「お腹を壊しますか?」

彼女「壊します。」

 

様々な症状を見ると、すぐ「半夏瀉心湯」の文字が浮かび上がりました。処方箋は半夏瀉心湯+補中益気湯+補骨脂+山茱萸。3日分。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180507/20180507234255.jpg

【▲生薬:山茱萸(サンシュユ)。滋養強壮剤として有名な生薬。漢方薬として使うだけではなくて、そのまま食べても美味しい医食同源のものです。】

 


 

3日後、彼女が来て報告したのは、神の効果!

 

今流行の言葉だと、胃腸は第二の頭脳だと言います。胃腸が不調だと寝られないし、一日中つらい。だから、彼女は一日中身体が辛いのです。

 

今度、彼女はお母さんまで連れてきました。お母さんの治療は今後また発表します。

李哲の解釈と感想

 

「半夏瀉心湯」はどんな効果があるかは、以下の古文をご覧ください。

呕而肠鸣,心下痞者,半夏泻心汤主之。

出典:『金匱要略』

▼直訳します。

気持ち悪い、腸がグルグル鳴り、みぞおち辺りが詰まるのは、半夏瀉心湯が良い。

 

伤寒五六日,呕而発熱者,……但满而不痛者,此为痞,柴胡不中与之,宜半夏泻心汤。

出典:『傷寒雑病論』

▼直訳します。

気持ち悪くて発熱する人…膨満感があるけど、痛くないのは「」だと言う。「半夏瀉心湯」がふさわしい。

 


 

上記の2か条を要約すると、半夏瀉心湯の効果は以下の通りです。(もちろん、ほかの症状も治せますが、ここでは省略)

  1. 気持ち悪い(発熱を兼ねるときもあり)
  2. 腸がグルグル鳴る
  3. みぞおち辺りが詰まる
  4. 胃の膨満感があるけど、痛くない

 

「補中益気湯」は『傷寒雑病論』の処方ではないけど、後世の漢方医たちがよく使う処方箋。文字とおり、中焦(胃腸)を強化して気を増す漢方薬です。関連の漢方薬症例は、以下の記事があるので、参考にしてください。

 

www.li-hari.net

 


 

お腹が張る、胃腸の膨満感は鍼灸の効果がもっと著しいです。 臨床で見ると、鍼を刺した瞬間からお腹の張り・むくみが消えます。ツボは内廷+下脘もしくは足三里で十分。症例としては、以下の記事を参考にしてください。

 

www.li-hari.net

 

www.li-hari.net

 

胃の痛みに関しては、書くほどでもない幼稚園レベルの症状なので、単独の鍼灸症例がありません。足つぼ整体の症例は、何個か書いたのがあります。参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 


 

胃腸を含む消化系の不調には、鍼灸・漢方薬はもちろん効果抜群ですが、足つぼ整体も即効性あります。鍼が怖い方は、近所の足つぼ整体を試してください。

 

当院も足つぼ整体メニューあるけど、勇気が要ります。覚悟しないと、1回受けたあと、二度と来れなくなります。

*1:鄭智城先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。